BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray] (通常版) Cinema Kingdom Blog

BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray] (通常版) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray] (通常版)HOME > DVD、BD、HD DVD > BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray] (通常版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray] (通常版)

「BALLAD 名もなき恋のうた」は、
原恵一監督・脚本による
クレヨンしんちゃんの劇場用アニメとして
「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」と共に
傑作として知られる「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」
を原案に、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの
山崎貴監督が脚色実写化した時代劇ファンタジーです。
いつもの通り、山崎監督は演出と脚本とVFXを
担当しています。







BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray] (通常版)
BALLAD 名もなき恋のうた
BALLAD 名もなき恋のうた - Wikipedia

「BALLAD 名もなき恋のうた」のBDは
僕が買った「通常版」(定価¥4,935)以外に
初回限定生産の「スペシャル・コレクターズ・
エディション [Blu-ray]
」(定価¥8,190)も
リリースされました。
ただ、どうせたいしたデキではないだろうとw
安い通常版の方を買ったのですが、
その判断は正解だったようですw。


この作品には当然ですが
クレヨンしんちゃんは登場しません。
主役は、アニメ版では脇役に過ぎなかった侍大将
(草剛)とお姫様(新垣結衣)になっています。
事前の想像通りw、突っ込みどころ満載な
ストーリー展開で、とくにクライマックスは
いろいろと無理がありすぎてかなりキツかったですw。

アニメ版は戦国時代の合戦シーンの時代考証が
非常に正確だと話題になりましたが、実写版の方は
子供だましな時代劇モドキに終始していました。
SF的要素が強いストーリーだとしても
時代物経験のない監督が、脚本も書いて
時代物を撮るってのはかなりの冒険で、
ほとんどは失敗作、駄作で終わっている気がします。

まず、原案のクレヨンしんちゃんを
「意気地なしの小学3年生の真一」に設定変更
していますが、これが最大の失敗だったと思います。
子供が狂言回しですので、自ずと子供やファミリーが
安心して観られる内容に納めねばならず、その弊害で
戦国時代の時代設定や侍と姫様の秘められた恋の描写に
リアリティがまったく無くなってしまいましたし、
原作通りにわざわざラストに合戦シーンを持って来ながら
血生臭いシーンがほとんど皆無なのです。
あの合戦シーンのクレーンを使ったカメラワークを
観ていますと、この作品で山崎監督がやりたかったのは
PJの『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの
バトルシーンの再現だったのでしょうw。
ただ、予算と技術が違い過ぎますので、
それもかなり中途半端なパクリ程度の完成度にしか
なっていないのが泣けました。(苦笑)
その一方、その後の本当のお涙頂戴の展開w部分は
ダラダラと泣かせの台詞が長いばかりで
本当にウンザリし、とても泣けませんでしたw。
そもそも線が細く、繊細な性格の役が多い草剛を
侍大将役にするというのは明らかにミスキャストです。
撮影前からずいぶん長いこと練習をしたそうですが、
剣道有段者の端くれとして云わせていただくと
殺陣の立ち回りも苦笑するしかない代物でした。

個人的に
山崎監督の作風はけして嫌いではありません。
メジャーになる前から監督の作品はすべてソフトで
買っていました。(山崎監督の作品のBD化は
これが初めてなので、これ以外は全てDVDですが)
しかし、これは予想以下のデキでした。
まあ、何も考えないでボーッとして観れば、
面白いと思う人も多いかもしれない程度の
最低限のデキは保っていたようにも思いますが…。
例えば、ガッキーは可愛かったですし、
夏川結衣と斉藤由貴の演技は実に見事で
上手いなぁと感心しましたからねw。


この作品の公開日は2009年9月5日でしたが、
公開前のポストプロダクション中の4月末に
主役の井尻又兵衛を演じた草剛が泥酔して
公園で裸になり逮捕される事件があったり、
クレヨンしんちゃん原作者の臼井儀人が
公開直後の9月11日に群馬県の荒船山で行方不明になり、
その後、遺体で発見される事件などが起こりました。
因みに、草剛と臼井儀人は出身地が同じ、
埼玉県春日部市だったりします。
(「クレヨンしんちゃん」の舞台も春日部)


因みに、すでにご存じの方も多いでしょうが、
山崎監督の最新作は、今年12月公開予定の
アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写版、
『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(キムタク主演)で、
監督は現在、そのポストプロダクション作業を
行っています。
VFX満載の宇宙が舞台のSF超大作ですから
山崎監督が以前から撮りたがっていた素材そのもの
だとは思うのですが、この分ではこちらのデキも
かなり心配になって来ます。(苦笑)



SPACE BATTLESHIP ヤマト 公式WEBサイト 主演・木村拓哉

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/16 13:45 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(1)
はじめまして。

私も岩窟王さんに同感です。山崎貴監督は、アニメ版の良かったところが、いまいち理解できていなかった気がしました。アニメ版では、しんちゃんがふざけたキャラクターだからこそ、侍と姫の恋物語が活きてきたのですが、実写版の主人公は、単なる小学生でしかありませんでした。

正直、宇宙戦艦ヤマトについても、VFX以外は期待していません...
[ 2010/05/18 08:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。