2011年 第68回ゴールデン・グローブ賞 授賞結果 Cinema Kingdom Blog

2011年 第68回ゴールデン・グローブ賞 授賞結果 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 2011年 第68回ゴールデン・グローブ賞 授賞結果HOME > 映画 > 2011年 第68回ゴールデン・グローブ賞 授賞結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年 第68回ゴールデン・グローブ賞 授賞結果

1月16日(現地時間)、カリフォルニア州
ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトンで
今年も第68回ゴールデン・グローブ賞の
授賞式が開催されました。

●ゴールデン・グローブ賞とは?
1943年の発足以来、ハリウッド外国人記者協会
(HFPA・Hollywood Foreign Press Association)
に所属する会員の投票によって選ばれる映画賞。
(同時にTVドラマ賞も選出)
この映画賞の大きな特徴は、作品賞、主演男優賞、
主演女優賞の三部門のみ、「ドラマ部門」と
「コメディ/ミュージカル部門」に分けて
投票が行われる点。アカデミー賞の行方を占う
前哨戦として、毎年注目を集める。


【作品賞】
(ドラマ部門)
 「ソーシャル・ネットワーク」


 「ブラック・スワン」
 「ザ・ファイター」
 「インセプション」
 「英国王のスピーチ」

(ミュージカル/コメディ部門)
 「キッズ・オールライト」


 「アリス・イン・ワンダーランド」
 「バーレスク」
 「RED/レッド」
 「ツーリスト」
【主演男優賞(ドラマ)】
 コリン・ファース  「英国王のスピーチ」


 ジェシー・アイゼンバーグ  「ソーシャル・ネットワーク」
 ジェームズ・フランコ  「127 Hours(原題)」
 ライアン・ゴズリング  「ブルーバレンタイン」
 マーク・ウォールバーグ  「ザ・ファイター」

【主演女優賞(ドラマ)】
 ナタリー・ポートマン  「ブラック・スワン」


 ハリー・ベリー  「Frankie and Alice」
 ニコール・キッドマン  「ラビット・ホール(原題)」
 ジェニファー・ローレンス  「ウィンターズ・ボーン」
 ミシェル・ウィリアムズ  「ブルーバレンタイン」

【主演男優賞(ミュージカル/コメディ)】
 ポール・ジアマッティ  「Barney's Version」


 ジョニー・デップ  「ツーリスト」
 ジョニー・デップ  「アリス・イン・ワンダーランド」
 ジェイク・ギレンホール  「ラヴ・アンド・アザー・ドラッグズ(原題)」
 ケヴィン・スペイシー  「Casino Jack」

【主演女優賞(ミュージカル/コメディ)】
 アネット・ベニング  「キッズ・オールライト」


 アン・ハサウェイ  「ラヴ・アンド・アザー・ドラッグズ(原題)」
 アンジェリーナ・ジョリー  「ツーリスト」
 ジュリアン・ムーア  「キッズ・オールライト」
 エマ・ストーン  「Easy A」

【助演男優賞】
 クリスチャン・ベイル  「ザ・ファイター」


 マイケル・ダグラス  「ウォール・ストリート」
 アンドリュー・ガーフィールド  「ソーシャル・ネットワーク」
 ジェレミー・レナー  「ザ・タウン」
 ジェフリー・ラッシュ  「英国王のスピーチ」

【助演女優賞】
 メリッサ・レオ  「ザ・ファイター」


 エイミー・アダムス  「ザ・ファイター」
 ヘレナ・ボナム=カーター  「英国王のスピーチ」
 ミラ・クニス  「ブラック・スワン」
 ジャッキー・ウィーヴァー  「Animal Kingdom」

【監督賞】
 デヴィッド・フィンチャー  「ソーシャル・ネットワーク」
 ダーレン・アロノフスキー  「ブラック・スワン」
 トム・フーパー  「英国王のスピーチ」
 クリストファー・ノーラン  「インセプション」
 デヴィッド・O・ラッセル  「ザ・ファイター」

【脚本賞】
 「ソーシャル・ネットワーク」
 「127 Hours(原題)」
 「キッズ・オールライト」
 「インセプション」
 「英国王のスピーチ」

【音楽賞】
 「ソーシャル・ネットワーク」
 「英国王のスピーチ」
 「アリス・イン・ワンダーランド」
 「127 Hours(原題)」
 「インセプション」

【歌曲賞】
 "You Haven't Seen The Last of Me"  「バーレスク」


 “Bound to You”  「バーレスク」
 "Coming Home"  「COUNTRY STRONG」
 “There’s a Place for Us”
  「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」
 “I See the Light”  「塔の上のラプンツェル」

【外国語映画賞】
 「IN A BETTER WORLD」(スサンネ・ビア監督)
 「ビューティフル(原題)」
 「オーケストラ!」
 「THE EDGE」(アレクセイ・ウチーチェリ監督)
 「I AM LOVE」(ルカ・グァダニーノ監督)

【アニメーション賞】
 「トイ・ストーリー3」
 「怪盗グルーの月泥棒 3D」
 「ヒックとドラゴン」
 「イリュージョニスト」
 「塔の上のラプンツェル」

【セシル・B・デミル賞】
 ロバート・デ・ニーロ




【テレビの部の受賞結果】
ドラマ部門 作品賞:『BOARDWALK EMPIRE』
ドラマ部門 女優賞:ケイティ・セイガル「SONS OF ANARCHY」
ドラマ部門 男優賞:スティーヴ・ブシェミ「BOARDWALK EMPIRE」
ミュージカル・コメディ部門 作品賞:『GLEE(グリー)』
ミュージカル・コメディ部門 女優賞:ローラ・リニー「THE BIG C」
ミュージカル・コメディ部門 男優賞:ジム・パーソンズ
「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
ミニシリーズ・テレビムービー部門 作品賞:
『コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト』
ミニシリーズ・テレビムービー部門 女優賞:
クレア・デインズ「TEMPLE GRANDIN」
ミニシリーズ・テレビムービー部門 男優賞:
アル・パチーノ「死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実」
助演女優賞:ジェーン・リンチ「Glee 」
助演男優賞:クリス・コルファー「Glee」

OFFICIAL WEBSITE of the HFPA and the GOLDEN GLOBE AWARDS
ゴールデングローブ賞 - Wikipedia

大方の下馬評どおり、
全米の映画賞を総なめにする勢いの
「ソーシャル・ネットワーク」が、
四部門で最多受賞となりました。

今年の監督賞ノミネートは若手中心で
超大物は見当たりませんでしたが、
この勢いでデヴィッド・フィンチャーが
オスカーも取ってしまうのでしょうか。

因みに、作品賞受賞の2タイトルは
米国ではBD&DVDがリリース済みです。


さて、次はいよいよアカデミー賞ですが、
ノミネーション発表は1月25日、
授賞式は2月27日(いずれも現地時間)
の予定になっております。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/18 10:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。