「VPL-VW60」のランプ交換 Cinema Kingdom Blog

「VPL-VW60」のランプ交換 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
HOME > スポンサー広告 > 「VPL-VW60」のランプ交換HOME > ホームシアター > 「VPL-VW60」のランプ交換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「VPL-VW60」のランプ交換

愛用するプロジェクター「VPL-VW60」の
駆動時間が2,500時間を過ぎた頃から
起動時に「ランプ/フィルターを交換して
下さい」と表示されるようになりました。
そこで3月末に交換用ランプ、「LMP-H200」
を注文しました。
需要の少なさから取り寄せになるのは
分かっていたので、早めに注文したのです。
その後、しばらく待たされて、
ランプが到着したのは4月8日でした。



SONY 交換用プロジェクターランプ LMP-H200

それ以来、ランプが切れたら交換するつもりで
使い続けて来ましたが、気付いたら半年以上も
経ってしまいました。
ランプの駆動時間はすでに3,450時間を過ぎ、
さすがに画面が暗くなっています。
今までは本体と「DVDO Edge」の各種画質調整
(主に本体の色温度の手動調整と「DVDO Edge」の
コントラストと明るさ調整)で補って来ましたが、
どちらにせよ、もうそれほど持たないでしょうし、
それならばと、とうとう交換することにしました。



本体をラックから取り出してひっくり返し、
まずは簡単に取り外せるフィルター用のフタを
外して、フィルター部分を取り出しました。
古いフィルターは埃でかなり汚れていました。(苦笑)
スポンジ製なので洗えば再利用出来そうでしたが
素直にランプに付属していた新品と交換しました。



次にいよいよランプの交換です。





フタのネジを外して、内側の三箇所のネジも
外そうとしましたが、そのうちの二箇所に
手持ちの電動ドライバーの先が届きません。



他のドライバーを捜しましたが、あいにく、
電動ドライバーを買った時にあらかた処分
してしまった事もあり、マイナスのドライバー
しか見付かりませんでした。
仕方がないので、わざわざダイソーに出掛けて、
プラスのドライバーを買って来ました。



ネジを外すして取っ手を引っ張ると
ランプは意外と簡単に取り出せました。
内部を覗くと、投射窓に水銀ランプの色補正用の
赤っぽいフィルターが見えます。



新しいランプをセットしてネジで留め、
フタをして「VW60」を元の棚に設置し直しました。

早速、灯を入れ、それ以来、2日間、
点けっぱなしにして様子をみています。
当然ですが、ピークが明るくなって、
コントラスト比が高くなったので、
すべてのプリセットを再調整する必要が
ありました。
明るく鮮明になった代わりに
ノイズと黒浮きが目立つようになったから
ですが、画質調整とガンマ選択で
どうにか高いコントラスト感は保ったまま
黒を沈めることが出来ています。
数世代前の型落ちモデルではありますが
HDMIで繋いだ1080/24p映像のみで評価すれば、
「VPL-VW60」はいまだになかなか良く出来た
プロジェクタだと思いますw。
見た目の色数が多く、リッチな色調が楽しめますし、
シャープで精細度の高い映像もいい感じですw。

この二日間で録画していた番組と映画数本と
先月と今月届いたBDを何本かを観ました。
(点けっぱなしで寝ていた時間も多いですがw)
ただ、その話はまたの機会にします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/17 11:41 ] ホームシアター | TB(0) | CM(4)
私は、いまだに、ランプ交換したことは無いんです(汗)
そんなに観ていない証拠ですね。。。。

今回こそは、ランプ交換を何度かするまで、使ってやろうと思っております。
映画を見るというより、テレビ番組を見ていることが多いですが、それでも、以前よりはプロジェクターを使う癖はついてきました。

VW60も、まだまだ、使ってあげないといけないですよね。
わたしも、まだまだ、HD350を使うつもりであります。
でも、今回エプソンとかも良いのを出してきたみたいですし。。。。
って、ローンもまだまだ、ありますから、買い換えられませ~~~~ん(汗)
[ 2010/10/17 20:39 ] [ 編集 ]
確かに新製品が出る度に気にはなりますが、
HD350やVW60あたりまで来れば、
大枚はたいて買い換えても素人にも明らかなほどの
違いが出なければアフォらしいと思います。
マニアの自己満足の範疇程度の差しかないのに
踊らされるのは非常にシャクですからね。(苦笑)

新製品は漆黒が出ると云っても、すでにフィルムが持つ
コントラスト比や黒さ以上のスペックになっており、
少なくとも映画を楽しむ上ではオーバースペック
なのではないかと思えてなりません。
映画の黒は多少黒浮きして見えるくらいが正解で、
漆黒なんかには見えませんからw。
映画で大切なのは、黒がどれだけ黒いかと云うことより
暗部の階調表現の豊かさのほうでしょう。
まあ、ビデオカメラ主体のソースが多いなら
話は違うかもしれませんけどね。

と頭ではわかっているのですが、
新製品が出る度に欲しくなるのも事実なんですけどね。(爆)

まあ、ヤセ我慢でもいいじゃないですか!
新製品が出る度に買い換えると云うのも良いですが、
まずは、手持ちの機材の実力を十分に味わい尽くす
というのも、ある意味、正しい選択でしょう。
[ 2010/10/18 06:51 ] [ 編集 ]
はじめまして、質問なんですが、ランプ交換時期になるとただ暗くなるだけじゃなく色が崩れたりしますか?
[ 2013/05/31 12:55 ] [ 編集 ]
もっと具体的に書いていただかないとよく分かりませんが、
映像の一部に変な色が付いたりすることはありません。
それは「色むら」と呼ばれる不具合で、ランプとは無関係です。
ただ、多少暗く(見た目のコントラストが悪くなる)はなるので
その影響で色の階調が単調に見えるなどの影響はあるかもしれません。
特に暗部の階調性は悪くなるので濁って見えたりするかもしれません。

[ 2013/06/01 16:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。