宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]HOME > DVD、BD、HD DVD > 宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

劇場公開時に観に行った「宇宙ショーへようこそ」が
2月9日、Blu-rayで発売になりました。
本編BDにDVDの特典ディスクが二枚とブックレット3冊が
付いて定価¥10,290と、アニメソフトだけに高額でしたが、
「BDが出たら絶対買う」と書いてしまったこともあり、
舛成孝二(監督)×倉田英之(脚本)コンビの次回作を
応援したい意味も込めて、予約で入手しました。

宇宙ショーへようこそ


宇宙ショーへようこそ 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
オリジナル劇場アニメーション『宇宙ショーへようこそ』












★メッセージブック




★101クエッションブックレット




★劇場公開パンフレット縮刷版
 (映画館で買ったパンフと比較)
当然、中身はそっくり同じなのですが、
本物のパンフとの唯一の違いは、
最後の物販ページが縮刷版のほうでは削除され、
本物のパンフにはなかった惑星プラネット・ワンの
風景イラストが見開きで掲載されていた点でした。









監督 : 舛成孝二
原作 : ベサメムーチョ
脚本 : 倉田英之
キャラクターデザイン : 石浜真史
出演・キャスト : 黒沢ともよ/生月歩花/
 鵜澤正太郎/松元環季/吉永拓斗/藤原啓治
収録時間 136分
色彩 カラー
画面サイズ 16:9/1080p HD
音声仕様 日本語 - 2.0ch (stereo) Dolby Digital,
 日本語 - 5.1ch リニア PCM /解説:リニアPCM(ステレオ)

●本編DISC
◇5.1ch / 2ch STEREO
◇3種類オーディオコメンタリー
 (ベサメムーチョ編・スタッフ編・キャスト編)
◇5.1chハイクオリティ劇伴音楽集
◇アバンアナザーバージョン
●特典Disc1(DVD) 絵コンテディスク
◇マルチアングルで絵コンテと本編を楽しめる!
●特典Disc2(DVD)『「宇宙ショーへようこそ」へようこそ』
◇収録内容:
○「宇宙創世記」:氷川竜介さん語り手による、
 舛成監督の創り上げた作品世界に迫る
 約60分の新規ドキュメンタリー番組
○アニマックスにて放送された「創ったヒト」の特別編集版
○予告編、TV-CM 他 収録
●封入特典
◇「宇宙ショーへようこそ」クエッションブックレット:
  宇宙ショーを読み解く読本
◇メッセージブック:豪華作家陣によるファンブック
◇劇場公開パンフレット縮刷版
Blu-ray&DVD | 宇宙ショーへようこそ


作品の感想については以前、記事にしていますので
割愛させていただきます。

全オレが泣いた!『宇宙ショーへようこそ』
 (Cinema Kingdom Blog)

完全版ではなく、通常版のBDでもよかったのですが、
三種類のオーディオコメンタリーが収録されているのが
完全版のBDのみだったようなので、完全版を選びました。
(通常版は監督・キャストの音声解説のみ)
複数のオーディオコメンタリーは、舛成孝二監督作品の
ソフトにおける大きな楽しみのひとつでありますからねw。

本編の画質、音質に関しては
まったく不満はないレベルでした。
再見して、またまた子供達の演技に
泣かされてしまいました。(汗)

良かった点を上げますと、
全編に渡って音楽が使われている作品だけに
BD特典の本編映像とBGMだけで構成された
「劇伴音楽集」は興味深い試みだと思いました。
でもこれではサントラが売れなくなるでしょうね。(苦笑)

逆に、ちょっと気になった点を上げますと、
映像特典ディスクがすべてDVDだったのが残念でしたし、
その映像特典に脚本家の倉田英之氏が
まったく登場していないという点も残念でした。
彼の参加は、完全版のベサメムーチョの三人による
音声解説の中だけでした。
まあ、その間にいくつかのTVアニメ(「明日のよいち!」、
「ささめきこと」、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
「神のみぞ知るセカイ」など)のシリーズ構成と
脚本を担当されていたのでお忙しかったのでしょうが
新録のインタビュー映像にもまったく登場しない
というのはちょっと解せませんでした。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/21 06:31 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)
私も買いました。
でも、感想としては・・・です。
いや、ストーリー・画質には何も文句ないんですよ。
ただ音が・・・
サラウンド感を強調するためか、レーザー光線系の音がデカすぎて。
これでもか!って位、音量が上がるもんですから、ボリューム絞ると、
普段の音が物足りなくなる→ボリューム上げる→以下略。(苦笑)
この音のせいで、集中できませんでした・・・
5.1ch使うならもう少し上手く使って欲しいです。
戦闘シーンだけ派手に使われても、正直邪魔なんですよ、私的に。
[ 2011/02/21 15:38 ] [ 編集 ]
劇場版のミキシングのままソフト化して
しまったような感じだったですかね。
でも日本の劇場版アニメの音声って
「AKIRA」の頃からそんな感じのソフトが
多いような気もします。
大音量で鳴らせないならヘッドフォン推奨
みたいな。(笑)

ただ、始めから音レベルを平均化しているTVアニメ
ではないので、仕方がない面もあると思います。
まあ、BDやDVD用に再ミキシングしてもらえれば
理想的だとは思いますが、資金的な問題もありますし
それによってソフトの値段が上がるのも・・・。(苦笑)

AVアンプやプレイヤー側にある、「ナイトモード」など
ダイナミックレンジを平均化して再生する機能を使うのも
ひとつの手ではないでしょうか。
[ 2011/02/22 13:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。