KEF、新Qシリーズを発売 Cinema Kingdom Blog

KEF、新Qシリーズを発売 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > KEF、新Qシリーズを発売HOME > ホームシアター > KEF、新Qシリーズを発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

KEF、新Qシリーズを発売

本日発売の『HiVi』10月号の記事で
僕も愛用する英国のスピーカーメーカー「KEF」が
現行の「iQ」シリーズからデザインを一新した
新「Q」シリーズを発表したことを知りました。



KEF All New Q Series
KEF、スピーカー「iQシリーズ」をリニューアルした
 「Qシリーズ」を発売 - 最新UniQを搭載 - Phile-web


===================

新UniQのトゥイータードライバーは、口径を従来の19mmから25mmへと拡大。スティフンド・アルミドームダイアフラム構造を採用したことに加え、ダイアフラムの背面は空気のプレッシャーを逃すベンテッド構造とした。
低音部のボイスコイルも口径を従来の35mmから50mmへと拡大したものを採用。また、コーンも従来のポリプピレンから、軽くて高硬性のあるアルミ製のものに変更した。さらに、新開発のZ-フレックスエッジを採用し、より充実した低音部のダイナミックレンジを実現したとしている。
また、キャビネットの要請も従来比で約30%拡大。新UniQドライバーとの組み合わせにより、低域再生能力を向上させている。
フロアスタンディング型には、新開発のアルミコーンを使用したLFドライバーにドローン・コーン「ABR(Auxiliary Bass Radiator)」を採用し、ポートによる共振や風きり音を解消している。
カラーバリエーションはイングリッシュ・チェリー、ブラック・オーク、ヨーロピアン・ウォールナットの3色を用意。そのほか、ターミナル部はバイワイヤ対応で、金メッキ加工を施している。

■発売モデル一覧
 形式 型名 標準価格(税込)
ブックシェルフタイプ Q100 57,750円(ペア)
ブックシェルフタイプ Q300 69,300円(ペア)
フロアータイプ Q500 116,550円(ペア)
フロアータイプ Q700 161,700円(ペア)
フロアータイプ Q900 207,900円(ペア)
センタースピーカー Q200C 47,250円(1本)
センタースピーカー Q600C 70,350円(1本)
ダイポールスピーカー Q800ds 99,225円(ペア)
パワード・サブウーファー Q400b 71,400円(1本)


■主な仕様(Q900)
周波数特性:±3dB 32Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 1.8KHz
推奨アンプ出力 15-200W
能率(2.83V/1m) 91dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 1060×244×322mm
外形寸法(スタンド含む) 1107×359×222mm
重量 22.1Kg(1台)

■主な仕様(Q700)
周波数特性:±3dB 36Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 2.5KHz
推奨アンプ出力 15-150W
能率(2.83V/1m) 89dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 920×210×302mm
外形寸法(スタンド含む) 967×325×312mm
重量 17.2Kg(1台)

■主な仕様(Q500)
周波数特性:±3dB 40Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 2.5KHz
推奨アンプ出力 15-130W
能率(2.83V/1m) 87dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 870×180×272mm
外形寸法(スタンド含む) 917×295×312mm
重量 15.0Kg(1台)

■主な仕様(Q300)
周波数特性:±3dB 42Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 2.5KHz
推奨アンプ出力 15-120W
能率(2.83V/1m) 87dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 355×210×302mm
重量 7.7Kg(1台)

■主な仕様(Q100)
周波数特性:±3dB 49Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 2.5KHz
推奨アンプ出力 15-100W
能率(2.83V/1m) 86dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 300×180×272mm
重量 5.9Kg(1台)

■主な仕様(Q600C)
周波数特性:±3dB 45Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 500Hz、2.5KHz
推奨アンプ出力 15-150W
能率(2.83V/1m) 87dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 210×629×302mm
重量 14.1Kg(1台)

■主な仕様(Q200C)
周波数特性:±3dB 50Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 500Hz、2.8KHz
推奨アンプ出力 15-130W
能率(2.83V/1m) 85dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 180×525×260mm
重量 11.0Kg(1台)

■主な仕様(Q800DS)
周波数特性:±3dB 100Hz~40KHz
クロスオーバー周波数 300Hz、2.5KHz
推奨アンプ出力 15-100W
能率(2.83V/1m) 85dB
インピーダンス 8Ω
外形寸法(H×W×D) 180×348×180mm
重量 7.4Kg(1台)

■主な仕様(Q400B)
周波数特性:±3dB 28Hz~140Hz
内蔵アンプ出力 200W
ローパスフィルター 40Hz-140Hz可変
入力端子 RCAアンパランス
電源 AC100V、50/60Hz
外形寸法(H×W×D) 335×330×330mm
重量 13.6Kg

====================

7月初旬に「iQ60c」を衝動買いし、8月初旬に
製作期間2週間のオリジナルスタンド「SPY-CE70」が
到着して、やっと設置が済んだと思ったら、
9月中旬に新製品のニュースですよ。(苦笑)

センターSP「KEF iQ60c」を衝動買い Cinema Kingdom Blog
「KEF iQ60c」設置完了 Cinema Kingdom Blog
「KEF iQ60c」用スタンド「SPY-CE70」 Cinema Kingdom Blog

はじめて「Q」シリーズを買った時も
数ヵ月後に初代「iQ」シリーズ発売の発表があって、
ちょっと悔しかったんですよねぇw。

後継モデルの「Q600C」は、価格は「iQ60c」と
ほぼ同じでありながら、SP口径が大きくなった事も
あってか、一回りサイズがUPして、重量も1.5倍位
重くなっていますね。

ただ、この新しいデザインはどうなんでしょう???
僕は驚くと同時に、かなりガッカリもしました。


KEFの旧Qシリーズや新旧のiQシリーズを愛用している
皆さんは、音質、コストパフォーマンスのほかに、
あの優美な曲線で構成された独特なデザインを
気に入って購入した人も多いと思います。
それなのに、この、とても「Qシリーズ」とは思えない、
ありきたりで凡庸なデザインはどうです!?
アルミ系のコーンは投射時に反射しそうですし、
例え音が良くなっているとしても、こんなQシリーズなら
正直、僕は要りませんよ。

ホームシアターを趣味としている方の中には
AV機器がなるべく視野に入らないように、
スピーカー類でしたら壁に埋め込んだり、
家具や棚の中に目立たないように収納したりして、
隠す方向で設置する人もおられますが、
画や音を出していない時にも
AV機器をわざわざ目に入るようにw設置して
その姿形を愛でるように楽しんでおられる方も
大勢いらっしゃいます。

設置からひと月半になりますが、
何気に「iQ60c」と「SPY-CE70」のコンビに目をやる度に、
僕はいまだにニヤニヤしてしまいます。(笑)
この「iQ60c」が「Q600C」だったら、
きっとこんなにはニヤケられないでしょうw。
フロントの「Q5」とも見た目がマッチしませんしね。


スピーカーのデザインが自分の好みに合っているか
どうかはというのは、ホームシアターを楽しむ上で
結構、大切な要素だと思います。
極論すれば、スピーカーに限らず、もしもAV機器の
機種選考で悩んだら、「どちらが、より好みのデザインか?」
という基準で選べば、ほぼ間違いはないし後悔もしない!
…というような気すら致しますw。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/17 12:30 ] ホームシアター | TB(0) | CM(4)
KEFの新Qシリーズ、カッコ悪くなりましたね・・・
私もKEFのQシリーズと言えば、あの曲線美だと思います。

でも、私が使用しているSPはVICTORのZEROシリーズ(勿論、中古ですw)
LRがZERO5Fineで、CがZERO POINT5デス。
サラウンド・サラウンドバックはWharfedaleのDiamond10.1ですけど。

SONY好きがバレてますので、本当はSS-G7が良いんですがw
[ 2010/09/17 23:44 ] [ 編集 ]
徐々に明らかになって来ましたねw。

検索してみましたら「VICTOR Zero-5 Fine」は
79年頃に発売された3ウェイSPだそうですね。
http://page.freett.com/knisi/zero-5.htm

この頃はスピーカーを作っていた国内メーカーが多く、
CP合戦で、重くてデカい上に、かなり完成度の高い
3ウェイSPが、定価一本6万前後で発売されていましたものね。
今ではこの頃にシノギを削っていた国内メーカーのほとんどが
スピーカー部門から撤退してしまいましたが・・・。

スピーカーは、内部配線やエッジの交換などのメンテを欠かさなければ
何十年も使い込めますから、CPが高いですよね。
[ 2010/09/18 09:10 ] [ 編集 ]
うわ~~~~、本当ですね。
格好悪くなってしまいましたですね。

ここまで、ラインを変えなくても、なんて思ってしまうのですが。
これだったら、ダントツIQシリーズですね。
買えませんが。

また、4.1ch分、ありがたく頂くことになったので、楽しみが増えました(笑)
[ 2010/09/18 11:03 ] [ 編集 ]
もはや「KEF」のスピーカーには見えませんよね。

それはともかく、
お誕生日と御結婚記念日、おめでとうございます!

Gショックに、噂のパナ製家具調マッサージチェア
を記念に購入されて、その上、4.1Ch分のスピーカーも
近々、手に入れられるのですか!?
羨まし限りでありますねぇ。

[ 2010/09/18 19:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。