カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > カテゴリー - カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100

「Nikon D5100」搭載の画像編集機能 作例

デジタル一眼レフカメラ、ニコン「D5100」には、
フィルター効果やスペシャルエフェクトモードなど、
多彩な画像編集機能が内蔵されており、
静止画&動画の撮影時はもちろん、静止画に関しては
撮影後にも各種効果を自由にかけることが出来ます。
付属品の中には無料の画像編集ソフト「ViewNX 2」のCD-ROMも
封入されていますが、こと、画像編集機能に関しては
D5100本体でしか行えない効果があり、注意が必要です。
なお、処理済みの画像は別名(DSCからCSCへ)で
オリジナル画像とは別に保存されます。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5100 18-55VR レンズキットNikon デジタル一眼レフカメラ D5100 18-55VR レンズキット
(2011/04/21)
ニコン

商品詳細を見る

D5100 | ニコンイメージング
D5100 - 見て聞くマニュアル - デジチューター | ニコンイメージング

D5100搭載の画像編集メニュー
D-ライティング / 赤目補正 /
トリミング(3:2/4:3/5:4/16:9/1:1) /
モノトーン(白黒/セピア/クール) /
フィルター効果(スカイライト/ウォームトーン/
赤強調/緑強調/青強調/クロススクリーン/ソフト) /
カラーカスタマイズ / 画像合成 / RAW現像 / リサイズ /
簡単レタッチ / 傾き補正 / ゆがみ補正 / 魚眼効果 /
塗り絵 / カラースケッチ / アオリ効果 /
ミニチュア効果 / セレクトカラー / 動画編集


先週、埼玉県秩父市で撮影して来た写真をもとに
「D5100」が持つ多彩な画像編集機能の中から
代表的な効果をご紹介したいと思います。
(使用レンズ「シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM」)

※画像編集の一部を作例※
(画像クリックで大きなサイズをご覧いただけます)

フィルター効果
●オリジナル
※秩父市街、東町「パリー食堂」(登録有形文化財)前で撮影
オリジナル(スタンダード)

夏の風物詩、花火の撮影に初挑戦 (熊谷花火大会)

13日は「熊谷花火大会」の開催日でした。
せっかくデジイチ「Nikon D5100」に三脚
それにレリーズ用のリモコンを持っているのに
花火を撮影しない手はないと、ネットで情報を集めて
デジイチでの花火撮影に初挑戦してみました。



ライブビュー時代の撮り方講座:花火を撮る - デジカメWatch
デジタル一眼レフで写す夏の夜、打ち上げ花火を撮る
デジカメ撮影テクニック講座(2) 花火の撮影 [デジタルカメラ] All About
ASCII.jp:プロが教える!花火の撮影テクニックと機材
【New Kiss Digital活用講座】花火撮影編~バルブ撮影から露光間ズームまで

朝から複数の天気予報サイトを覗いていたのですが、
どこも夜から雨、ところにより雷雨の予報になっていました。
エントリー機の「D5100」には上級機並の防滴防塵機能はありません。
ひどく雨に濡れたら即故障の原因になります。
そこで、始まる時間ギリギリまで迷っていたのですが、
どうやらしばらく持ちそうな空模様だったので、
雨具を持って出掛けることにしました。

「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM」を衝動買い

先週行った「横浜とジブリ美術館」へのバスツアーでは
「D5100」にレンズキットの「18-55 VR」のコンビしか
使いませんでした。
旅の撮影には望遠側より広角側が欲しくなるくらい
(暑くて時間もなく「AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G」の
出番はありませんでした)なので、55mmまででも別段、
不便とは感じませんでした。
しかし、旅先によっては望遠を使いたくなることもある
でしょうし、出来ればズーム一本で済めば、より楽でしょう。

そんな訳で、次にレンズを買うとしたら、
「カメラグランプリ2011 レンズ賞」を受賞した、
高倍率で軽量コンパクトなタムロンの60周年記念モデル
18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008)」か、
評価が高いわりに、リリースから丸4年経って、
タムロンの「B008」の約半額の3万弱で新品が入手出来る、
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM」にしようと
思っていました。
しかし、今月は月末にいろいろ支払い予定がある上に、
すでに金欠なこともあってw、どちらにしてもしばらくは
我慢するつもりでおりました。

ところが、某所で「SIGMA 18-200mm DC OS HSM」の中古が
送料込みでも17,000円を切る破格の安さで売りに出ているのを
見付けてしまったのですw。
程度も埃の混入やカビもなく良好とのことでしたので、
見逃せばすぐに売り切れてしまうことは必至だと判断して、
思い切ってポチッちゃいました。(苦笑)
それが11日に無事到着しました。

■シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM ニコン用





シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM ニコン用

OS(OPTICAL STABILIZER)機構を搭載したデジタル専用
 11.1倍高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS 株式会社シグマ

価格.com - シグマ 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM (ニコン用) 価格比較
GANREF | 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM | レンズ


ベルボンの三脚『ULTRA LUXi L LUXiL』、一脚『ULTRA STICK V50』、自由雲台『QHD-51Q』を購入

三脚は旅行用のコンパクトな「SLIK Travel Sprint GM」、
HC1購入時に一緒に買ったビデオ用のリモコン三脚「VCT-870RM」
を持っていたのですが、「SLIK Travel Sprint GM」はコンデジ用
でとてもデジイチには使えませんし、コンパクトなだけあって
脚を全部伸ばしても高さがちょっと足りません。
また、「VCT-870RM」は高さ的には充分なのですが、サイズ的に
ちょっとカサバり、ファインダーを覗くとリモコン付のパン棒が
ジャマになることがありました。
そこで、旅行や三脚を使えない混雑したイベントなどで便利そうな、
伸縮性や携帯性が高く、尚かつ、デジイチでも充分使える耐重量
のある三脚と一脚が欲しくなりました。

スリック」と「ベルボン」のものを候補に、いろいろ悩みましたが、
手頃な値段と、デイパックや旅行バッグにも余裕で入る携帯性、
身長170cm後半の僕でも屈まずにファインダーを覗ける高さになるもの
という条件を最優先した結果、Velbon の『ULTRA LUXi L LUXiL』と
『ULTRA STICK V50』しか残らず、結局この二つに決めました。
それと、一脚『ULTRA STICK V50』にはクイックシュー付の自由雲台
があった方が便利だろうということで『QHD-51Q』も同時購入しました。
また、出先で撮影中にレンズに指紋などが付いた時に便利そうな
ハクバの「レンズペン」(定番)も一緒に注文しました。



Velbon 三脚 ULTRA LUXi L LUXiL
Velbon 自由雲台 QHD-51Q
Velbon アルミ 一脚 ULTRA STICK V50
HAKUBA レンズペン メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP2M

ベルボン株式会社 ULTRA LUXi L
価格.com - ベルボン ULTRA LUX i L 価格比較
ベルボン株式会社 QHD-51
価格.com - ベルボン QHD-51Q 価格比較
ベルボン株式会社 ウルトラスティックV50
価格.com - ベルボン Ultra Stick V50 価格比較
保管・メンテナンスアイテム - レンズペン - ハクバ写真産業


カメラとレンズの保管用(エセ)ドライボックス

「D5100」とレンズ三本は、今までカメラバッグに入れて
持ち運びしていましたが、保管には防カビ用に除湿剤を
入れた密閉型のプラスティックケース(「ドライボックス」)
を使うのが一般的なのだそうです。
で、調べてみたのですが、一見何の変哲もないプラケースが
結構な値段するんですよね。
これが本格的な防湿庫なんかになりますと「マジかよ」と
思うような値段です。

家電&カメラ 防湿庫・ドライボックス(amazon.co.jp)

「カメラ専用高級除湿剤」なんて、訳のわかるような、
わからないようなものまで言い値で売られていますし
(このあたりはAV機器のアクセサリーと同じ匂いがw)
こりゃ、明らかに盛っている(ボッている)だろうと
いうことで、ちょっと保留にしていました。

そんなある日、ダイソーに別の買い物で寄った際に
何種類もの除湿剤が売られているのに気付きまして、
「これにプラケースを買えば、ドライボックスの代用に
なるのでは?」と閃きましたw。
すぐにタッパーやプラケースのコーナーを探して
見てみましたら、野菜などを保存する為に使用するらしい
密閉出来るプラケースがサイズ別に数種類あります。
うまいことに、カメラとレンズを入れておくのに
ちょうど良さそうな大きさのもの(税込420円也)も
見付かりましたw♪
そこで、家具の間のちょっとした隙間に入れて使う
細身でコンパクトな除湿剤と一緒に買って来ました。





効果の程は謎ですがw、見た目はリッパなものですよ。(爆)
あとは定期的に除湿剤を換えればOKでしょう。

本物のwドライボックスは、レンズやカメラ本体の
キャップを外して保管しておくもののようですが、
僕のエセ・ドライボックスでは埃やゴミの混入が心配
なのでw、キャップは付けたままにしております。
まあ、とりあえず、これで用は足りるでしょうが、
何か問題があるようなら教えていただけると助かりますw。