トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]HOME > DVD、BD、HD DVD > トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

予約していた「トイ・ストーリー
ブルーレイ・トリロジー・セット」が
発売日の3日に届きました。
BD4枚組BOXで、内訳は『トイ・ストーリー3』が
本編ディスクと特典ディスクの2枚組、
『トイ・ストーリー』と『トイ・ストーリー2』が
Blu-ray各1枚組となっています。





トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu- ray]















トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu- ray]

1と2は、すでにBlu-ray+DVDのセットが
それぞれ発売されていますが、
トリロジーBD-BOXの発売を見越して
あえてスルーしておりました。

早速観ましたが、特に「3」の本編に関しては
プロジェクターを買い換えたように感じるほどの
高画質ぶりでした。
劇場で観た時は3D字幕版でしたから
フィルムではなく、デジタルデータだったはず
ですが、その時よりも綺麗なのではないかと
思えるほどでした。
音質に関してもまったく不満はありません。

「3」の特典ディスクにある音声解説には、
まるまるHV版の本編が入っていて、そこに
ピクチャー・イン・ピクチャーの小窓が開いて
解説の内容が補佐される映像が流れるという
「見える音声解説」仕様になっていました。
(故に、本編ディスクには音声解説は未収録)
小さなテレビで観た場合はどうかなと思いますが
プロジェクターで観る分には分かりやすくて
普通の音声解説よりも良かったと思います。
また、ピクサー作品の音声解説は毎回そうですが、
話に無駄が無く、内容も詳細かつ豊かな上に
ユーモアも盛り込まれていて、素晴らしいですね。
おそらく、事前におおまかな脚本のようなものを
用意してから収録しているのでしょう。

最近は、邦画やアニメのソフトにも
音声解説が収録されているものが多いですが、
一部を除いて、鑑賞しながらの無駄話に終始
しているものがほとんどです。
俳優や声優だけの音声解説なら、
ただのたわいもないお喋りだけでも、
彼ら、彼女らと一緒に観ている気分になって
いいかもしれませんがw、監督や主要スタッフの
音声トラックまで世間話では、話になりません。
技術的なことや専門的な話をしても
一般人には理解してもらえないだろうと
思っているのかもしれませんが、
そもそもセルソフトを買って、音声解説を聴こう
なんて人は、すでにかなりのマニアなんですよw。
分からない言葉や作品名が出て来たら
必ずネットで調べるような人ばかりでしょうw。
ぜひピクサーの音声解説を見習って欲しいものです。


この際、手持ちの1、2の国内盤DVDも
ご紹介しておきましょう。









2000年に出た「2」の国内DVDは、
当時としてもほとんどなかった4:3画角で
収録されていました。
劇場版のデータをスタンダード画角用に、
再構成したカットなども含まれていましたが
マニアには不評でした。



その後、2005年11月に出た「トイ・ストーリー2
スペシャル・エディション」版のDVDでは
16:9スクィーズ収録に変更(?)されましたが、
僕は最初の国内盤と同じ2000年の10月に出た、
ニューマスター版、スクィーズ収録の
「1」と「2」と新たな映像特典ディスクを納めた
米国盤の3枚組DVD-BOX、「Toy Story -
The Ultimate Toy Box (Collector's Edition)」を
購入して楽しんでいました。



















あくまでもBD版が出るまでの話になりますがw、
長年、1と2の画質クオリティ的には、
WOWOWOで放送されたハイビジョン版が最高でした。
それに次ぐのがこの米国DVD-BOXだったと思います。


ついでに国内盤LD-BOXのご紹介を。
こちらは1作目と特典映像だけの4枚組BOX
(CAV本編2枚と特典ディスク2枚)で、
定価は20,000円でした。
このLD-BOXが発売された頃は
ネット通販なんてまだありませんでしたから、
いいとこ、定価の一割か最大でも二割程度の
値引きしかしてもらえなかったものです。
実際、売れる枚数のたかは知れていますから
無理もありませんが、LDがマニアだけのものに
終る運命だったのが頷ける価格設定ですよね。(苦笑)

























1作目が公開されたのが1995年ですから
こちらも15年も前の作品ということになるのですね・・・。
因みに、こちらのLDには監督以下、主要スタッフによる
音声解説が収録されていますが、すべて声優による
日本語吹替えになっています。(笑)


ピクサーの強みは、
昔も今も合議制で作品作りをする点でしょう。
最終決断は監督がするとしても
多くのスタッフのアイディアを積極的に作品に取り入れ
より良いものを作ってゆこうとする姿勢だからこそ、
次から次へと傑作、秀作を生み出せているのだと
思います。
有能なスタッフはやがて監督に抜擢されますから
将来、人材不足でジリ貧になる心配もありません。

日本で劇場用アニメを製作している有名監督、
巨匠と呼ばれる演出家さん達は、作品のテーマや構成、
基本的なキャラ設定やストーリー展開などを
ほとんど自分ひとりで決めて、スタッフには
指示だけ出す、いわゆる「映像作家」、「監督主義」
的な作品作りをする方が多いと思います。
しかし、これは一歩間違えますと、
演出家自身の時々の体調や精神状態、
才能や技術力の衰え、アイディアの枯渇などが、
そのまま作品のデキに直結してしまう危うさも内包して
いますので、作品毎のデキに波が出てしまいがちです。
また、演出家の指示を完璧に、あるいは要求以上に
遂行する、職人的な意味で優秀なスタッフは居ても
それが優秀な監督、演出家にまでなかなか育たない
土壌にもなっているように思います。
宮崎駿ひとりの才能に頼っている
現在のスタジオ・ジブリなどはその典型でしょう。

まあ、どちらのシステムにも
良い点、悪い点はあるでしょうが、少なくとも
ピクサーが過去発表して来た劇場用CGアニメ群に
駄作が一本も見当たらない事は確かでしょう。
その中でも『トイ・ストーリー2』と『3』は、
ピクサー屈指の傑作だと思います。
(ただし、英語オリジナルキャストの音声で
 観た場合に限りますw。15年経っても
 「バズ」に所ジョージはあり得ないわ)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/06 11:09 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(3)
BDのトリロジーBOX、正直ちょっとフラッと
きましたが(^^;
やはり自分は3D-BDのBOXを狙いたいです。

「実際に発売されるのか」「いつ発売されるのか」
全く分らないですけどね(^^;
現時点での3D-BD盤のアナウンスは全くありませんし。

でも2DだったらWOWOWで録ったD-VHSがありますから。
まあ~気長に待ちますよ(^^;

.................................................
ところで本日WOWOWで放送された「アリス」。
キレイなHD画質に生まれ変わっておりました^^)v
一応BDメディアには焼きましたが、いずれBDソフトと
して発売されるものと思います。楽しみです。
[ 2010/11/07 22:01 ] [ 編集 ]
> 2009年10月2日には、前作『トイ・ストーリー』とともにデジタル3D版として、2本立てで2週間限定で全米公開。日本では2010年2月6日に公開

ということですから、
3D版のトリロジーBD-BOXが出るとしたら
米国盤が先で、5月頃に国内盤でしょうかね。

しかし、3D TVの売り上げから考えますと
発売されるかは正直、マジで未知数だと思います。
また、将来的に発売されるとしても
先に出た2D版のDVDやBDを買ったり、レンタルした後で
3D版がどの程度売れるのか・・・。

実際、3D TVはコンテンツがない中で高額ですから
割高感は否めませんよね。
それでも、9月から10月初旬にはかなり値が下がり、
「この調子で安くなるなら買っちゃおうかな」
と思っていたのですが、エコポイントが
12月から半額になるとの発表があってから
事態は一変してしまいました。
10月下旬から徐々に高くなり、
11月に入ってからは急激に値上がりしておりまして、
また通常のTVとの価格差が大きく開いてしまいました。
1ヶ月半前の売価と比較しますと、馬鹿らしくて
買う気が失せてしまうほどの値上がりです。(苦笑)
(エコポイントの半額分以上高くなって11月中に買う意味なしw)
個人的にはすっかり冷めちゃいましたw。

今年の映画の興行収入のベスト10では
10本中、8本が3D映画だということですから
3D TVも値頃感が出てくれば売れるようになる
とは思うんですけどねぇ。

今度パナが3D対応「VIERA」や「DIGA」の購入者に
非売品の「アバター Blu-ray 3D版」をプレゼントする
キャンペーンを始めましたね。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101101_403960.html

みかんさんは対応機種をお買いになる予定は
あるのでしょうかw?
それとももう権利をお持ちなのでしょうか?

[ 2010/11/08 08:08 ] [ 編集 ]
パナ54VT2購入前後の頃は価格com.などを
よく見ていましたが、最近は少し離れていました。

「3DTVもかなり安くなってきたなあ」と思っていた
のですが、そうですか最近はまた上がってしまい
ましたか......。
でも少し待っていると又下がったりして(^^;

この種のことは慌てると必ず?ババを掴みますから
のんびり静観も良い手かもしれません。

「アバター3D」は2~3日前に申し込みハガキを
返送したところです。
現物は12月の上旬くらいかな、と思っていますが
....2D版買わなくて良かった(^^;

でも自分が本当に欲しいのは「コラライン3D」
ですね。
アメリカでのパナ3D機器購入特典として無料配布
されたソフトです。
(日本の場合は「アイスエイジ3」でした)

ハピネットから発売された3D版「コラライン」は
残念ながらアナグリフ式でしたので購入を断念(TT
いずれ本式の3D-BDとして再発売して欲しいです。

あとトイ・ストーリーに関して。
確かに気長ですが、まあ2Dで何度も観ているので。
「3」は劇場(3D版)で一回のみですが、
慌てません、まあそのうちに~という感じです(^^;
[ 2010/11/11 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。