ベンキュー、レンズシフト機能付 1080p DLPプロジェクタ「SP890」「W6000」 Cinema Kingdom Blog

ベンキュー、レンズシフト機能付 1080p DLPプロジェクタ「SP890」「W6000」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > ベンキュー、レンズシフト機能付 1080p DLPプロジェクタ「SP890」「W6000」HOME > ホームシアター > ベンキュー、レンズシフト機能付 1080p DLPプロジェクタ「SP890」「W6000」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベンキュー、レンズシフト機能付 1080p DLPプロジェクタ「SP890」「W6000」

6月24日にベンキューから
レンズシフト機能付 1080p DLPプロジェクタ
「SP890」の発表がありました。

======================
ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都文京区、代表執行役社長:マーティン・モーレ、以下 BenQ)は、プロジェクターの新製品として「SP890」を発表いたします。
本製品は、フルHD 1080pの高解像度で、4000ルーメンの高輝度と高コントラスト比50000:1を実現いたしました。また、本体を動かさずに画面の位置を上下125%、左右41%に移動させることが可能なレンズシフト機能の搭載や、音声付きのコンテンツの再生に便利な5W×2スピーカーも内蔵しております。入力端子には汎用性の高いHDMI(V1.3)端子、コンポーネント端子、コンポジット・ビデオ端子やアナログRGB(ミニD-sub15ピン)端子などを搭載し、多数の便利な機能と、豊富な入力端子を備えたフラッグシッププロジェクターとなります。
また、BenQ独自の6色カラーホイールによるカラーマッチングテクノロジーに加え、色彩深度を向上させる、BrilliantColor(TM)、HQV(TM)(Hollywood Quality Video)を採用することで、より忠実な色合いの再現が可能です。



【製品概要】
機種名       :SP890
カラー       :ピアノブラック
発売日       :2010年7月2日
メーカー希望小売価格:オープン価格
店頭想定価格    :298,000円(税込)

■SP890製品情報
http://www.benq.co.jp/products/Projector/?product=1646
======================

やっとレンズシフト付でなおかつ手頃な価格の
フルHD DLPが出るようです。
ズームもフォーカスもレンズシフトもマニュアル操作
ですが、ルックス的にはなかなか良い感じだと
個人的には思います。
価格も発売からしばらく経てば20万を割るのでは
ないかと、勝手wに想像しています。

ただこれ、
カラーホイールの倍速が不明なんです。
人によっては、DLPプロジェクタの仕様で
これが一番重要な要素になるのですから、
仕様表に記載がないのは困りますね。


※7月3日追記※

ベンキューは上記の「SP890」のホームシアター用
モデル「W6000」を7月9日に発売するそうです。


【製品概要】
機種名       :W6000
カラー       :ピアノブラック
発売日       :2010年7月9日
メーカー希望小売価格:オープン価格
店頭想定価格    :298,000円(税込)

■W6000製品情報
http://www.benq.co.jp/products/Projector?product=1546

「W6000」と「SP890」との主な違いは、
輝度が2,500ルーメン(「SP890」は4000ルーメン)
という点と、「SP890」では1系統だったHDMI Ver1.3端子
が2系統装備されている点、エコノミーモード時の運転音が
29dB(「SP890」は33dB)と、より静音性能が高くなって
いる点、などとなっています。

※追記終了※

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/06/25 23:03 ] ホームシアター | TB(0) | CM(2)
DLPのハイエンド機器としては、かなりお安いですね。
しかも、レンズシフトが可能になっているとは。
驚きですね。

よくて、上下でしたから。
倍速は、5倍以上でしょうか。

この間、じっくりHC3800を見てきましたが、やはり、4倍速では、レインボーノイズ見えてしまいました。
字幕だけではなく、ちょっとしたところで、立体的に?見えましたから。
やはり、ダメですね。
D2010を使っていたときも、4倍速にすると途端に見えてしまいましたから。

これで、値段が、20万円前後なら、かなり、お安いですよね。
いいなあ~って、しばらく買い換えることはありませんが。。。。(笑)
[ 2010/06/29 12:00 ] [ 編集 ]
僕もDLPは4倍モデルだと色割れがかなり見えてしまう
たちなので、5倍モデルでないと買う気にはなれない
ですねぇ。

今は反射型液晶モデルの人気が高いですが、
DLPは方式的に3Dに対応しやすいという話ですので、
3D時代のプロジェクタの主役になるのはDLPモデル
なのかもしれません。
どちらにせよ、比較的低価格のDLPフルHDモデルが
かなり出て来たのは良い傾向だと思います。
ただ4倍速モデルばかりなので、そろそろ5倍モデルが
出て来てほしいところですね。
[ 2010/06/29 15:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。