英国BD「Back to the Future Trilogy Limited Edition」 Cinema Kingdom Blog

英国BD「Back to the Future Trilogy Limited Edition」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
HOME > スポンサー広告 > 英国BD「Back to the Future Trilogy Limited Edition」HOME > DVD、BD、HD DVD > 英国BD「Back to the Future Trilogy Limited Edition」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国BD「Back to the Future Trilogy Limited Edition」

先月の23日に発送通知が届いた英国盤BD-BOX、
「Back to the Future Trilogy Limited Edition」
が2日に到着しました。

この三部作はすべてロードショーで観ています。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」1作目の公開から
早25年・・・、3作目からでも20年ですかぁ・・・。
赤子が成人しちゃう歳月が流れたわけですね。
いやはや、歳とるはずです・・・。(苦笑)



Back to the Future Trilogy Limited Edition Collector's Tin [Blu-ray] (UK)
 「バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー」
(日本語字幕アリ)
バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ - Wikipedia





すぐ上の見本写真では
ポスターが四枚付いているように見えますが
実際は裏表印刷のものが二枚でした。
また、見本には写っていませんが、
1作目で重要な小道具として登場する、
マーティと兄と姉の写真が付いていました。
この写真がレンチキュラー(立体)印刷されていて、
見る角度によって徐々に消えたり現われたりして
よく出来ているんですよ。(笑)
例えレプリカだとしても
劇中に登場した小道具がこれほど付いていますと
映画好きとしては素直に嬉しくなりますw。









ただし、気になる点もありました。
3枚ともピクチャーディスクなのはいいのですが
その画質がかなり前の家庭用カラープリンターで
印刷したような、ひどく荒い画調なのです。
あれは何か狙いがあったのでしょうか???


この英国BD-BOXは、送料込み40ポンド弱でした。
国内盤は定価8,500円で、amazonでも6,200円前後ですから、
英国盤の方が送料込みでも千円程度安い事になります。

また、英国盤も日本語吹替え音声は、DTS 5.1Chと
「日曜洋画劇場」の三ツ矢雄二版のDTS 2Ch(モノラル)と
国内盤とまったく同じ仕様です。
(オリジナル英語音声は 5.1ch DTS-HD Master Audio)

ただ、国内盤にはオールカラー44Pのブックレット
「THE ENCYCLOPEDIA OF BACK TO THE FUTURE」が封入
されています。
某サイトの写真で中身をチラ見しましたが、
なかなかよく出来ている感じでしたね。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]
(2010/10/26)
マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド/メアリー・スティーンバージェン/リー・トンプソン/クリスピン・グローヴァー/トーマス・F・ウィルソン/エリザベス・シュー

商品詳細を見る


画質は室内シーンやナイトシーンなどでは
フィルムグレインが多め(特に1作目)に
見えましたが、全体的には充分鮮明な画質
だったと思います。
少なくともWOWOWで放送されたハイビジョン版
よりは良くなっている印象でした。

余談ですが、ビデオやDVDの台頭の影響で
スタンダード画角で撮って劇場用には
そこからビスタやシネスコにトリミングする
スーパー35方式で撮影されたものが多かった
80年代から90年代の作品は、画質がイマ一歩
のものが多い気がしますね。
基本的な画質では75mm映画などとは
とても比較になりませんので、
50年代、60年代の超大作がBD化されると
80年代、90年代の作品のBDよりも高画質
なんて逆転現象が起ってしまっています。(苦笑)
スーパー35で撮影された作品の画質は、
(あくまでも僕個人の感覚ですが)
ブローアップされた16mmの映像と普通の35mmの
中間くらいの感じがします。
それでもこの三部作はビスタサイズですから
より拡大されてアラが目立ちやすいシネスコ作品と
比較しますと、まだ画質的な余裕はあります。
まあ、わざと粗い粒子感を狙う監督もいますから
一概には言えませんが・・・。

対して、
DTS-HD Master Audioの音声は最高でした。
効果音の迫力も違いますが、なんと言っても
アラン・シルヴェストリの音楽が素晴らしい!
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と云えば
あのテーマ曲ですからねぇ。
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの楽曲も最高です。
これはWOWOWに圧勝という感じです。

特典映像も
いままで発売されたDVDに収録されていたものに加え
今回のBD化のために新収録されたコンテンツが
多数あり、素晴らしいボリュームでした。
映像だけでなく音声解説も新録されています。

特に、撮影開始から5週間で降板させられた
エリック・ストルツの出演シーンなどはレア中の
レア映像で、おそらくこれが初公開でしょう。
これを見ますと、生真面目でちょっと陰のある二枚目
という印象の当時のエリック・ストルツに、
笑いのセンスと明るさが求められるマーティ役は
到底無理だということが素人目にも分かります。
また、人気絶頂の20年前にパーキンソン病を発病し
それ以来、ほとんど俳優の仕事をしていない
マイケル・J・フォックス(現在49歳ですが若い!)の
元気そうな姿を見ることが出来たのも嬉しかったです。
パーキンソン病は当時も20年経った今も
完全な治療法が確立されていない難病です。
身体を揺すりながら喋るのは病気のせいでしょうが
それでも彼の姿に励まされる方は多いと思います。
リー・トンプソンも相変わらずキュートですねw。



因みに僕は、2003年に出た
はじめての三部作DVD-BOXも持っております。









このDVD-BOXでは以下のような事件もありました。

DVD「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の交換サービスを開始
 -希望者のみオリジナル画角版に交換 AV Watch


このことは、当時、本家サイトのメインBBSに
書き込みをした記憶がありますが、
検索しても出て来ないところをみますと、
BBSの完全閉鎖の際にこちらのBLOGには
転載していなかったようです。
確か僕はあえて交換しなかった気がします。
また、このバージョン以降に発売された
三部作のDVD-BOXは購入しておりません。


ついでに1993年に発売された三部作LD-BOXも
ご紹介しておきましょう。
当時で定価:税抜15,000円でした。(苦笑)



























他にもバラで買った三部作の国内LDと米国LDが
棚にあるはずなんですが、BOXと違って
探すのが大変なので割愛しますw。


久々に1作目全部を観て、
そのあと新しい特典映像の一部と、
2作目と3作目のイイトコだけをつまみ食いしましたが、
ほとんど古びた感じがしないのには驚きました。
この三部作における脚本と編集、音楽の見事さは、
今観ても素晴らしい!のひと言です。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/04 15:55 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(3)
UK盤イイですね。
TV放送版吹き替え目当てで国内盤買ったのに・・・(泣)
2まで見ましたが、面白いですよね。
もう25年前ですか、当時小学1年生だった私は日曜洋画劇場で見ました。
吹き替えロッシーなのが残念です。
[ 2010/11/05 00:49 ] [ 編集 ]
> UK盤イイですね。
> TV放送版吹き替え目当てで国内盤買ったのに・・・(泣)

英国盤にはTV放送版日本語吹き替えが未収録だという
事前の情報でもあったのでしょうか?
僕は字幕が付いていればいいと思って予約したんですがw。

> 吹き替えロッシーなのが残念です。

しかし、もともとがアナログ地上波放送用の素材ですからねぇ。
音質的には元から期待できないと思いますよ。

本文に書こうと思っていて忘れたのですが、
マーティがタイムトラベルに持って行く
ビクターの世界初、世界最小のVHS-Cカムコーダー
「GR-C1」が懐かしかったです。
あれ、ソニーのベータマックス・カムコーダーに対抗して
VHSを開発したビクターが発売した新規格のビデオカメラで
映画が大ヒットしたこともあり、結構売れたんですよねぇ。
でもそのあと、ソニーが更に小型な8ミリビデオ規格を開発して
すっかり廃れてしまったのですが・・・。(苦笑)
「VHS-C」(CはCompactのC)なんて規格、
すでに覚えている人のほうが少ないかもしれませんねw。
[ 2010/11/06 16:50 ] [ 編集 ]
でもどこがどう違うのか、なんて全然確認して
おりません(爆)

あとVHS-Cには、そういう裏話があったんですか。

当時(一時期)は結構売れてた規格の印象があり
ましたが。
それじゃビクターにとっちゃ「バック・トゥ・
ザ・フューチュア」様々だったでしょうね(^^;
[ 2010/11/13 22:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。