プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX Cinema Kingdom Blog

プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > プレデターズ トリロジー ブルーレイBOXHOME > DVD、BD、HD DVD > プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX

17日、「エイリアン・アンソロジー」と一緒に
「プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX」が
届きました。

プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX



プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]









プレデターズ トリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]

良く理解しないままに予約していたのですが
これ、単なる単品BDの寄せ集めなんですね。
付録のコミック小冊子も「プレデターズ」BDの
オマケに付いているようですし・・・。
単品で揃えるより価格が低めに設定されている
という点だけがウリのようですね。
DVDは要らないですし、その分、BOX独自仕様の
ケースが欲しかったですねぇ。

プレデター





プレデター (特別編) [Blu-ray]
プレデター (映画) - Wikipedia

プレデター 2





プレデター2 [Blu-ray]
プレデター2 - Wikipedia

プレデターズ





プレデターズ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) コミック付き
プレデターズ - Wikipedia

それはともかく、第1作目「プレデター」の
レストアぶりには感激しました。
鮮明さでは最新作の「プレデターズ」並か、
それ以上かもしれないと思ったほどです。
その「プレデターズ」もなかなか面白かったですが
やはり、完成度では1作目がダントツのデキですね。

人気絶頂だったシュワちゃんの魅力も
もちろん大きいですが、始まりは戦争アクションで、
中盤からSFホラーになってゆく、あの展開は
当時、かなり意外性がありましたし、
その中盤までは最強と思われた特殊部隊の隊員達が
プレデター登場後は簡単に次々と倒されて行くあたり
非常によく出来ていると、いまだに感心します。
ジョン・マクティアナン監督の出世作となった作品ですが、
この大ヒットを受けて監督した、「ダイ・ハード」、
「レッド・オクトーバーを追え! 」と続くこの頃の
マクティアナンは、本当に冴え渡っていました。
(今や見る影もないですがw・・・)


続編の「プレデター 2」については
正直、失敗作だと思います。
謎の多かった「プレデター」の設定が明らかになった点は
評価出来ても、その相手がアメリカ最強の特殊部隊から
やたらとぶっ放すだけのイカれた麻薬組織のチンピラどもや
所轄の刑事になった時点で、かなりの後退でしょう。

設定だけでなく、ストーリー展開もイマイチな上に、
スティーヴン・ホプキンスの演出もB級テイストで
垢抜けないですし、何より、主演がダニー・グローヴァー
という配役が最悪だったと思います。
いや、ダニー・グローヴァー自身は好きな俳優なんですが
シュワちゃんに対抗出来るようなアクションが出来る俳優
ではありません。
「リーサル・ウェポン」での歳をぼやきながら奮闘する
壮年のマータフ刑事役の印象が非常に強かった彼に
この配役は、明らかにミスキャストでした。


ロバート・ロドリゲスが中心になって製作された
「プレデターズ」の舞台は、プレデター達の狩猟場である
他の惑星となっています。
そこに地球各地から集められた強者(つわもの)を放って
狩りを行っているという設定です。

ただ、未知の惑星と云いましても、
集められた地球人達は普通に息をしていますし、
外見的にも1作目の舞台となった熱帯のジャングルにしか
見えずw、もうちょっとSF的な色付けがあっても
良かったのではと思いました。
まあ、あの舞台設定はオリジナル版へのリスペクトの結果
なんでしょうがね。

監督は新人のニムロッド・アーントルが務めています。
画作り的には1作目の雰囲気を踏襲していたので
独自性はあまり感じられませんでしたが、安定感はあり、
新人としてはなかなか良いデキなのではないかと思います。

ストーリー展開的には
ローレンス・フィッシュバーンが登場する辺りで、
「おおっ!これは面白い展開になりそう」と期待したのですが
その直後のシークエンスが、あまり練られたとは思えない
ダメダメな展開で、かえって失速してしまっていました。
ラストも今後のシリーズ化を意識したものでしたが、
あの環境、設定のまま続編を作っても
マンネリ、単なる焼き直しになるだけでしょう。
まあ、今度は地球に帰るための惑星脱出編になるのかも
しれませんけどね。


とりあえず、これで「エイリアン」シリーズと
「プレデター」シリーズのすべての作品がBDで揃いました。
(あくまでも2010年時点での話ですがw)



これだけあっても傑作は数少ないですが(苦笑)、
まあシリーズものとなりますと、凡作、駄作も含め、
どうしても集めたくなってしまうものです。
しかもヴァージョン違いや規格が変わる度に
ソフトも買い増しているのですから、我ながら呆れます。
フォックスの罠にどっぷりハマっている訳ですね。(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/21 11:53 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。