紅葉の箱根へ(その弐) Cinema Kingdom Blog

紅葉の箱根へ(その弐) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 紅葉の箱根へ(その弐)HOME > 旅行・聖地巡礼 > 紅葉の箱根へ(その弐)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅葉の箱根へ(その弐)

箱根ロープウェイ







峰を越えた途端に姿を現わす「大湧谷」に
一挙にテンションが上がりますw。
雲が多かったので富士山は諦めていたのですが、
ラッキーなことに上半分だけ見えましたw。
大湧谷













「大湧谷」と云えば「黒玉子」ですw。
下の土産物屋でも買えますが、上まで登って
アツアツの出来たてを買いました。
ひとつ食べれば七年寿命が延びるとの事ですがw、
5個で500円は本当においしい商売ですよねぇ。(苦笑)

下の土産物屋まで降りて
昼食用に野沢菜のおやきをテイクアウトし、
ロープウェイの次の駅、「姥子駅」まで下る
トレッキング・ルート、「姥子探勝自然歩道」に
入りました。

姥子探勝自然歩道







姥子石仏群

大混雑していた大湧谷とは打って変わって
「姥子探勝自然歩道」は閑散としていました。
紅葉を楽しみながらゆっくり40分ほどかけて
姥子駅を目指しました。
自然歩道はよく整備されていましたし、
ずっと下りですから体力的には楽は楽でしたが、
思ったよりも傾斜はキツかったです。
その為、いつもは使わない筋肉を使ったようで
帰宅途中、階段を下る度に、軽い筋肉痛を覚えました。(苦笑)

トレッキング・ルートの終り、
姥子駅のすぐ手前にある船見岩の広場で
先ほど買ったおやきと黒玉子で昼食を取りました。
この時は知らなかったのですが、
姥子駅のすぐ近くにある「ホテルグリーンプラザ箱根
には富士山を望める自慢の露天風呂があり、
日帰り入浴や、バイキングランチ&入浴プラン
などもあったのだそうです。
ホテルのサイトにある割引クーポン券を使えば、
バイキングランチと入浴で3,300円とのことですので、
事前に知っていればと、後悔していますw。
(ただし営業は12:00から15:00まで)


ロープウェイの途中に駅があるというのは
かなり珍しいと思いますが、箱根ロープウェイでは
「大湧谷」から来た軌道が「姥子」駅で
芦ノ湖方面に角度を変えるようになっている為、
駅になっているのだそうです。
その姥子駅で席のあるゴンドラを待って乗り込み、
芦ノ湖の「桃源台」に向かいました。


桃源台駅も海賊船待ちの観光客で混雑していました。
2003年の12月に来た時とは印象が違ったので
こちらの駅も一部リニューアルしたのでしょう。
時刻表だと50分以上待たないとならない時間でしたが
幸い、臨時便が出るということで、それほど待たずに
乗船出来ました。

芦ノ湖 箱根海賊船









前来た時にも寄った「箱根関所」が
2007年にリニューアルされたと知っておりましたので
再訪しようかと「箱根町」で下船しました。
その前に、船着き場の前にあるバス停で
箱根湯本駅行きのバスの時刻表を調べました。
すると、直行ではなく「小涌谷」、「宮ノ下」経由でしたが、
数分後に湯本駅行きのバスが出るところでした。
ちょっと悩みましたが、辺りを見回すと
観光客ばかりですし、国道も渋滞していましたので
そのまま座れそうな次のバスで帰ることにしました。
まあ、箱根関所の展示物自体に大差はないでしょうしw、
そろそろ温泉に入りたくなっていた事もありました。

途中、「箱根小涌園 ユネッサン」に寄るルート
だったのでそちらで入浴しようかとも思いましたが、
帰りの事を考えて、湯本駅に近い日帰り温泉の方が便利
だろうと思い直しました。

小涌園を過ぎた後、朝に通った登山鉄道の駅、
「小涌谷」の駅前のバス停に停車した際に、バスの運転手が
「この先、宮ノ下からは混むのでお急ぎの方は鉄道でどうぞ」
と云うので、急遽下車することにしました。
それまでは富士屋ホテルやセピア通りのある
宮ノ下をブラブラしてから湯本に戻るつもりだったのですが
駅のホームで列車を待っているうちにそれも面倒になってw、
(こんなのばっかw)そのまま湯本駅まで戻りました。(苦笑)
曇りの上に夕方近くになって、写真を撮るには
ちょっと光線が悪くなっていたせいもありましたw。

箱根登山電車





新しくなった駅舎の売店を覗いて土産を物色した後、
駅前のバス停へ。
ここからは路線バスの他、近郊の温泉宿へ100円均一で
送迎してくれるマイクロバスが出ています。
方向別に全部で3コースあるので、バス停前にある
観光案内所に入って、行く前にネットで調べておいた
日帰り温泉施設「天山」は何コースなのかを訊きました。

箱根湯本で日帰り入浴が楽しめる処は、
湯の里 おかだ」、「花紋(かもん)」、「天成園」など
たくさんありますが、中でも旅行ガイドや雑誌などでの
露出が多いのが、この「天山」さんです。

天山湯治郷





源泉掛け流しの贅沢な温泉でした。
ただ、加水もしていませんので、
露天でも温度は高めで、熱いお湯が苦手な人には
向かないかもしれません。
それよりなにより、かなり混んでいて
残念ながらゆっくりまったりとは行きませんでした。
ネットでの感想を読んでも「混んでいた」、
「車を駐めるまで30分以上かかった」、などの感想が
多かったので、夕方はいつもあんな感じなのでしょう。
露天風呂や温泉自体は良かったですが、
おそらく次は別のところに行くと思います。(苦笑)

一時間ほど温泉を楽しんで、
国道で駅行きの送迎バスを待っていますと、
偶然、フリーパスが使える路線バスが来たので
そちらで駅に戻りました。

結局、この日、フリーパス以外で使った移動代は、
「天山」へ行く片道分のバス代、100円だけでした。
箱根にある主要施設の入館料、入園料、入場料
(「天山」を含めた日帰り温泉施設の料金も)は、
この箱根フリーパスを持っていますと、
ほとんど割引になりますので、本当にお買い得だと
思います。

その後、午後6時前に小田原駅に移動し、
朝と同じ湘南新宿ラインのグリーン車で戻りました。
車中では路程の半分以上、寝て過ごしw、
地元の駅ビル内のコンビニや本屋に寄り道してから
帰宅したのが、9時過ぎでした。

温泉や紅葉狩りと云えば、
お隣の群馬や栃木に行く機会が多かったのですが、
たまには箱根もいいものですねぇ。
何より、ひとり旅や日帰り旅行がしやすいのが
素晴らしいと思います。
さすがに首都圏屈指の人気観光地だなと
改めて思いました。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/16 09:52 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。