初春の言祝ぎ Cinema Kingdom Blog

初春の言祝ぎ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 初春の言祝ぎHOME > 映画 > 初春の言祝ぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初春の言祝ぎ




さて、今年は卯年ということで
映画繋がりのウサギを考えてみました。

まず、近作で兎となれば、ティム・バートンの
「アリス・イン・ワンダーランド」での白ウサギと
三月ウサギが記憶に新しいところですよね。

白ウサギ三月ウサギ

しかし、それよりも「映画関連でウサギ」
と考えて真っ先に思い浮かんだのは、
1988年公開のロバート・ゼメキス監督作品、
(アニメ監督:リチャード・ウィリアムス)
『ロジャー・ラビット』(Who Framed Roger Rabbit)
のロジャー・ラビットと、ワーナー・ブラザース、
ルーニー・テューンズのバッグス・バニー
なんですよw、正直w。 オヤジですからねw。

ロジャー・ラビット

バッグス・バニー

このバッグス・バニーは、
上記の「ロジャー・ラビット」の劇中にも
ゲスト出演しています。
また、バッグス・バニーは
ワーナーマイカルに映画を観に行くと
上映前に必ず登場しますから、
若い人でもご存じの方が多いでしょう。

そのワーナーマイカルがバッグス・バニーなら、
「TOHOシネマズ」には『紙兎ロペ』がいますw。



残念ながらうちの近所には「TOHOシネマズ」がないので、
僕自身は映画館で紙兎・ロペと紙リス・アキラ先輩の
ショートフィルムを観たことはないのですが、
その内のいくつかはこうしてネットで観ることが出来ます。


一方、アニメではない実写映画でウサギと云えば
リチャード・ケリー脚本・監督の『ドニー・ダーコ』
(2001)ですよ。





その複雑で難解なストーリー展開が災いしたのか
興行時にはコケたものの、その謎を解明したいと思う
マニアが多かったようでw、米国でDVD発売されると
一躍ベストセラーになった作品です。

国内盤はDVDしか出ておらず、
しかも既に廃盤のようですが、
WOWOWが何度か真HV放送しておりまして
僕はそのハイビジョン版を録画して持っています。
これがデビュー作だったリチャード・ケリーを評して
一部のファンは「第二のキューブリック」と呼んだ
そうですが、確かに、独特の映像美を湛えた作品
なんですよねぇ。
あの感じはDVDの解像度では充分に出ないと思うので
ぜひ廉価BDで再発をして欲しいところです。


最後に、黒澤好きとして「映画で卯」と云えば、
『用心棒』で仲代達也が演じた「卯之助」も
忘れちゃいけないでしょう。
(役名なだけなので、かなり強引w)



「見た目は兎みてえな優男だが、中身は山犬って野郎さ」(東野英治郎の科白)


改めまして、初春にあたり
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


追伸:昨年に引き続き、
   大晦日にご挨拶のコメントを下さった
   ajisaiさん、サスケさん、
   わざわざ、ありがとうございました。
   今年もテキトーに更新頑張って行きましょうw。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/01 12:27 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
あけましておめでとうございます。

そう言えば、『マトリックス』にも白兎が出てましたね、タトゥーでしたけど…。
今年は初心に返り、レビューばかりではなく、映画に関する色んなことをアップして行きたいと思ってます。
ブログ開設当時に、岩窟王さんが面白い、と言って下さった事が励みになり、今日まで続ける事がで来ました。
最近は仕事を理由に更新も途絶えがちなので、あの頃の記事をアップできる喜びを、今年はもう一度呼び起こしてやって行きたいと思ってます。
お暇な時に、また遊びに来て下さい!
今年も宜しくお願いします。
[ 2011/01/05 02:19 ] [ 編集 ]
わざわざコメントをありがとうございます。

> ブログ開設当時に、岩窟王さんが面白い、と言って下さった事が励みになり

マジですか?
そう云っていただけると嬉しいですが
僕ごときの感想が人様の励みになるなんて、
そんな大層な者じゃありませんから・・・w。(汗)
逆にイラストまで描かれているロッカリアさんの記事を
いつも感心して読ませていただいておりますよ。

> あの頃の記事をアップできる喜びを、今年はもう一度呼び起こして

なるほどぉ。ロッカリアさんは真面目だなぁw。

お金をもらってやっているわけではないですから
僕なんか更新頻度はあまり気にしていません。
まあ、月に10~15はあげているので
2日か3日に一度は更新している計算になりますから
元より、まったく引け目は感じていないんですけどねw。
駄文とは云え、どれも長文の記事ばかりですから
それなりに満腹感はあるはずですし。

ロッカリアさんは開設当時、月に25前後の記事をあげて、
毎日のように更新されていましたもんねぇ~。
しかし、現在も月に10前後はあげているのですから
個人的には充分だと思うんですけどねぇ。
しかもイラストがあったり、長文だったりで
更新に時間がかかっているのが明かな力作ばかりですから。

まあ、無理のないペースで、あまり頑張りすぎないで
気楽にやったほうがよろしいと思いますよ。
変な義務感とか自分に対する縛りなんかがありますと、
かえってオックウになって続かなくなると思います。
イラストも毎回描く必要なんてありませんよぉw。
特別に好きな作品や俳優の時だけで十分じゃないですか。
あれはかなり大変だと思いますもんw。
お互い、テキトーに頑張って、続けて行きましょう♪
[ 2011/01/05 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。