このミステリーがすごい! 2011年版 Cinema Kingdom Blog

このミステリーがすごい! 2011年版 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > このミステリーがすごい! 2011年版HOME > 日常の雑記 > このミステリーがすごい! 2011年版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

このミステリーがすごい! 2011年版

昨日の午後、近くの書店に出掛け、
このミステリーがすごい! 2011年版
を買って来ました。(12月10日発売)

このミステリーがすごい! 2011年版このミステリーがすごい! 2011年版
(2010/12/10)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る

例によってそのランキング結果を、本家サイトの
宝島社 「このミステリーがすごい!」
 1988年~2011年版ベスト10一覧リスト

に掲載、更新致しました。

このミスと一緒に、国内部門でダントツ一位
だった『悪の教典』の上巻を買って来ましたよw。
(ポケットに3千円ほどあったので財布を持たずに
 出て、下巻分のお金が足りませんでしたw)

『悪の教典』は、貴志祐介さんの新作であります。
森田芳光監督によって改悪されたw、内野聖陽、
大竹しのぶ主演の映画『黒い家』の原作者として、
邦画ファンならご存じの方もいらっしゃるでしょう。
上巻だけでもかなり厚い本なので、
なかなか読み応えがありそうですw。

※追記※
悪の教典』上巻を読み終わって
すぐその日のうちに本屋に出掛け、
下巻を買って帰り、一気に読み終えました。
下巻クライマックスの怒濤の展開は、
上巻の途中で読めてしまいましたが、
それでも徹夜必至のスリリングさでした。
邦画でも充分実写化可能な内容でしたから
これ映画化してほしいなぁ。
監督は深作健太か北村拓司、北村龍平あたりに
合いそうな素材ですが、出来れば三池崇史監督でw。
※追記終了※

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/11 07:23 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(2)
はじめまして。私は、「無線LANガイド」(http://www.pidguide.com/adiary.cgi/lan/)管理人のじん(いわゆるハンドルネームを名乗ることをご容赦下さい)と申します。

早速ですが、貴サイト様にて当サイトと相互リンクさせていただきたく、お願い申し上げます。
突然のお願いで失礼かと思いましたが、どうかお許しくださいませ。
貴サイト様へのリンク設置URLは、http://www.pidguide.com/adiary.cgi/lan/01です。

万が一、リンクについて、差し障りや、お気づきの点などございましたら、ご意見お寄せくださいませ。適切に対処いたします。
この場を借りて失礼しました。
では、失礼いたします。
(特に問題等なければ、返信は不要でございます)

「無線LANガイド」管理人:じん
http://www.pidguide.com/adiary.cgi/lan/
[ 2010/12/17 00:44 ] [ 編集 ]
じんさん、せっかくの相互リンクのお申し出ですが、
僕が無線LANについて書いたのはひとつの記事の一部分だけで
あれだけでそちらと相互リンクはキツイでしょうw。
また、ウチは基本的に映画やホームシアター関連のブログさん
に限定して相互させていただいております。
申し訳ありませんが、そんなわけでお断わりさせていただきます。
[ 2010/12/20 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。