地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション [Blu-ray]HOME > DVD、BD、HD DVD > 地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション [Blu-ray]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション [Blu-ray]

遅ればせながら米国盤の「地獄の黙示録」BD-BOX
(発売日:October 19, 2010)を購入しました。
その理由として3月末の記事に
『いつか国内BDでも出るだろうと待っていたのです。
しかし、どうもいつまで待っても出そうもない
ということで、今回、注文することにしましたw。』
と書きましたが、そう思って米国盤を買った途端に
国内BDのリリースが発表されて凹みました。(苦笑)
(国内盤BD 発売予定日:2011年8月3日)

地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]
(2011/08/03)
マーロン・ブランド、ロバード・デュバル 他

商品詳細を見る


Apocalypse Now [3Disc Full Disclosure Edition]












Apocalypse Now (Three-Disc Full Disclosure Edition)
 (Apocalypse Now / Apocalypse Now Redux / Hearts of Darkness) [Blu-ray]
 「地獄の黙示録」

地獄の黙示録 - Wikipedia

まだチラ見しかしていないのですが、
画質的にはフィルムライクでなかなか綺麗でした。
ただ、BDの最高画質とまでは云えないレベルでした。
一方、音響のクオリティは素晴らしかったです。
「地獄の黙示録」と云えば、LD時代、DVD時代には
サラウンド再生デモの定番タイトルだったものです。
あの頃の興奮がロスレス音声でより鮮明に蘇りました。
また、LD版のみでDVDは未発売だった「Hearts of Darkness」
が収録されている点もファンには嬉しいところでしょう。




地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション


地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]

内容紹介
I love the smell of napalm in the morning-「朝のナパーム弾の臭いは格別だ」
巨匠コッポラが心血を注ぎ、戦争の狂気を描いた傑作、遂にブルーレイ化!

2000年に製作された、53分もの未公開シーンを追加した“特別完全版”、劇場公開された製作ドキュメンタリー“ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録”(未DVD化)、さらに5時間を超える初収録の特典映像を収録した【3Disc コレクターズ・エディション】で発売!

●初回生産限定仕様
デジパック/ブックレット封入/アウターケース付

●字幕は劇場公開版のテキストを収録。また、特別完全版のみヘラルド版の日本語吹替音声を収録。

【ストーリー】
1960年代末、ベトナム戦争が激化するサイゴン。アメリカ陸軍情報省のウィラード大尉は、特別任務を命ぜられる。それは、カンボジア奥地のジャングルで軍規を逸脱して“王国”を築いているカーツ大佐という人物を抹殺せよというものだった。4人の部下と巡視艇に乗り込んだウィラードは、カーツを求めてナン川をさかのぼり始める・・・。

【キャスト】
マーロン・ブランド/ロバード・デュバル/マーティン・シーン /ローレンス・フィッシュバーン/クリスチャン・マルカン/オーロール・クレマン/ハリソン・フォード/デニス・ホッパー

【スタッフ】
製作・監督・脚本・音楽:フランシス・F・コッポラ/脚本:ジョン・ミリアス/撮影監督:ヴィットリオ・ストラーロ/音楽:カーマイン・コッポラ

【映像特典】(※一部SDコンテンツ/★マークのみ既発DVDに収録済みの特典映像)
《ボーナス・ディスク》
■ ジョン・ミリアスへのインタビュー ■マーチン・シーンとコッポラの対話 ■キャスティング ■2001年カンヌ映画祭のコッポラ ■削除されたシーン  ■追加シーン ★カーツ王国の崩壊 ■5.1chサウンドの誕生 ■ミリオン・フィート・オブ・フィルム/編集 ■“地獄の黙示録”の音楽 ■サウンドデザイン ~他
《ハート・オブ・ダークネスコッポラの黙示録 ディスク》
■ストーリー・ボード コレクション ■劇場予告編 ■フォト・ギャラリー
《本編音声解説》
フランシス・F・コッポラによる音声解説

■製作:1979年 アメリカ
■音声:英語/日本語 ■字幕:英語/日本語 ■画面サイズ: 16:9
■収録時間:本編:202+153分、特典:約344分
■発売予定日:2011年8月3日

(C) 1979 Omni Zoetrope. All Rights Reserved.
(C) 2000 Zoetrope Corporation. All Rights Reserved.
(C) 1991 ZM Production. All Rights Reserved.


国内盤の方は定価が7,500円と、'79年公開の旧作にしては
ちょっと高いような気もしますが、米国盤の方も定価で
60ドルもするソフトですから、まあこんなもんでしょうかね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/02 09:28 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(3)
大変ご無沙汰しております。じんけしです。
ブログになってからもいろいろと情報を発信していただいて助かっております。

さて今回はこのディスク。
米国盤では気になる表記で「初の2.35:1収録」とamazon.comにあります。言われてみれば今までのディスクはすべてストラーロの指示によるUNIVISIUMという1:2.0のアスペクトによるフォーマットで収録されていました。そこで今回のなのですが、本当に(いわゆる)スコープサイズでの収録になっているでしょうか。もしそうならばDVDの行き先がまた変わる(爆 処分できない・・・)ので。教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。
[ 2011/05/08 11:38 ] [ 編集 ]
> 大変ご無沙汰しております。じんけしです。
おお、じんけしさん!
こちらこそ、すっかりご無沙汰しております。
お元気でしょうか?

> 教えていただけるとありがたいです。

劇場公開版の一部しか見ていませんが、シネスコ収録でしたね。
(特別完全版は未見のままです)

詳しくは、映画番長の解説ページへどうぞw。

http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/bancho_1249.html

丸投げですみませんが、日本語の記事でこれ以上詳細な情報は
得られないと思いますので。

ただ、これはあくまでも米国盤の仕様なのでご注意を。

2ヴァージョンの本編と「ハート・オブ・ダークネス」
の仕様はおそらく米国版と同じものだと思いますが、
日本版の発売までにずいぶん経っていますので、
何らかの権利問題があって出せなかった可能性もあります。
米国版には収録されていた映像特典の一部や小冊子の内容などが
国内盤では未収録になるかもしれません。
まあ、出るまでは僕にもハッキリとは分かりませんが…。
[ 2011/05/09 09:58 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。とりあえずブルーレイ版は買いですね。ただ最近DVDもうっかり処分できないものも多く、埋まりゆくラックがうらめしいです。でも購入頻度はかなり減り、もっぱらエアチェックですませることが多くなりました。

また遊びに来ます。ではまた。
[ 2011/05/10 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。