米国盤BD「用心棒」&「椿三十郎」、「ダークシティ」 Cinema Kingdom Blog

米国盤BD「用心棒」&「椿三十郎」、「ダークシティ」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 米国盤BD「用心棒」&「椿三十郎」、「ダークシティ」HOME > DVD、BD、HD DVD > 米国盤BD「用心棒」&「椿三十郎」、「ダークシティ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国盤BD「用心棒」&「椿三十郎」、「ダークシティ」

Yojimbo & Sanjuro (Criterion Collection)



用心棒







痛快娯楽時代劇の代名詞がこの「用心棒」であります。
黒澤プロダクション創設以来、最大のヒットとなった
作品であり、初の黒字になった作品でもあります。
ゲスな話ですが、黒澤監督にとっては
「用心棒」発表後の数年間が最も経済的に恵まれた時期
だったのではないかと思います。

赤城山からの空っ風が吹き荒ぶ
江戸時代の上州の宿場町が舞台という設定なので
題名が被さる山は赤城山だとばかり思っていましたが、
改めてネットで調べてみましたら、三十郎が眺める
冒頭の山や桑畑の道のロケ地は山梨だそうでして、
あの山は南アルプスの「鳳凰三山」なのだそうです。
因みに、「馬目宿」自体は東宝スタジオに隣接する、
オープンセット用の土地に建てられました。



用心棒 - 用心棒 - 楽天ブログ(Blog)

この作品では「羅生門」でも組んだ大映の名カメラマン
宮川一夫をわざわざ東宝に呼んでメインキャメラを任し、
黒澤組の斉藤孝雄をサブカメラマンとして、
全編マルチカメラ方式で撮影しています。
フィックスやアップを撮影しているのは主に宮川氏で
望遠を担当しているのが斉藤氏です。
大御所の宮川一夫がドンとメインに居ると云うことで、
斉藤孝雄は非常識なアングルから狙ったり、
重いカメラをブン回してアングル変更を行ったりと、
かなり自由に遊んで撮った結果、「望遠の画のほうが面白い」
と監督から評価され、結果的には全体の半分以上のカットに
斉藤孝雄が撮った映像が使われました。
この当時、黒澤組に撮影助手で参加していたのが、
宮川一夫が「世界一のピントマン」と賞賛した木村大作
(後に日本を代表をする名カメラマンとなり、昨年、
初の監督作となる「劔岳 点の記」を発表した)です。
当時の望遠レンズはピントが合う範囲が非常に狭く
(被写界深度が非常に浅い)、特に動く被写体に
ピントを合わせ続けるのは至難の業でした。
この作品では、「馬目宿」に入って来た三十郎の脇を
手首を咥えた野良犬が通り抜けるシーンが出て来ますが、
このシーンでピントを送っているのが木村大作です。
BDで観ると、犬が咥えた手首の手のひらの皺まで
ハッキリと映っているのが分かり、実に見事です。

時代劇と云えば殺陣ですが、
この作品では今では当たり前になった、人を斬る音が
はじめて使われました。
また、劇中、三船俊郎演じる三十郎は、
人を斬る時、ひとりにつき必ず二度ずつ斬っています。
これは人は一度斬られただけでは簡単に死なないだろう
という意図からだそうです。


椿三十郎






Yojimbo & Sanjuro (Criterion Collection) [Blu-ray]
 「用心棒」&「椿三十郎」

用心棒 - Wikipedia
椿三十郎 - Wikipedia

「用心棒」に続き、謎の素浪人、三十郎が登場するのが
これまた傑作である「椿三十郎」であります。
この「椿三十郎」については、森田芳光監督版の
リメイクに触れた記事で熱く語ってwおりますので、
こちらでは割愛させていただきますw。

黒澤明作品のDVDに<普及版>
森田芳光版 『椿三十郎』(2007)

そう云えば、角川春樹がリメイク権を獲得した
「用心棒」の製作はどうなったのでしょう???
「椿三十郎」がコケたので中止なのでしょうか?

用心棒 [Blu-ray]用心棒 [Blu-ray]
(2009/12/18)
三船敏郎東野英治郎

商品詳細を見る

椿三十郎 [Blu-ray]椿三十郎 [Blu-ray]
(2009/10/23)
三船敏郎仲代達矢

商品詳細を見る



Dark City (Director's Cut)







Dark City (Director's Cut) [Blu-ray]
 「ダークシティ」

ダークシティ - Wikipedia

「クロウ 飛翔伝説」、「アイ、ロボット」の
アレックス・プロヤス監督の1998年公開の
SFミステリースリラーです。
劇場公開時はコケましたが、ビデオ化されてから
再評価され、今ではカルト化している作品です。
日本では2008年に廉価版DVDが発売済みですが
まだBD化はされていません。
でもこの国内盤のLDやDVDは、かつて東宝からリリース
されていて、めちゃ高かったんですよねぇ…。

ダークシティ [DVD]ダークシティ [DVD]
(2008/05/02)
トレヴァー・ジョーンズ

商品詳細を見る


安ホテルのバスタブで目を覚ました主人公の男は
記憶を失っていることに気付く。
その上、風呂場の床には見知らぬ女の他殺体が…。
この冒頭部分だけを見ますと40年代か50年代を舞台に
したミステリー映画のようですが、その後、どんどん
奇想天外なSF的展開に発展して行きますw。
ネタバレになりますので、内容は伏せますが、
なかなか面白い作品ですよ。
少なくとも$9.99なら買いでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/23 04:05 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。