沖縄 阿嘉島への旅 (その五) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

沖縄 阿嘉島への旅 (その五) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > 旅行・聖地巡礼 > 沖縄 阿嘉島への旅 (その五)

沖縄 阿嘉島への旅 (その五)

ゆいレールの牧志駅のコインロッカーに荷物を預け、
国際通りから平和通りのアーケードに入り、
市場中央通り経由で「第一牧志公設市場」をブラブラしました。

那覇・国際通りから平和通り商店街へ

国際通り近くの第一牧志公設市場


市場には沖縄ならではの食材が色々と売られています。
赤い「アカジンミーバイ」や、阿嘉島の海では
元気に珊瑚(の藻)をかじっていた緑の「イラブチャー」
など、カラフルな近海魚も並んでいます。

市場で売られているカラフルな魚たち


イラブチャーのような丈夫な歯を持ったブダイ科の魚が
白化した珊瑚を齧ることによって綺麗な白砂が生まれます。
そうです。珊瑚の砂は、魚が餌を濾し取った後に
体外に排泄したものが堆積したものなのです。(笑)


市場の二階には居酒屋風の食堂街があります。
一階で食材を買い、ここで料理してもらうことも出来る
のですが、生臭さが強烈なので退散しました。(苦笑)

こうしてブラブラしている間に時間がなくなって来ました。
この際、三越のレストラン街でいいやということで
三越に入り、急いで食事をして牧志駅に戻ると、
既に7時20分を過ぎていました。(大汗)

牧志駅から空港駅までは16分程度ですが、
そこから空港まで歩いて、チェックインし、
出発ゲートまで行く時間を考えると、結構ギリギリです。
最後の最後で焦りました。


実は、二人とも空港で済ますつもりで
お土産を何も買っていませんでした。
このままでは土産を買う時間はないかもしれないと
初日の国際通りで土産を買っていなかったことが
悔やまれました。
ホテル近くの土産物屋は、どこも買った土産物を
送料無料で全国に宅配してくれるサービスを
していたのです。

出発ゲート入口の最後の土産物屋が見えた時が
8時13分前でした。
どういう訳か、出発ゲートの前に
まだかなりの列が出来ているのを確認してから
「まだ13分あるから、大丈夫!」と、
ふたりで慌てていくつかの土産を買いました。(汗)

さすがに空港の土産物屋のおばちゃん達は慣れたもので
「急いで下さい」というとアッという間に土産を袋に入れ
清算してくれました。その間、わずか数十秒でした。
見事なプロの仕事を見せてもらいました。(笑)


そんな訳で、無事8時前に機内に入れましたが、
時間になってもまだ乗客が乗り込んで来ます。
その時、「空路が混んでいる為、出発が20分、
到着が10分遅れます」とのアナウンスが入りました。
土産が買えたのは良かったですが、
こうなると電車の最終に間に合うかが、
ちょっと心配になります。
しかしまあ、いざとなったら都内に泊まればいいかぁ
と開き直り、離陸後はすぐにウトウトし始めたのでした。


結局、到着は15分遅れでした。
幸い快速のモノレールに乗れたので、
どうにか最終に間に合いました。
その後、地元の駅前で軽く食事をして、
午前1時過ぎに帰宅しました。
阿嘉島を出てから8時間が経っていました。

阿嘉島はほとんど何も無い小さな島ですが、
珊瑚礁は本島のそれとは比較になりません。
皆さんもぜひ一度、遊びに行って
シュノーケリングを楽しんでみて下さい。

シュノーケリングは老若男女、
どなたでも気軽に楽しめる簡単なスポーツです。
しかし、マスクやシュノーケルの着け方や
水の抜き方、フィンを使った泳ぎ方、
素潜りの方法、耳抜きの仕方などの基礎だけは
どこかで学んでおくと良いでしょう。
事前に本を読んでおくだけでもかなり違います。

珊瑚は光合成を行う生物ですので、
深い場所でも水深5m程度までしか生息出来ません。
ですので、シュノーケリングも深くても水深3m程度
の場所で行うのが普通です。
泳ぎに自信がない方であっても
ライフジャケットを身に着けておけば、
溺れる心配はまずありません。
もし貴方がプールで25m泳げるのでしたら、
フィンがあれば30分でも楽勝で泳いでいられます。

それから、何より大切なマナーとしては
「珊瑚を傷付けない」ということがあります。
今回の旅でも、たぶんレンタルですが、
いっぱしにダイバースーツを着た20代前半の女性が
何度も珊瑚の上に立っていたのが気になりました。
死んだ珊瑚の上ならまだしも
生きた珊瑚の上に立てば、珊瑚は確実に痛み、
場合によっては死んでしまいます。
珊瑚の上に立つことだけはやめましょう。


長文の駄文旅行記にお付き合いいただき、
ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2005/07/23 17:59 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://gank2o.blog5.fc2.com/tb.php/93-57c2e4c9

ごめんなさい! 那覇市の国際通りに戻っちゃいました!(笑) この辺が、てーげーなんで、宜しくです(笑)。第一牧志(まきし)公設市場。国際通りの真ん中辺りにあります。2階建てのマチグヮー(市場)です!1Fには色々なお店があります。テレビのニュースなどで....