先月購入の国内盤と、昨今のBD事情 Cinema Kingdom Blog

先月購入の国内盤と、昨今のBD事情 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 先月購入の国内盤と、昨今のBD事情HOME > DVD、BD、HD DVD > 先月購入の国内盤と、昨今のBD事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先月購入の国内盤と、昨今のBD事情

いやいや、桜シリーズをやっている間、
毎日頑張って更新していたにも関わらず、
すっかりアクセス数が減っちゃいまして
苦笑いするしかなかった岩窟王でありますw。
まあ、旅の記事の時はいつものことなんですけどねw。

このままじゃいかんと、
そろそろソフトの話でもしようかと
思っとりますが、実際、先月に買ったBDも
まだ半分くらい未見のままなんですよねぇw。
しかし、パッケージの写真は撮っていたので
それだけでも上げてお茶を濁しますかw。

とりあえず、3月分の国内盤2枚についてです。







20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 Blu-ray (本編BD1枚+特典DVD1枚)

映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」 公式サイト

これで総製作費60億もかけた「20世紀少年」三部作も
終りましたね。



1作目のBDを買った勢いで
三部作全部を買うはめになったわけですが、
なんだか、あまりパッとしない作品ばかりでしたなぁ。
全巻読んだ漫画版もいまいちよく分からん内容
でしたが(苦笑)、それでもまだ映画版よりは
面白かったような気がします。
そのせいもあってか一番漫画版に忠実だった1作目が
一番マシなデキだったんじゃないでしょうか。
堤幸彦監督って、
映画は駄作か凡作ばかりですからね。(苦笑)
(まあ、彼が演出して話題になったTVドラマも
ほとんど見たことは無いんですけどねw)
良かったのは、あまり自分のカラーを出さなかった
「明日の記憶」(2006年)くらいですから。
TV屋出身ですから制作費を予算内に納めたり、
期日までに仕上げる能力は高いんでしょうけどねぇ。
そんなところを買われてか、作品数は多いですよね。
よく云えば、職人監督ってところなんでしょうか。


ソニーが戦略的な価格設定を行った「2012」は
Amazonの限定スチールブック仕様を買いました。
割高でしたが「完全数量限定」という言葉に
弱いもので・・・。(エヘッ♪)
余談ですが、ダントツに売れているのは、予想通り、
1,980円のDVDスタンダード版のようですね。







2012 Amazon限定スチールブック仕様(完全数量限定) [Blu-ray]

2012 - 2010.3.19 DVD & ブルーレイ Release

これは公開時に劇場で観て、簡単な感想を書きました。

劇場で「イングロリアス バスターズ」と「2012」を観る

で、ソニーはこの「2012」のDVD&BDの販売に際して、
先着購入特典として、ディスカバリーチャンネル制作の
ドキュメンタリー番組「2012アポカリプス」を収録した
DVDを50000名にプレゼントするというキャンペーン
行っていました。(行っています?)
タダでもらえるということで僕も応募していましたが
数日前にメール便で到着しました。





中身はどうということもない、
モロ、公開前の宣伝番組的な内容でしたがw、
まあタダですからこんなもんでしょうね。


ソニー・ピクチャーズと云えば、今更ですがw、
一部のカタログ作品(旧作)のBDを
2,500円に値下げする、という発表をしましたね。
これに追随するように業界No.1のワーナーも
同じく一部のカタログ作品の定価を2,500円に
引き下げる発表を行いました。

Blu-ray 85本を2,500円化。SPEに“狙い”を聞く -AV Watch
ワーナー、単品Blu-rayの価格を2,500円に値下げ -AV Watch

期間限定のキャンペーン価格ではないという点や
これでユニバーサルや20世紀フォックスなどの大手は
もちろん、日本のメーカーも追随してくるのでは?
という期待を抱かせてくれた点は評価出来るでしょう。

ただ、マニア的な視点で捉えますと
発表されたタイトルは、どれもビデオやDVD時代から
見慣れたものばかりで、まったく新鮮味がありませんしw、
ワーナー作品に至っては、HD DVDでリリースされていた
ものや、海外盤にも日本語字幕が収録されているタイトルが
ほとんど、といった印象です。
個人的には、DVDかBDですでに持っているものばかり
なんですよねぇw。

また、アマゾンやTSUTAYA、ヤマダ電機、他で
このところ何度も行われ、メーカーの在庫一掃処分と揶揄されたw
2,500円前後のBDセールの価格が公式になっただけ、
という気もしています。(苦笑)

それでなくとも洋画のDVDやBDは売れていないんですから
新作もビッグタイトルは思い切って、いきなり2,500円
くらいで出したらいいじゃないですか。
無理矢理いらないDVDも付けて来て
「3,980円ですよ。安いでしょ?」ってな顔をされても
腹が立つだけなんですよw。
そんなドヤ顔のソフトメーカー関係者をよそに、
パッケージ愛好家は「DVDを削って、その分安くしろよ」とか
「全部、米国盤並の価格にしろよ」と、誰もが思っています。

まあ、こんな事を書いてもバンダイや東宝やジブリは
相変わらず、知らん顔でしょうけどね・・・。


そうそう、腹が立つと云えば、
特典一切なしの本編だけのBDに、おそらく一度も観ることは
ないであろうDVDを付けて4,980円の価格設定をした上、
半年後か遅くとも1年以内には特典を入れたプレミアム版BD、
来年にはおそらく「Blu-ray 3D」版をリリースするであろう、
洋画ファンをとことん食い物にするどこぞの狐くんには
本当に呆れますな。
全世界で映画史上最高の興行成績を上げた上、
米国に次いで世界第二位の売り上げを納めた日本のファン
に対して、恩知らずにも「ソフト価格で還元する気は皆無!
ってことなんですね? 二重正気?狐さん。

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]
(2010/04/23)
サム・ワーシントンゾーイ・サルダナ

商品詳細を見る


それでも早く観たいから予約しちゃいましたよ。
バカヤロ~~!w。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/20 08:16 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。