訃報、相次ぐ Cinema Kingdom Blog

訃報、相次ぐ Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 訃報、相次ぐHOME > 映画 > 訃報、相次ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

訃報、相次ぐ

米俳優トニー・カーティス氏死去=代表作に「お熱いのがお好き」
 【ワシントン時事】米国の往年の名俳優トニー・カーティス氏が29日夜、心不全のためネバダ州ラスベガスの自宅で死去した。85歳だった。米メディアが一斉に報じた。
 カーティス氏は本名バーナード・シュワルツ。1925年、ハンガリー系ユダヤ人移民の子としてニューヨーク・ブロンクスに生まれた。海軍除隊後、48年に映画デビュー。甘いマスクの二枚目スターとして人気を博し、100本以上の映画に出演した。
 伝説的な女優マリリン・モンローと共演した「お熱いのがお好き」(59年)や、「成功の甘き香り」(57年)が代表作。「手錠のままの脱獄」(58年)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

妻(当時)のジャネット・リーと

トニー・カーティス - Wikipedia

トニー・カーティスと云えば、やはり、
「お熱いのがお好き」が一番印象に残っております。
「お熱いのがお好き」はビリー・ワイルダー監督と
マリリン・モンローの代表作でもありますね。
2009年に出版されたカーティスの自伝によると
当時、モンローと肉体関係を持ったと不倫の告白を
しているそうです。

「手錠のままの脱獄」も良い映画でしたが、
トニー・カーティスと共にシドニー・ポワチエも
アカデミー主演男優賞にノミネートされたように、
どちらかというとあれはポワチエの映画かもしれません。
また、「手錠のままの脱獄」は、高倉健の人気を
不動のものにした、石井輝男監督の「網走番外地」
のベースになった作品としても有名ですね。


米映画監督のアーサー・ペン氏死去
 アーサー・ペン氏(米映画監督)28日、ニューヨーク市マンハッタンの自宅で、うっ血性心不全で死去、88歳。米紙ニューヨーク・タイムズなどが報じた。
 フィラデルフィア出身。50年代にテレビドラマの制作を始めた。実在の銀行強盗を扱った映画「俺たちに明日はない」(67年)はセックスや暴力を過激に描いてアメリカン・ニューシネマの先駆的作品とされ、その後の映画界に大きな影響を与えた。
 ブロードウェー・ミュージカル「奇跡の人」でトニー賞を受賞。60年には、ニクソン氏と大統領選で争ったジョン・F・ケネディ氏にテレビ討論会でカメラを直接見据えて語るようアドバイスし、ケネディ氏の好印象を有権者に植え付ける一助となった。(
アーサー・ペン - Wikipedia

アーサー・ペン監督の代表作と云えば、
「俺たちに明日はない」でしょうね。
また、映画化後、日本でも何度も舞台化された
「奇跡の人(ヘレン・ケラー物語)」や、
ダスティン・ホフマン主演の異色西部劇
「小さな巨人」も非常に印象に残っています。
余談ですが、白人ながらインディアンに育てられた
男の数奇な人生を描いた「小さな巨人」で、
ホフマンに121歳の老けメイクを施したのが
特殊メイクの巨人、ディック・スミスでした。
スミスが考案したこの老けメイクの手法は、
今では特殊メイクの基本的な手法となっています。


女優 池内淳子さん 死去
 和服の似合う美人女優として妖艶(ようえん)な役から庶民的な役まで幅広く演じ、ドラマや映画、舞台で活躍した池内淳子さんが、10年9月26日午後4時21分、肺腺がんのため東京都内の病院で死去した。76歳だった。
 百貨店勤務を経て、新東宝に。「東海道四谷怪談」などに出演した後、東宝に移籍した。「けものみち」や「喜劇駅前」シリーズなどで活躍する一方で、テレビドラマにも進出。「日日の背信」や「女と味噌汁」が高視聴率を上げ、人気女優としての地位を確立、「20%女優」の異名も取った。1969年の「天と地と」では舞台にも進出、「三婆」「女たちの忠臣蔵」などの作品で円熟した演技を披露した。ほかの主な出演作に、映画「男はつらいよ 寅次郎恋歌」、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などがある。(1965年撮影)
池内淳子 - Wikipedia

池内淳子さんと云えば、映画女優出身ではあるものの
圧倒的にテレビでの演技が印象に残っております。
和服が似合う女優さんでした。


心よりご冥福をお祈り致します。合掌・・・。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/02 07:20 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。