13 Assassins [Blu-ray] (十三人の刺客)と庄内映画村 Cinema Kingdom Blog

13 Assassins [Blu-ray] (十三人の刺客)と庄内映画村 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 13 Assassins [Blu-ray] (十三人の刺客)と庄内映画村HOME > DVD、BD、HD DVD > 13 Assassins [Blu-ray] (十三人の刺客)と庄内映画村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

13 Assassins [Blu-ray] (十三人の刺客)と庄内映画村

先月、国内盤がリリースされたばかりの
『十三人の刺客』ですが、早くも7月5日に
米国でも発売されるそうです。

13 Assassins [Blu-ray] (十三人の刺客)


13 Assassins [Blu-ray]
Product Details
Actors: Koji Yakusho
Directors: Takashi Miike
Audio Formats:
Japanese DTS-HD Master Audio 5.1
Subtitles: English, Spanish
Aspect Ratio: 1.66:1
Number of discs: 1
Rated: R (Restricted)
Studio: Magnolia
DVD Release Date: July 5, 2011
Run Time: 126 minutes

価格は現時点で33%OFFの19.99ドルになっております。
ただ、Product Detailsによればこの北米BDは、
本編が141分のオリジナル版(日本公開版)ではなくて
ヴェネツィア国際映画祭などで上映された15分短い
126分の海外公開版になっているようです。
しかし、この作品のファンであれば、海外バージョンも
持っていたいところでしょう。(笑)
まだ予約はしていませんが、たぶん、僕は買っちゃうと
思いますw。

「十三人の刺客」(2010) Cinema Kingdom Blog
「十三人の刺客<Blu-ray>豪華版」ほか、
 2011年5月中に購入したBDソフト Cinema Kingdom Blog



また、国内盤が7月に発売予定の「Gantz」も
8月末に米国盤でリリースされるそうです。
3枚組となっておりますが、詳細は不明です。
おそらく本編BDと、本編DVD、残りの一枚は
デジタルコピー版か特典ディスクなのでしょう。

また、クライテリオンの黒澤明監督作品シリーズの
第5弾(商品としては第6弾)になる『天国と地獄』が
来月末に発売になります。
すでに発売済みのBDはいずれも素晴らしいレストアぶりで、
本家東宝の国内BDよりも高画質・高音質でありましたので
僕はすでに予約済みでありますw。


Gantz [Blu-ray]
 「Gantz」
(3枚組 Release Date: August 30, 2011)
High and Low: The Criterion Collection [Blu-ray] (1963)
 「天国と地獄」
(Release Date: July 26, 2011)

The Criterion Collection 黒澤明
「Seven Samurai [Blu-ray]」、「House [Blu-ray]」ほか Cinema Kingdom Blog
米国盤BD「用心棒」&「椿三十郎」、「ダークシティ」 Cinema Kingdom Blog
「用心棒」、「椿三十郎」再び Cinema Kingdom Blog
到着済の米国盤BD 4タイトル Cinema Kingdom Blog(影武者)


米国盤には、大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』、
北野武監督の『座頭市』、市川崑監督の『細雪』など
国内盤では未発売の邦画Blu-rayがけっこうあります。
中でもレストアしてリリースするクライテリオン版なら
今後出るかもしれない国内BDよりも高画質である可能性が
極めて高いと思われます。
また、TVアニメ・シリーズのコンプリート版BDが
39ドルから46ドル前後で販売されています。
国内盤であれば2話収録のアニメBD一枚しか買えない
価格で、米国盤ならシリーズ全話が愉しめます。


米国盤なら安い!アニメBlu-ray & DVD!
名作アニメを格安北米盤で愉しもう! Cinema Kingdom Blog


話は「13 Assassins [Blu-ray]」に戻りますが、
海外での『十三人の刺客』の評価・評判が知りたいと
「Rotten Tomatoes」で検索してみましたら、
あまりに高い評価なので驚きました。(苦笑)
13 Assassins - Rotten Tomatoes
もしかしたら日本のファンが大勢クリックしているのかも
しれませんが、それでも「Fresh:95%」は凄いでしょう。

で、この『十三人の刺客』の撮影の為に建てられたオープンセットが
山形県の「庄内映画村オープンセット」で公開されています。

庄内映画村|サムライワールド・日本一広いオープンセットで映画の世界を満喫しよう

こちらは、映画製作会社セディックインターナショナルが
黒土三男監督の「蝉しぐれ」(2005年10月公開)の
オープンセット用に購入した土地で、現在は時代劇の撮影だけでなく、
建てられたセットを保存して、映画村として一般公開しています。
(オープンは2009年9月)
場所は、「蝉しぐれ」の原作者、藤沢周平氏の出身地である
山形県鶴岡市の郊外にあります。
こちらで製作された主な作品は、
三池崇史監督の『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』、
曽利文彦監督・綾瀬はるか主演の『ICHI』、
竹中直人監督の『山形スクリーム』、
阪本順治監督・香取慎吾主演の『座頭市 THE LAST』
などとなっております。

因みに、山田洋次監督による
山形県庄内地方が舞台の藤沢周平原作・時代劇三部作、
『たそがれ清兵衛』、『隠し剣 鬼の爪』、『武士の一分』は、
もちろん庄内地方でもロケが行われたわけですが、
こちらの「庄内映画村」での撮影は行われておりません。
こちらの土地が購入・整地されたのは2004年頃だと思われ、
2002年公開の『たそがれ清兵衛』の、2004年秋公開の
『隠し剣 鬼の爪』のロケが行われていた頃には存在して
いませんでした。(両作品の野外ロケやオープンセット撮影は
主に信州で行われた)
また、残りの『武士の一分』も2006年の年末に公開されて
おりますので、おそらく、こちらで『蝉しぐれ』のロケが
行われていた頃と撮影時期が重なっていると思われます。

また、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した
滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の『おくりびと』も
鶴岡市、酒田市などの庄内地方で撮影が行われておりますが
やはり、こちらの敷地を使ってのロケは行われておりません。
ただ、劇中に登場した鶴岡市内にあった銭湯が取り壊される
ことになり、現在はこちらに移築されているそうです。


こんな感じで『十三人の刺客』と庄内映画村のことを
調べているうちに、山形へ行きたくなって来ましたw。
僕の地元からだと、鶴岡まで関越新幹線・新潟経由で
乗り換え時間を入れても約4時間15分程度で着くようです。
「おくりびと」ロケ地になった酒田市まで足を延ばしても
4時間45分程度です。
また、都内と大宮からは高速バスも出ています。

まだ本当に出掛けるか、決めてはいないのですが、
メモ代わりに調べたことをリンクしておきます。

★高速バス〔夕陽号〕東京・秋葉原・上野/渋谷・池袋・大宮-鶴岡・酒田 | 国際興業バス
駅探 - 乗り換え案内・時刻表・運行情報・路線図を提供

庄内映画村オープンセットの天気:Mapion天気予報(マピオン)

つるおか映画ロケ地ガイド
やまがた映画・小説の舞台/YAMAGATA FILM・NOVEL LOCATION

おくりびとロケ地マップ 鶴岡編
映画「おくりびと」ロケ地マップ【酒田編】||| 山形県酒田市
映画「おくりびと」ロケ地ガイド(酒田市)
おくりびとロケ地観光めぐり!

出来れば、この夏の間に二泊三日くらいで行きたいものですが、
さて、どうなるでしょうか・・・。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/10 09:31 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。