静かなるパニック Cinema Kingdom Blog

静かなるパニック Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > 静かなるパニックHOME > 日常の雑記 > 静かなるパニック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

静かなるパニック

相変わらず、出来る範囲の節電に励んでおります。



寒いので、わずかな食料品は外に出し、
消費電力の大きい冷蔵庫はコンセントを抜いて
エアコンもなるべく使わないようにしています。
テレビなどもウチのは待機電力が大きいので
その都度、メイン電源をオン・オフしています。
食事は普通に営業しているファミレスや牛丼屋
などですませていますし、必要最低限の買い置きも
ありますので、別段困ってはおりません。

個人的にはここ数日、以下のサイトなどで
震災関係のニュースを収集しています。

[事故・災害]ニュース一覧 - MSN産経ニュース
GIGAZINE(ギガジン)

それにしても心配なのは、連日新たなトラブルが起り
危機的状況にある福島第一原発事故です。
世界有数の装備や頭脳がありそうな我が国で
放射線量が高いという理由だけで、こうも遅々として
復旧作業が進まないのかとイライラ致します。
単なる屋外からの放水すら出来ないなんて・・・。
笑い話のようですが、
NASAから宇宙服と宇宙飛行士を借りて、
線量の高い場所で長時間作業してもらうような事は
出来ないものかと思ったりもします。(苦笑)

■東京電力福島第1原発、ヘリ空撮映像公開


1号機から4号機まで建屋が崩壊して
放射能の漏洩が続いている予断を許さない状況では
ありますが、原発から30㎞も離れれば、即、人体に
悪影響のある放射能を浴びることはないようで、
一安心しております。

日本各地の放射線量がわかるサイト「放射線監視モニタまとめ」 - GIGAZINE
放射線監視モニタ
東北地方太平洋沖地震関連情報 放射線医学総合研究所

僕の住む埼玉県でも県のサイトによって
毎時ごとの放射線量が公表されております。

原発事故に関する本県での放射線量について - 埼玉県ホームページ

現在のところ、放射線量は通常の値で推移しており、
なんの心配もないようです。





東電や政府の知恵で足りない部分は、
民間や外国の専門機関のお知恵や機材も拝借して
どうにか一時も早く、無事、収束に向かって欲しい
ものであります。


それにしても日持ちする食料や、米、
日常雑貨の入手の難しさは相変わらずですね。
断水している地区でもないのに、水のボトルまで
棚から消えてしまっている現状ですからね。
何となく不安なので買ってしまう気持ちも分かりますが、
不要不急な商品の購入、買い貯めは、本当に必要な人や
被災者の迷惑にしかならないので、やめてもらいたい
ものです。 今朝のニュースでは、東日本だけでなく、
関西圏でもさまざまな商品が品薄になりかけている
そうで、呆れます。

首都圏のガソリンスタンド周辺は
給油待ちの渋滞が発生しており、
僕の町周辺のスタンドも1時間、2時間待ちは
当たり前の状況になっています。
僕ももうヤバい状態でガソリン難民として
今日、明日は彷徨うことになりそうです。
でも彷徨うにもガソリンが必要ですから
何らかの情報が欲しいところですね。

実は、本来であれば、昨日から旧友三人と
某温泉地に一泊二日の旅行に行く予定でした。
ここ数年、毎年行っているメンバーとの
温泉旅行だったのですが、この大震災の影響で
残念ながらキャンセルするしかありませんでした。
キャンセルした大きな理由は、ガソリン不足と
温泉地の輪番停電(計画停電)であります。
そんなわけで昨日は休日を取っていたので、
朝、一緒に旅行に行くはずだった地元の友人に
電話してみますと、数日前、ラッキーなことに 
30分待ちで満タンに出来たとのことだったので、
「旅行には行けなかったけどせめて温泉に」と、
彼の車で埼玉県北部に隣接する群馬県にある
隣町の日帰り温泉施設まで行って来ました。
その行き帰りの国道でも
数少ない営業中のスタンドの周辺には
給油待ちの長い行列が出来ていて、
それが原因だと思われる渋滞も起っていました。


大災害で幸いにも自分や家族が助かっても
遅かれ早かれ、市や県、国などの行政に
頼らざるを得ないのですから、
個人単位での無駄な抵抗はやめて欲しいものです。
大震災ともなれば、自宅が火事になったり、
倒壊する可能性も高いわけで、そうなれば
中途半端な努力などすべて無駄に終わります。
まあ、確かに「救援が来るまでの三日分を目安に
必需品を備蓄」するのが望ましいらしいですし、
最低限の防災グッズは、ないよりあったほうが良い
でしょうが、それも程度問題でしょう。
災害の素人が慌てて買い占めなどしても、
どうせ有効活用されないまま終わるのがオチですよ。
地震によって道が寸断されていれば
いくら車とガソリンがあっても自由な移動など
出来ませんし、個人が食品や日常必需品を買い貯め
しても、何ヶ月も持つわけではありません。
まして災害当初は、ガスが止まり、停電、断水した
中での生活になるわけですしね。
(ただし持病のある方は日頃から薬品の予備を
 用意しておく必要はあると思いますが)

今の首都圏は、余震の多さや品不足、
計画停電の影響による交通機関の混乱、
株式等の個人資産の目減りや経済の先行き不安、
それに加えて、今回の大地震で東海地震が誘発されるのでは
ないかという不安や、原発事故による放射能への恐怖などで
「静かなるパニック」とでも云うべき状態だと思います。
各自が正しい情報と他者への思いやりを持って
冷静に行動すべき時であります。
一刻も早く、社会が落ち着くことを願いつつ、
お互いに、今やれること、やるべきことをやって、
頑張って参りましょう。


PS.「みずほ銀行」のシステム障害には本当に腹が立ちます。
  僕も預金者なのですが、こんな時になにやってるんですか!
  幸い、僕自身は数日前に数万円おろしたばかりなので、
  当面の心配はないのですが、困っている人も多いと思います。
  ご同情申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/18 12:37 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。