スターウォーズ エピソード3 シスの復讐 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11
HOME > 映画 > スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐

昨日触れましたが土曜日に
「スターウォーズ エピソード3 シスの復讐」を
先々行ロードショーで観て来ました。

映画館に行くのはかなり久々で(汗)、
この前観たのはなんだったのか、よく覚えていないくらいです。
もしかしたら「ラスト・サムライ」以来だったかも
しれません。(大汗)

朝イチに席を予約に行って一旦帰宅(ウチから映画館までは
チャリで4、5分です)し、一番早い回(昼12時過ぎ)の
字幕スーパー版で観ました。

因みに、僕はいつも足が自由になる、
前面の通路に面した列の中央の席を指定して映画を観ます。
客席は7割程度の入りで、意外と空いていました。

ハイビジョンによるホームシアターに慣れてしまうと、
映画館のフィルムの映像はピンボケ気味で低コントラスト
に映ります。DVDと比較しても劣るかもしれません。

もちろん、色の階調性や本来の解像度ではハイビジョンですら
フィルムにはかなわないワケですが、感覚的には
自宅で観るハイビジョン映画の方が
クオリティが高く感じられるのですから困ったものです。

この作品のようにフルデジタル処理で作られた作品は
都会のDLPシアターで観ればかなり綺麗なのでしょうが、
地方の小屋用にコピーされたフィルムの映像クオリティは、
年々落ちているように感じられてなりません。
フィルム自体だけでなく、映写機のレンズの品質などにも
問題があるのかもしれませんが、近い将来(2011年夏以降)、
家庭でハイビジョン放送を楽しむのが当たり前になったら
映画の興行収入はかなり落ち込むのではないかと
余計な心配までしたくなるほどです。


前置きが長くなりました。(汗)
肝心の「EP3」ですが、新三部作の中では最高のデキですね。
ただ、旧三部作の「EP4」、「EP5」を凌ぐほどのデキか?
と聞かれたら、即答で「NO!」です。

例えば、
クライマックスのオビ=ワンとアナキンのナガ~い闘いも
なんだかダラダラしているだけで締まりがないんですよ。
ヨーダと皇帝の闘いとフラッシュバックする編集なんですが
人間の役者の動きはCGのヨーダに完全に食われています。

もっと「魅せる殺陣」というか、印象に残るような殺陣を
考えられないものですかねぇ…。
動きはノロかったですがEP5のルークとベイダーの殺陣と
演出の方が、よっぽど素晴らしかったですよ。
アナキンの敗れ方だって、「なんじゃ、そりゃ…」でしたし…。

まあ、パズルがキレイにハマって行く満足感はありましたが、
映画としては75点というところじゃないですかねぇ。



話は違いますが、先月末から今月にかけて、
ちょっとソフトを買い過ぎました。(苦笑)
完全に赤字だったので、来月はなるべく自粛したいと
思っとります。あと一週間で沖縄旅行ですしねぇ…。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/06/27 10:01 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する