沖縄 阿嘉島への旅 (その一) Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

沖縄 阿嘉島への旅 (その一) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
HOME > 旅行・聖地巡礼 > 沖縄 阿嘉島への旅 (その一)

沖縄 阿嘉島への旅 (その一)

本家サイトの更新や掲示板へのレス、
それに公私共にちょっと忙しかったので、
前回から10日あまりも書き込めませんでした。

さて、7月5日(火)から7日(木)の二泊三日で行って来た
沖縄旅行について、ちょっと書き残しておこうかと思います。
いつものように長文ですが、よろしかったらお付き合い下さい。



那覇への往復航空券と初日一泊分のホテル代込みで
約3万4千円という格安ツアーをネットで見付け、
ふたり分の予約を申し込んだのが5月末でした。
予約は無事受理され、料金の振り込みも済ませましたが
そのまま出発の一週間前まで何の音沙汰もありませんでした。

その間に、那覇空港近くのレンタカー会社に
初日に使う予定の車の予約をメールで済ませ、
ケラマ諸島・座間味に向かう高速船の往復の予約と
座間味島の向かいにある、阿嘉島の民宿への予約を
電話で済ませました。


あまりに連絡がないのでさすがにちょっと不安になった頃に、
旅行代理店からやっと封筒が届きました。
ホッとしたのもつかの間、開封してみると
数枚の案内書があるだけで、飛行機のチケットも
宿泊クーポンも入っていません。

「おいおい」と思いつつ、よく読んでみると、
最近は航空券もチケットレスでチェックイン出来るらしく
当日の出発15分前までに自動チェックイン機に
案内書に記載されている「受取番号」を入力して下さい、
とありました。
また、ホテルにしても特にクーポンの提示などは必要ない
とのことでした。
でも、これって、便利なようでいて、旅行当日まで
多少の不安が残ったままになる手順であります。(苦笑)

出発当日、連れと駅で落ち合い、羽田空港へ。
飛行機は羽田発11:55分の「ANA127便」でしたが、
出発の一時間前までには空港に到着して
ゆっくり昼食が取れるようにと、余裕をみて出掛けました。


浜松町でモノレールに乗り換える際に
自動チェックイン機でチケットを発券することにしました。
ちょっとドキドキしながら案内書の「受取番号」を入力すると
無事、二人分の往復チケットが出て来ました。
これで安心して空港に向かうことが出来ます。(笑)


羽田空港は、昨年末に全日空とAir Do、
国際便が使用する第二ターミナルが完成し、
東京モノレールも今までひとつだった「羽田空港駅」が
主に日航の乗客が利用する「羽田空港第1ビル駅」と、
新設の「羽田空港第2ビル駅」に二分されました。
僕等が乗るのは全日空機でしたので、
終点の「羽田空港第2ビル駅」で下りました。

はじめて見る第二ターミナルの内部は、一見、
今までの第一ターミナルとほとんど変わらない印象でしたが
昼食を取ろうと構内をウロウロしてみると、
大きな吹き抜けはあるは、サービスカウンターのホールには
中二階構造の店舗スペースがあったりして、実は
かなり違っていました。
第一ターミナルと比較すると全体的に把握しやすい構造
なので、出発するのも、食事をするのも、買い物するのも、
かなり快適になったような気がします。
とは云え、日本航空を利用する際は、いやでも第一ビル
になってしまうのですが…。(苦笑)


「ANA127便」は定刻通りに出発し、
二時間半後の14:25に那覇空港に到着しました。

沖縄本島はほぼ10年ぶりになります。
それより以前の数年間は、決まった友人達と一緒に、
年に二、三度は泳ぎに来るほどの沖縄好きでした。
行けば、三泊四日、四泊五日するのが常でした。

しかし、それぞれの仕事が忙しくなり、
次々と結婚、家庭を持つようになると、
近場はともかく、一緒に二泊以上の長旅をするのは
なかなか困難な状況になってしまいました。

僕はいまだに気楽な一人身ですから
沖縄に行こうと思えばいつでもOKだったんですが
いい歳をしての一人旅は気が進みませんでしたし(苦笑)、
ここ数年はオフ会がらみで、連休が取れると関西方面
に向かうことがほとんどでしたので、実質的に
その機会もなかったのです。

でも今年の春辺りから、
そろそろまた沖縄の海でシュノーケリングをしてみたいと
切実に考えるようになりました。
グズグズしているうちに万が一、大病でもすれば、
もう二度とあの「美(ちゅ)ら海」に
潜れなくなるかもしれません。
(僕もそんなことを考える年齢になっているのですw)

そこで今年の夏は、例え一人旅になっても
絶対に慶良間に行こうと決心しました。

かつて那覇で乗ったタクシーの気の良い運転手さんに
「沖縄のベストシーズンはいつ頃ですか?」と
聞いたことがあります。
その時の運転手さんの答えが「7月の始め」でした。
「梅雨が終わって、晴天が続くし、台風もまず来ない。
 その上、夏休み前だからまだ観光客も少なくて、
 どこも空いている」というのがその理由でした。
この言葉がずっと頭に残っていたので、
今度沖縄に行くことがあったら、出発は7月の第一週にしよう
と思っていました。

その後、幸い、同行してくれる連れが見付かって、
寂しい一人旅という事態は免れることが出来ました。(笑)


こうして念願の那覇に着いてみると、
空港ビルはすっかり新しく立派になり、
当時は影も形もなかった「ゆいレール
まで走っています。いやはや「10年ひと昔」です。



ケラマ諸島、座間味村・阿嘉島の北浜(ニシハマ)ビーチ


まだやっと那覇に着いたばかりの箇所ですが、
すでにかなり長くなってしまったので、
続きは明日以降にさせていただきたいと思います。(汗)
すみません。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/07/19 12:35 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する