母なる証明 [Blu-ray]  Cinema Kingdom Blog

母なる証明 [Blu-ray]  Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
HOME > スポンサー広告 > 母なる証明 [Blu-ray] HOME > DVD、BD、HD DVD > 母なる証明 [Blu-ray]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

母なる証明 [Blu-ray]

韓国映画「母なる証明」は、
「殺人の追憶」、「グエムル 漢江の怪物」などで
世界的に知られるポン・ジュノ監督の3年ぶりとなる
長編作品です。









母なる証明 [Blu-ray]
映画「母なる証明」公式サイト

話題になった「グエムル 漢江の怪物」が
個人的にはあまり良いデキとは思えなかったので、
このBDも買おうかどうしようか迷ったのですが、
あまりに評判が良いので買ってみました。
結果的には購入して大正解でした。
大傑作だった「殺人の追憶」には多少及ばないデキ
だと思いましたが、それでも近年のミステリー映画
の中では傑出した作品であると思います。
4月に買った映画の中ではダントツのデキでした。
イケメン俳優を対象とした韓流ブームも
一段落した感がありますが、韓国では現在も
若い監督やスタッフを中心に、非常に作家性の高い、
優れた作品が作られていて素晴らしいと思います。
政府がバックアップしている点も羨ましいですが、
テレビ局と広告代理店が主導・企画した、
愚にもつかない娯楽作品かお涙頂戴映画ばかり量産
している日本の映画人とは、志の高さが違いますね。
作家性が高いのに、同時に高い娯楽性も兼ね備えた
作品が多いのが、韓国映画の凄さだと思います。
日本映画も50年代中期から60年代中期までの黄金期
には、そんな監督さんや作品が多かったんですけどね…。

今や日韓では、家電メーカーの売り上げや
サッカーの代表チームの実力だけでなく、
映画産業自体もかなり差が付いてしまった感があり
寂しい限りです。
例えば、僕は一時期、韓国盤のDVDも個人輸入して
いましたが、邦画の国内盤のDVDやBDの画質・音質・
映像特典の内容と、韓国映画の韓国盤のそれを比較
しますと、多くの場合、韓国盤の方が勝っていました。
特に、映像特典の内容、ボリュームに関しては
ハリウッド映画も顔負けで、超大作や大ヒット作に
なればなるほど、詳細なメイキング映像や音声解説、
監督やキャストへのインタビュー映像などが長時間
収録されており、満足度が高いソフトが多かった
印象があります。
このBDの映像特典もかなり満腹感がありました。

まだまだお若いポン・ジュノ監督は、
韓国の黒澤明になれる才能をお持ちだと思いますので、
今後も良い作品をどんどん発表してもらいたいものです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/18 18:53 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。