3月購入の米国BDについて徒然に。(その一) Cinema Kingdom Blog

3月購入の米国BDについて徒然に。(その一) Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 3月購入の米国BDについて徒然に。(その一)HOME > DVD、BD、HD DVD > 3月購入の米国BDについて徒然に。(その一)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3月購入の米国BDについて徒然に。(その一)

3月に購入した国内盤BDの話題に続いて
今後は米国盤についても書いておきます。

まずは宮崎駿監督の「ポニョ」の米国盤BDです。
これはすでに昨年末に国内盤がリリース済みですが、
高額だと感じて、僕は買いませんでした。
しかし、ディズニーが米国でもBDを発売すると知り
値段も23ドル程度だったので今回は注文しました。







Ponyo (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo)
 「崖の上のポニョ」
(オリジナル日本語音声付)
映画「崖の上のポニョ」公式サイト

画質は非常に優秀だと評価された国内盤BDと
同じマスターを使用していると思われますが、
残念だったのが、日本語音声がただの
「Dolby Digital 5.1」だったことです。
英語吹替え音声は「DTS-HD 5.1」で収録されており
聞き比べるとその差は歴然です。
もちろん日本語字幕は未収録ですので
英語版を字幕で、というわけにも行きません。
まあ、安かったのでよしとしますけどね。

崖の上のポニョ [Blu-ray]崖の上のポニョ [Blu-ray]
(2009/12/08)
不明

商品詳細を見る

5年前の米国盤と国内盤のDVDリリースの間隔は
早くて3ヶ月、普通で半年、遅いと一年近くも
離れていたものですが、最近はこの間隔が
どんどん狭まって来ており、その差は2、3ヶ月
程度というところまで来ています。

これが日米同時公開の作品に至っては、
ほぼ同時期、中には国内盤の発売日の方が早い、
なんて逆転現象も見られるようになりましたw。

僕が3月に購入した米国盤BDも、ほとんどが
来月中に国内発売になりますが、この
「きみがぼくを見つけた日」に関しては、
すでに国内盤が発売されています。
この米国BDには日本語字幕が収録されており
中身は国内盤とまったく同じだと思います。







The Time Traveler's Wife [Blu-ray]
 「きみがぼくを見つけた日」
(日本語字幕付)
映画「きみがぼくを見つけた日」オフィシャルサイト

きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]きみがぼくを見つけた日 [Blu-ray]
(2010/03/10)
エリック・バナレイチェル・マクアダムス

商品詳細を見る


オードリー・ニッフェネガーの原作小説を
大ヒットした「ゴースト ニューヨークの幻」(1990)、
「ディープ・インパクト」(1998)の脚本家、
ブルース・ジョエル・ルービンが脚色した作品で、
ジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」 (2005)
を撮った、ドイツ出身のロベルト・シュヴェンケが
監督を務めています。
主演は、活躍著しいレイチェル・マクアダムスと
エリック・バナです。

原題が「The Time Traveler's Wife」とある通り
時間移動の能力を持つ男とその妻のラブストーリーで
なかなか面白かったですが、それよりなにより、
日本では馬鹿げた邦題で非常に損をしている作品
だと思いますね。
原作小説がはじめて翻訳された際は
「タイムトラベラーズ・ワイフ」という
タイトルで出版されたらしいですが、
一目で作品の内容が想像出来る邦題ですし、
何より面白そうで、書店で見掛けたら
思わず手に取ってみたくなると思います。
その点、「きみがぼくを見つけた日」なんて邦題で
誰が映画館まで足を運ぶんですか???
一聞しただけでは良く意味が分からない英題の作品は
そのままカタカナの邦題にしたりするくせに
なんでこんなシンプルで分かりやすい英題を
わざわざ意味の分からん凡庸な邦題にしてしまうのか
まったく訳が分かりません。



以下の新作2作品は、
流し見した程度で、まだちゃんと観ておりません。(汗)
ですから、感想は控えさせていただきますが
どちらも買ったのを後悔するほどつまらなかったり、
画質・音質が酷かったり、とういうことはなかったですw。
画質・音質に関してはむしろ優秀なほうでしょう。







Where the Wild Things Are [Blu-ray]
 「かいじゅうたちのいるところ」

映画『かいじゅうたちのいるところ』オフィシャルサイト

かいじゅうたちのいるところ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]かいじゅうたちのいるところ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/05/19)
マックス・レコーズキャサリン・キーナー

商品詳細を見る









Surrogates [Blu-ray]
 「サロゲート」

映画【サロゲート】オフィシャルサイト

サロゲート/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]サロゲート/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]
(2010/05/21)
ブルース・ウィリスラダ・ミッチェル

商品詳細を見る



長くなったので、一旦切ります。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/23 14:39 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。