東芝が裸眼で見られる3Dテレビを年内発売 Cinema Kingdom Blog

東芝が裸眼で見られる3Dテレビを年内発売 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
HOME > スポンサー広告 > 東芝が裸眼で見られる3Dテレビを年内発売HOME > ホームシアター > 東芝が裸眼で見られる3Dテレビを年内発売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東芝が裸眼で見られる3Dテレビを年内発売

本日8月24日付の読売新聞の記事によりますと、
東芝が裸眼のままで見られる3Dテレビを
年内に発売するそうです。

==========================
東芝、メガネ不要の3Dテレビ年内に発売へ

 東芝は23日、立体(3D)映像を裸眼で見られるテレビを世界で初めて年内に発売する方針を明らかにした。
 これまで電機各社が発売した3Dテレビはいずれも専用のメガネが必要だったが、東芝が裸眼3Dテレビを投入することで、市場が活性化しそうだ。
 発売するのは、画面サイズ21型を中心に3タイプ。年末商戦に向け、準備を進めており、価格は数十万円になるとみられる。
 これまでの3Dテレビは、左目用と右目用の二つの映像を高速で連続して表示することで、見る人の脳内で立体的な映像を再現させていた。専用のメガネを使って、右目用の映像が映る時は左目が見えず、左目用が映る時は右目が見えなくなり、物の奥行きを感じる仕組みだ。
 東芝が開発した「インテグラルイメージング方式(光線再生方式)」は、角度が異なる多数の光を出すことで、専用のメガネがなくても、脳内で立体的な映像を再現することができるようにした。見る人が位置を変えても立体的な映像を楽しめ、画像も自然で目が疲れにくいという。
 精細度が低くなったり、動きが激しい映像を再現しにくくなったりする裸眼3D映像の弱点を克服するため、高精細なパネルを使用する。3D対応の映像なら、ハイビジョン映像を含め、すべて再生できる。
 3Dテレビはパナソニックが今春から発売を始め、国内電機各社が次々と投入している。電機各社は今年を「3Dテレビ元年」と位置づけ、新たな主力商品として期待していたが、専用のメガネが必要となることなどから、売れ行きは伸び悩んでいた。調査会社GfKジャパンによると、8月9~15日の全薄型テレビの販売額に占めるシェア(占有率)は2・3%にとどまる。

(2010年8月24日 読売新聞)
==========================

なかなかに「未来は今」な内容ですね。
「見る人が位置を変えても立体的な映像を楽しめ」
ということは見る角度に強いという意味でしょうから
斜めから見ても、寝転がって見ても、立体になる
ということなのでしょうね。

家庭でテレビを見るのに正面に座って見なければ
ならないとか、専用メガネを付けなくてはいけない、
なんてのは、ナンセンス以外の何者でもありませんからねぇ。
映画館では許される事も、生活の中でそんな制約があったら
一般層には絶対、普及しませんよ。
方式がアナログからデジタルになったって、
ながら見したり、寝転がって見られないテレビなんて
テレビじゃありませんから。

ただ、21型中心の3モデルというラインナップが、
よく分かりませんね。
立体テレビと云えば、42型以上の大画面TVが主流。
それなのに21型中心となると、フルハイビジョン
に「対応」とは云うものの、実際の表示解像度は
720p程度なのかもしれませんね。
また、21型でも高額になるので、大型化が難しい、
ということなのかもしれません。
まあ、詳しい事は発売直前にならないと分かりません
ので、今は勝手な想像しか出来ませんが・・・。

個人的には、コンテンツもないのに高額で、
肝心の立体感にしてもまだまだ書き割りの印象が強い上に
健康や幼児の脳の発育に対する悪影響も懸念される3Dテレビ
なんて、まだしばらくは要らないと思っていましたが、
しかしまあ、裸眼の3Dテレビが販売されるという
流れ自体は歓迎すべきことなのでしょう。(苦笑)
早々と専用メガネ付3Dテレビを買ってしまったマニアさん達には
ちょっと気の毒なニュースかもしれませんけどねw。


話は変わりますが、予約していた
25日発売の「タイタンの戦い」が先ほど届きました。

タイタンの戦い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
映画『タイタンの戦い』オフィシャルサイト

今月に入ってからだと思いますが、
amazonの予約ソフトの発送日が、発売日前々日になり、
一般ショップの店頭販売の場合と同じように、
発売日前日の午後には入手出来るようになった
みたいですね。
(首都圏にお住まいの方だけかもしれませんが・・・)
ますます便利になり、良いことだと思います♪


※25日追記※

この記事に対して早速東芝からコメントが出ています。

東芝、「裸眼3Dテレビ年内発売」報道にコメント -AV Watch

今回記事になったこの21型の裸眼3Dテレビ
ってのは、今年の4月末に東芝モバイルディスプレイが
米国シアトルで5月末開催される「SID 2010」で
展示すると発表した、これ(↓)が原型のようです。

東芝モバイルディスプレイ株式会社 2010.4.27
 21型裸眼式高精細立体表示ディスプレイの開発
 - 眼鏡なしで臨場感のある立体映像を表示 -

東芝、「見えない部分が見える」3Dディスプレイを開発 -AV Watch

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/08/24 14:02 ] ホームシアター | TB(0) | CM(6)
東芝さんではなく、ソニーさんからの発表だと嬉しかったのですが・・・
[ 2010/08/24 17:31 ] [ 編集 ]
そちらのブログの記事
「『 東芝 裸眼視対応3Dテレビ年内発売? 』」と
「『 裸眼3D対応テレビの足音! 』」を
読まさせていただきました。

ちょっと一部、事実誤認があるようなので
老婆心でご注意させていただきます。

まず、専用メガネをかけて見る現行の3Dテレビも
今後登場するかもしれない裸眼で見られる3Dテレビも
扱う入力信号自体は同じです。
新たに、裸眼3Dテレビ用の3D規格が生まれる可能性は
限りなくゼロに近いです。
(そんなものが出て来たらまたまた大混乱w)

もし裸眼3Dテレビが発売されるとしたら
パッケージソフトなら、Blu-ray 3D規格で製作された
Blu-ray 3Dソフト(新たに「MVC」という
圧縮率の高いコーデックが採用されているので、
コストの安い通常の2層BDに左右両方の1080/24p映像
を収録出来る。つまりBDの多層化など不要ですし、
この件には無関係)が再生出来るはずですし、
BSやCSですでに放送されている3D放送
(サイド・バイ・サイドと呼ばれる視差のある
2画面を横に並べた方式。ただし解像度は縦横半分
になる。つまりフルハイビジョン放送でも実質は
720p映像)にも対応しているはずです。
これに加え、3Dテレビである以上、PS3用ソフトとして
出る予定の3Dゲームにももちろん対応するでしょう。

互換性のない独自の3D方式による裸眼立体ディスプレイは
既に数社からプロトタイプが発表されていますが、
その手のディスプレイを、いわゆる「3Dテレビ」とは
当然呼べないでしょう。
(読売の記者はこの辺り理解しているんだろうな?w)

ですから
東芝から裸眼3Dテレビが本当に発売されるとしたら
現行のBlu-ray 3D対応のレコーダーやプレイヤー、
ファームアップで3D対応することが決まっているPS3
なども普通に使えるはずです。
逆に、使えないとしたら誰も買いませんw。
要は、フレームシーケンシャル方式でデコードするか、
東芝が新開発したインテグラルイメージング方式
(光線再生方式)でデコードするかの違いになります。


> ソニーさんからの発表だと嬉しかったのですが・・・

現在、こういった海のものとも山のものとも分からない
新技術の開発に積極的にお金を掛けられる社風なのは
東芝くらいじゃないですかね。
もともと映像処理系のICチップの開発は東芝の得意分野ですし。
それに、HD-DVDの例から言っても
トップ自ら失敗を恐れない(客に迷惑を掛けても反省しないw)
チャレンジ精神に満ち溢れている会社ですからねw。(苦笑)

また、ソニーも裸眼3Dの研究はしていますよ。
TVではなく、独自方式による小型ディスプレイですが。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100721_sony_raymodeler/


最後にひと言。
近い将来、東芝から裸眼3Dテレビが出るとしても
解像度が21型のプロトタイプのものと同じ
「1280(横)×800(縦) / WXGA」なのなら
全然欲しくないですね。(爆)

例え裸眼で見られるという利点はあっても
画質が現行の専用メガネを用いる3Dテレビに著しく劣るのなら
端から問題になりません。

また、未来のテレビとして期待されたSEDテレビが
価格競争の面で現行のTVに勝ち目がないからと
開発中止に追い込まれたように、あまりに高額だったら
それもやはり売れない要因になるでしょうね。


[ 2010/08/25 09:12 ] [ 編集 ]
はじめまして。
この記事の件ですが、本田雅一氏もツイッターで呟かれていますが、
TVとして使用するとは決まってない模様です。
また、予定しているのは21と12(4:3)で、画素数も9画素1パックなので解像度は1/9。
当然、HD映像は映らない代物。(9画素1パックなので他社の2画素1パックと互換なし)
はっきり言って、断片的な情報からの飛ばし記事ですよ・・・
[ 2010/08/25 22:46 ] [ 編集 ]
> はっきり言って、断片的な情報からの飛ばし記事ですよ・・・

なるほど、飛ばし記事ですかぁ・・・。
いや、追記でリンクした記事を読んだ時に
「この読売の記者、分かって書いているんだろうな?」
と思ったんですけどねぇw。
だいたい21型ってのが妙ですもんw。

しかし、記事で
「3D対応の映像なら、ハイビジョン映像を含め、すべて再生できる。」
とまで言い切っていますから何らかのリークがあったのだろう
とも思ったのですが・・・。
東芝ってのは裏でリークして、記事になるととりあえず公式には否定、
後にリークされた情報を正式発表、ってパターンを繰り返して来ていますから
あまり信用出来ないwのですが、今回の反応に関しては本音だったのかもしれませんねw。
まあ、どちらにせよ、今年の暮れになればハッキリします。
どうせ今のところテレビの買い換えは考えていませんし、
個人的にはどうでもいいのですが。(爆)


記事をはじめて読んだ時に思ったのは、
裸眼3Dテレビというものがブレイクするとしたら、
去年から今年の春にかけて、エコポイント目当てで
テレビを買い換えた層が次にTVの買い換えを考える、
5年から10年後くらいになるだろうなって事です。
その頃には発売されるほとんど全てのテレビは
フレームシーケンシャル方式の3D再生には
おそらく対応していることでしょう。
その頃になれば3Dコンテンツも豊富でしょうしね。
そこに今よりずっと進化した高性能な裸眼3Dテレビが
発売されたら、かなり売れそうじゃないですか。
テレビの買い換えってのは10年スパンですから、
よほどの事がないと買い換える気にはなりませんからねぇ。
今回の読売の記事が飛ばし記事だったとしても
10年後くらいには裸眼で観られる3Dテレビが登場していて
ほしいものです。


ここからはまったくの余談ですが、
本田雅一さん、ツイッターやっているんですか。
はじめて知りましたw。
でもそんなことやっているより、そろそろ本気で
ダイエットを始めた方がよろしいような気が致しますが。(爆)
僕もけして人に誇れる体型ではありませんが、
本田さんはいくらなんでも太りすぎでしょうw。
若手のAV評論家の中でも人気がある方なんですから
もうちょっと自己管理に気を使って欲しいですねw。




[ 2010/08/26 07:41 ] [ 編集 ]
おはようございます。

本田雅一氏ですが、だいぶ痩せられたみたいですよ。
15kg痩せたから、次は25kg減が目標って呟いてましたから。(笑)
・・・多分、かないまる式ダイエット茶痩身術が効いてきたのでしょう。
[ 2010/08/26 09:52 ] [ 編集 ]
おそらく100キロは越えていますよね。(笑)
でもまあ、ダイエットはされていたんですね。
AV評論家って、まだまだお若いうちに逝ってしまう方が多いですし
その上あの体型では要らぬ心配をしたくなりますw。

なるほど、「かないまる式ダイエット茶痩身術」ですかw。
そういえば、かないまる氏のサイトに記事がありますよね。
僕もやってみようかなw。
[ 2010/08/26 12:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。