3D対応23型PCモニター「ASUS VG236H」を購入 Cinema Kingdom Blog

3D対応23型PCモニター「ASUS VG236H」を購入 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 3D対応23型PCモニター「ASUS VG236H」を購入HOME > Blu-ray 3D > 3D対応23型PCモニター「ASUS VG236H」を購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3D対応23型PCモニター「ASUS VG236H」を購入

前の記事からの続きです。
さて、こうして翌土曜の朝九時半頃に、
PCモニター『ASUS VG236H』が到着致しました。
(余談ですが、僕は毎月数回ネットで買い物をする関係で
 ほとんどの宅配屋さんは、特に時間指定が無くても
 僕にとって都合の良い、朝イチで配達してくれますw)

恒例の記念写真を撮りながら、早速、
開封、設置の作業に入りました。



ASUS VG236H 3D対応 23インチワイド液晶
 HDMI/DVI-D入力 VG236H



箱はかなり厚み(約30cmくらい)があり、
結構、重量もありました。
どうゆう訳か、箱の片側を開封しただけでは
全ての付属品を取り出しにくい仕様になっており、
仕方なく、両側とも開封することになりました。

前の記事で述べたように、この『ASUS VG236H』には
普通は別売りの「NVIDIA 3D Visionキット」が同梱
されています。











この『ASUS VG236H』で3Dを楽しむ為には
PCと『VG236H』をDVI接続する必要があります。
それも一般的なシングルDVI用ケーブルではなく、
付属のデュアルDVI用ケーブルで接続しなければ
なりません。(HDMI接続も3D再生では不可)
今まで使っていたシングルDVI用ケーブルを流用して
設置した場合も普通に映りますが、3D再生をしようと
思うと不可になり、混乱の原因になりますので
設置時には注意が必要です。

21.5型から23型と、わずかですが画面が大きくなり、
なかなか良い気分でしたが、すぐに慣れましたw。

次に「NVIDIA 3D Visionキット」の設定です。
取説にしたがって付属のCD-ROMを使って、
各種ドライバをインストールするのですが、
どうせみんな古いヴァージョンなので、
「NVIDIA」のサイトから最新のドライバをDLして
すぐに上書きしたほうが無難でしょう。

僕がインストールしなおしたのは、
ビデオカード用と「NVIDIA 3D Vision」用、
そして「3D Vision」のUSBケーブル用のドライバ
でした。手続きを省いて自前で入れていたら
途中でうまく行かなくなり、ちょっと手間取りましたが、
付属のCD-ROMを起動してSetUp画面を出し、
それに従って進んで設定して行ったら指示が出たので
あとはドライバ検索で、なんとかなりました。(苦笑)

こうして設置は完了しました。
グレアの映り込みは、意外と気になりませんでした。
普段から部屋を暗めにしているせいかもしれませんが・・・。(苦笑)
それから、目立った画素欠けは見当たりませんでしたし、
鳴き(パネル裏からのノイズ音)もほとんどなく、
気になるレベルではありませんでした。


前の記事にも書きましたが、設置後、改めて
PCでのブルーレイとブルーレイ 3D の再生環境を
チェックするための無料診断ツール
Cyberlink BD & 3D Advisor(ベータ版)」を起動して
チェックしてみました。





当然、すべての項目でBlu-ray 3D再生に「対応
との診断が出ました。

さて、いよいよBlu-ray 3D再生に挑戦です。
記念すべき最初の作品は、
BDレコーダー「BWT2100」の特典でもらった、
非売品のBlu-ray 3D『アバター 3D』であります。
これや「バイオハザードIV アフターライフ IN 3D
の再生の為にここまで買い揃えて来たも同然
でありますから、否が応にも期待が高まります。

しかしその前に
『PowerDVD 10 Ultra』の3D設定を行わなければ
なりません。

『PowerDVD 10 Ultra』では、アナグリフ式
(赤青メガネを使った3D映像方式) の他に、
3つの3D映像方式に対応しています。
3D Visionが使う「120Hz Time-sequential 3D LCD」に、
「3D-Reasy HDTV」と「Micro-polarizer LCD 3D」です。
これは「自動選択」ボタンで勝手に判断してくれるのですが、
ところがそれをクリックしてもディスプレイを交換前に
試した時と同じ『3Dディスプレイなし』の判定しか出ません。
また3D方式の選択肢の中に、他の方式はあるのに、
肝心の「120Hz Time-sequential 3D LCD」が無いのです。

試しに『アバター 3D』を再生してみましたが
案の上、3Dになりません。

困ったことになりました。
そこで、Cyberlinkの公式ページで
「PowerDVD 10 Ultra」関連の記事を
もう一度、よく読んでみました。
すると、原因が分かりましたよ。

なんと、「PowerDVD 10 Ultra」と
DVI接続の「NVIDIA 3D Vision」の組み合わせで
「Blu-ray 3D」を3D再生する為には、
OSが「Windows 7」であることが絶対条件なのです!


今のPCのOSは「Vista」ですから、選択肢に
「120Hz Time-sequential 3D LCD」が出なかった
というわけです。

Cyberlink、もっと分かりやすいところに
大きな文字で書いておけよ!!


因みに、これは明らかに故意だと思いますが、
例の「BD & 3D Advisor」の「Blu-ray 3D」対応の
診断項目の中に「OS」は見当たりません。
現在は、最新の「Windows 7」をお使いの方よりも
「XP」や「Vista」をお使いの方のほうが圧倒的に多い
のですから、「OS」の判定なしに「対応」の診断が出る
なんて、どう考えてもおかしいでしょう。
(好意的に解釈すれば、いずれ「Vista」のDVI出力
 にも対応するつもりだから、なのかもしれませんが)

ただし、「Vista」のままでも3D対応ゲームや
「NVIDIA」サイトにあるデモ用の3D動画ファイルの
3D再生は可能でした。
(デモ動画ファイルの再生には、NVIDIAが無料配布する
 「NVIDIA 3D Videoプレーヤー」ソフトが必要です。
 このソフトは付属のCD-ROMにも収録されています。
 このデモ3D映像の立体感が結構すごかったので、
 余計に悔しかったですw)

まあ、「Blu-ray 3D」の規格自体は、AV機器やPCが
3D環境にない場合でも2Dで再生可能でありますし、
「偏光板方式」など、「120Hz Time-sequential 3D LCD」以外の
3D出力に関しては「Vista」のままでも3D再生が可能ですから
確かに現状でも「Blu-ray 3D」再生に「対応」している
と云えなくもないのですが、メーカー側がそんな説明をしたら
それは単なる詭弁というものでしょう。
PCでの3D再生に関しては、「NVIDIA 3D Vision」の
フレームシーケンシャル方式が主流なんですからね。


さて、こうなりますと
OSを「Windows 7」にアップグレードするしか
「Blu-ray 3D」の3D再生への道はありません。

しかも「BD & 3D Advisor」の診断結果が、
特定の条件下での拡大解釈版の「対応」ということなら、
最悪の場合、もしOSを「7」にしても
ビデオカードのアップグレードやCPUの交換もしないと
映らないんじゃないか? との疑念も湧いて来ます。
もうあいつ(BD & 3D Advisor)の診断結果なんか、
まったく信用できませんからねw。

しかし、もう5万も注ぎ込んでいるんですから
後戻りは出来ません。(苦笑)
そこで、ええ、注文しちゃいましたよ。
「Windows 7 Home Premium アップグレード」版を!


「Windows 7」は本日発送で明日届く予定です。
ついでに、Vistaまでしか対応していない
今使っている「ウイルスセキュリティZERO」を
7対応版にアップグレードしました。

Windows 7 Home Premium アップグレード 11,837円
●ウイルスセキュリティZERO 3台用
 Win7対応 自動アップグレードサービス
 (ソースネクストeSHOP DL版) 2,980円

Windows 7 Home Premium アップグレードWindows 7 Home Premium アップグレード
(2009/10/22)
Windows

商品詳細を見る

ウイルスセキュリティZERO 3台用 (CD版) 新パッケージウイルスセキュリティZERO 3台用 (CD版) 新パッケージ
(2010/04/02)
Windows

商品詳細を見る

新年早々、ほんとにドツボですよ・・・。(苦笑)


長くなったので、この続きはまたにします。
「Windows 7」をすぐにインストールするか
分からないこともあり、申し訳ありませんが、
次の更新は早くて数日後になるでしょう。(トホホ・・・)


※2011年5月追記※

CyberLink PowerDVDの最新版「PowerDVD 11 Ultra」では
「NVIDIA 3D Vision」使用時に「Windows 7」だけでなく、
「Vista SP2 ( 32/64ビット )」にも対応するようになりました。

PowerDVD11 Ultra アップグレード版PowerDVD11 Ultra アップグレード版
(2011/04/28)
Windows

商品詳細を見る

ブルーレイ・DVD再生ソフト - PowerDVD
「NVIDIA 3D Visionをご利用の場合、Windows 7 もしくは
Vista SP2 ( 32/64ビット ) が必要となります。
Windows XP では動作しません。」

※追記終了※

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/09 15:14 ] Blu-ray 3D | TB(0) | CM(1)
うわ~~~~~!!!!

大変でしたですね。
私なんてパソコン音痴なので、こういうときの対処も全然出来ないので、パソコンで、いろいろとされる方は、すごいなあ~~~と思って読んでおります。

うちの弟君も、パソコンHDMI2本だしで、デコーダー作るなんて言っていました。

私は大人しく、データプロジェクターがPS3の3Dで掛かるようになってから考えようかなあ~なんて思っています。
BenQのモデルも、NVIDIA 3D Visionでした。
まだまだ、そう簡単には、いかないんですね。
残念。。。。。

陰ながら、うまくいけるように応援しております!!!
[ 2011/01/10 13:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。