「DVDO EDGE」の続報です Cinema Kingdom Blog

「DVDO EDGE」の続報です Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 「DVDO EDGE」の続報ですHOME > ホームシアター > 「DVDO EDGE」の続報です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「DVDO EDGE」の続報です

昨日、「DVDO EDGE」を経由させて、
BD/HDDレコーダーBW200に1080i録画した映画や
PCのHDD内に貯め込んだアニメ動画ファイルを
再生してみました。

「DVDO EDGE」の画質調整には以下の項目が
ありますが、そのイコライジングのコツが
段々分かって来たような気がします。

Brightness:
Contrast:
Color Saturation:
Hue:
Detail Enhancement:
Edge Enhancement:
Mosquito NR:


具体的な数値は環境が違えばあまり意味がない
と思いますし、ソースによっても微妙に変えます
のであえて書きませんw。

僕の1080pプロジェクタ「SONY VPL-VW60」
の映像は、以下の記事にも書きました通り、
デフォルトのままでは少し輪郭が強調されすぎ
と思うくらいにシャープでカリカリ系の画なので、
「DVDO EDGE」側の「エッジ・エンハンスメント」は
あまり積極的に使う気になりません。

「VPL-VW60」と「DLA-HD1」の比較デモ

そんな訳で、僕のAV環境下で重視すべきなのは、
「コントラスト」と「ディテール・エンハンスメント」
と「カラー・サチュレーション」の按配のようです。

特に重要なのは「ディテール・エンハンスメント」と
「カラー・サチュレーション」の効かせ具合だと思います。
1440×1080iの「日本映画専用チャンネル」で
放送される昭和のカラー作品や、PCのHDDにある
1080pや720pのアニメ動画の再生では、
このふたつの項目をプラス方向に設定することで、
映像の印象がかなり良い方向に変化します。

少なくともアニメ動画に関しては、
安物のフルHD・PC液晶モニターに映る映像よりも
「DVDO EDGE」+「VPL-VW60」のコンビで観たほうが
ディテイル、精細感、色数や階調も遥かに良い感じです。
ただ、アニメの場合、マッハバンドが目に付くように
なりますので、その点は痛し痒しですが…。(苦笑)

「DVDO EDGE」はかなり遊べますぅ~♪w。
プロジェクタやモニターを最新モデルに新調した時ほどの
劇的な変化までは求められないかもしれませんが(苦笑)、
ケーブル交換やプロジェクタ自体の画質設定では
得られないレベルの幅広い調整が楽しめるという事は
間違いありませんね。
映画が最も美味しくいただけるところを探る作業は、
なかなか楽しいものです♪

ここからは余談ですが、
PCのHDD内の動画ファイルの再生は、
PS3等に搭載されるDLNA機能で行うのではなく、
PCのHDMI出力端子から直接「EDGE」に繋ぎ、
ビデオボードの「コントロール・パネル」内の
「複数のディスプレイの設定」画面で
「ディスプレイの複製(プライマリ・クローン)」
の設定にして観ています。

もちろん、プロジェクタを使う場合は、その都度、
音声もサウンド設定でHDMI出力に切り替えて
デジタル出力しています。
再生時には、フルHD動画でも映像が途切れたり、
カクカクすることはありませんが、なぜか音声は
時々途切れたりします。(苦笑)
パーツの品質や設定のせいでないとしたら、
5メートルと長いわりに安かったHDMIケーブルの品質に
問題があるのかもしれません。(苦笑)
でもまあ、それほど頻繁に起こるわけではないので
我慢できる範囲ではあるのですが…。


■DVDO EDGE リンク

マルチフォニック・サウンド株式会社
[PDF] DVDO EDGE(エッジ)の特徴
[PDF] DVDO EDGE 取扱い説明書
[PDF] DVDO EDGE ファームエア更新方法 (Windows XP)
[PDF] DVDO EDGE Product Manual Supplement
EDGE Firmware Releases

amazon.com DVDO EDGE High-Definition Video Processor

HDMI1.3対応スケーラー DVDO EDGEHDMI1.3対応スケーラー DVDO EDGE
()
不明

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/27 11:00 ] ホームシアター | TB(0) | CM(4)
DVDO EDGEよさそうですね!
特に中間部のデェテール(解像度)が良くなるんですかね? それとWOWOW録画の1080i再生を24pで出力できるんですよね!映像が良くなるのかも興味ありますので、レポート期待しています。
[ 2010/02/28 14:14 ] [ 編集 ]
お返事が遅くなりすみません。(汗)

1080/60iを1080/24pで出力した映像に関してですか。
正直、いろいろ試してはいたんですが、
すっかり書き忘れていました。(苦笑)

1080/60i放送をそのまま「DVDO EDGE」に入れないで
一旦、1080/60pで受けた後、24pにして観ています。
PS3にしろ、BDレコーダーにしろ、BDプレーヤーにしろ
プロジェクタなりTVなりが1080p入力に対応していれば
今は自動ですべての映像を1080/60p化して出力するでしょう?
もちろん指定すればインターレースで出すことも出来ますが、
いちいち再生機側で出力設定をするのも面倒ですし
せっかくPReP機能があるのだからと、そうしている[わけです。

> 映像が良くなるのかも興味あります

1080/24p再生をすると映像が良くなる
ってことは特にないですw。
ただ、動きから受ける印象がフィルムやBDで観た印象と
近い感じになるんですよ。

1080/24p化は「Settings」の「Output Format」で指定しますが、
この時、注意しないといけないのが最初のメニューにある
「DeInterlacer」(i/ p 変換処理)の設定です。
ここには「Auto / Film / Video」と三種類の項目が
あるのですが、映画だからと単純に「Film」を選ぶと
動きのあるシーンではカクカクして不安定になります。
要するに録画した番組や放送している番組が映画でも
60iか60pで来たらそれは「Video」ということなんですねw。
つまり、この場合の「Film」ってのは24p信号を指しているわけです。
(考えればその通りなんですが、紛らわしいw)
まあ、デフォルトの「AUTO」のままにしておけば無難ですが。

[ 2010/03/02 08:33 ] [ 編集 ]
岩窟王さま、コメントありがとうございます。
WOWOW録画映画60iをEDGEに入れて24p出力すると、動きの所ではカクカクするんですか。やっぱり録画物は60p出力がそのままでスムースなんですかね!
やっぱり24pは出力側で出してEDGEに入れて24pで見ると動きが滑らかで、ディテイルなどが調整できてより綺麗に見れるということですね。うちわ昔取ったDVHSとパナのHDDレコーダ(AVCREC)で60i出力映像がより良く観れるのか期待していましたが、24pは24p出力できるプレーヤーから入れたほうが良いということですね。
(了解しました m(_"_)m
[ 2010/03/07 20:41 ] [ 編集 ]
GG鯖魂さん、誤解を与える書き方で申し訳ありません。
60iの映像を24pで出してもスムーズに再生してくれますよ。
ただ、その場合、「DeInterlacer」の設定をAUTOにするか、
「Video」にしておかないとカクカクする、という話です。
紛らわしくて、すみません。(大汗)



[ 2010/03/08 06:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。