国内盤「ATOM [Blu-ray] 」 Cinema Kingdom Blog

国内盤「ATOM [Blu-ray] 」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 国内盤「ATOM [Blu-ray] 」HOME > DVD、BD、HD DVD > 国内盤「ATOM [Blu-ray] 」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国内盤「ATOM [Blu-ray] 」

遅ればせながら
先月買ったBDソフトのパッケージ写真を
順にUPしてゆこうかと思います。

まずは国内盤の「ATOM [Blu-ray] 」
であります。







ATOM [Blu-ray]
映画『ATOM(アトム)』オフィシャルサイト
ATOM (映画) - Wikipedia

『鉄腕アトム』と云えば、
ご存じ現代漫画の祖である手塚治虫の
不朽の名作であり、日本アニメの元祖
となった作品でもあります。
それを香港とロサンゼルスに拠点を持つ
CGアニメ会社イマジがハリウッドリメイク
したのがこの作品です。

製作当初から虫プロと組んで原作の持ち味
を最大限活かしながら、アメリカや世界でも
受け入れやすい内容に微調整した印象が
ありました。
具体的には、裸の幼児にしか見えない
オリジナルのアトムの顔のデザインを
幾分アレンジして、原作より年齢設定を高めに
していますし、アトム自体も誕生シーン以降の
場面ではほとんど服を着ています。(苦笑)
米国人は幼児ポルノには敏感ですからw、
正義のロボットとは云え、裸にパンツだけ
ってのはマズイと判断したのでしょうw。

肝心のデキは、
けして悪くはないとは思うのですが
イマイチ盛り上がりに欠ける内容で
目立つウリがない点で凡作といった印象でした。
子供やファミリー層にアピールしたい
ということだったのでしょうが、
ちょっと全体的に古くさいストーリー展開
なんですよね。
原作も基本は「ピノキオ」ですからねw。
まあ、王道って云えば王道なんですが、
原作をリスペクトし過ぎた結果、その弊害が
出てしまった感があります。
もうちょっと現代っ子にも受ける要素がないと
厳しいでしょう。
全体的に中途半端なんですよ。

米国版も日本版も豪華な声優陣を揃え、
製作費も大幅な予想超過で大変だったようですが、
その甲斐も無く、日米共に興行成績は低調で、
製作元のイマジは財政面で危機的状況に陥って
しまったようです。

いまだに一回観ただけですし
正直、BDを買うまでもなかったかもしれません。
WOWOWでの放送を録画する程度で充分だった
という気がしています。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/16 09:00 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。