3月購入の米国BDについて徒然に。(その二) Cinema Kingdom Blog

3月購入の米国BDについて徒然に。(その二) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 3月購入の米国BDについて徒然に。(その二)HOME > DVD、BD、HD DVD > 3月購入の米国BDについて徒然に。(その二)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3月購入の米国BDについて徒然に。(その二)

前回の続きです。







Clash of the Titans (Blu-ray Book)
 「タイタンの戦い」(1981)
(日本語字幕付)
タイタンの戦い - Wikipedia

【初回数量限定】タイタンの戦い 〈デジブック仕様〉 [Blu-ray]【初回数量限定】タイタンの戦い 〈デジブック仕様〉 [Blu-ray]
(2010/04/21)
ハリー・ハムリンジュディ・バウカー

商品詳細を見る


『トランスポーター2』のルイ・レテリエ監督、
『アバター』のサム・ワーシントンが主人公の
リメイク版が本日23日から公開ですが、こちらのBDは、
ミニチュアを使ったストップモーション・アニメ
と実写で撮影した俳優やロケの映像を組み合わせる、
「ダイナメーション」方式を確立したSFX界の巨匠、
レイ・ハリーハウゼンの最後の劇場用作品となった
1981年のオリジナル版のほうであります。

まあ、こちらも別に嫌いではないのですがw、
個人的には、ハリーハウゼンの作品では、
同じギリシャ神話を題材にしている、1963年公開の
『アルゴ探検隊の大冒険』の方がデキが良く
代表作と呼ぶに相応しいのはアルゴだと思っております。

因みに、3D版も公開中のリメイク版ですが、
撮影時には通常の作品として普通のカメラで撮影されており
3D版の「アバター」のあまりの人気ぶりに
後処理で疑似的に立体化したもののようですね。(苦笑)
まあ、それでもCGシーンは比較的簡単に立体化出来る
でしょうから、モンスターなどの特撮シーンは
ちゃんとした立体(奥行き)に見えるのかもしれませんが。



映画『タイタンの戦い』オフィシャルサイト


最後に日本ではまだ劇場未公開のSF作品です。
この作品以外のBDは全てアウターケース付きでしたが
これのみ付いていませんでしたw。





Pandorum [Blu-ray]
 「パンドラム(原題)」

PANDORUM - Now Available on DVD & Blu-ray
製作:ポール・W・S・アンダーソン
監督:クリスチャン・アルヴァート
出演:デニス・クエイド、ベン・フォスター

【あらすじ】
巨大宇宙船のハイパー・スリープ・カプセルから
目覚めた2人の乗組員、パウワー伍長とペイトン中尉は
装置の故障でほとんど記憶を失っていた。
他の隊員のものと思われるカプセルに人の姿は無く、
自分たちが何年眠っていたのか、何のミッションに参加し、
何の目的で、どこに向かっているのかも曖昧なまま、
船内を調査し始めたバウワーは、自分たち以外に
人間に似た、大勢の不気味な生物がいる事を知る・・・。



ドイツ出身の新人監督の作品ですが、
米国での評判はすこぶる良いようなので買ってみました。
ちょっとエイリアンの1作目や、渋いところではw
サム・ニール主演の「イベント・ホライゾン」(1997)
辺りの作風とかぶる内容ですが、宇宙船という閉鎖空間
を舞台にした人食いモンスター相手のサバイバル・ホラー
という要素に、前半での多くの謎が徐々に解けて行き
最後には意外な事実が明らかになるというミステリー仕立て
の展開が絡み合って、なかなか面白かったです。
ただ、あくまでも予算に限りがあるB級作品ですので
その前提を理解した上で楽しむべき作品でもありますw。
つまり、派手なドンパチやVFXシーンはあまりありませんw。
でも、わりとジワジワ、地味に恐かったですし、
ラストシーンの開放感はかなり気持ち良かったですw。


一昨日は「カールじいさんの空飛ぶ家」、
本日は「アバター」と韓国映画の「母なる証明」
の国内盤BDが到着しました。
(これから観るつもりですw)

今月は他に、「ATOM(アトム)」、
通常版のほうの「BALLAD 名もなき恋のうた」、
セールで安くなっていた「ナイト ミュージアム2
バトル・オブ・スミソニアン」をBDを買っています。

一方、米国盤のほうは、
Sherlock Holmes [Blu-ray]
Zombieland [Blu-ray]
Yojimbo & Sanjuro (Criterion Collection) [Blu-ray]
Dark City (Director's Cut) [Blu-ray]
の四枚を注文し、すでに到着しております。
この内、黒澤さんの「用心棒」と「椿三十郎」、
ガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」は
観ました。

余談ですが、米国盤の「Dark City」は
数ヶ月前にリリースされたタイトルです。
大昔に観て面白かった記憶があったので
発売前から買おうかどうしようかと迷い、とりあえず
カートに放り込んだまま時間が経ってしまったのですが、
気が付いたらセールで10ドル弱になっていたので
重い腰を上げて注文しましたw。
(でもまだ観ていませんw)


今月買った国内盤BD、米国盤BDの感想は
またの機会にします。では、また。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/23 15:06 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。