「地球を救え!HERO5キャンペーン」の景品DVD届く Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

「地球を救え!HERO5キャンペーン」の景品DVD届く Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09
HOME > DVD、BD、HD DVD > 「地球を救え!HERO5キャンペーン」の景品DVD届く

「地球を救え!HERO5キャンペーン」の景品DVD届く

パラマウントの「地球を救え!HERO5キャンペーン」
の景品であるDVDが昨日到着しました。



僕が購入した対象タイトルは
「ウォッチメン BD COLLECTORS VERSION」、
「スター・トレック」、「G.I.ジョー」、
「トランスフォーマー/リベンジ」のBD4枚でした。

実は、買ったまま応募ハガキは出さずに
12月中旬まで半分忘れていたのですがw、
サスケさんのこちらの記事を読んで思い出し、
発売前だった「トランスフォーマー リベンジ」
以外の手元にあった3タイトル分の応募ハガキを
送っていたのです。
(キャンペーンの応募はすでに締め切られています)
そんなわけで、届いたDVDは3枚でした。



上の50タイトルの景品の中から選んだ3枚は、
「ハートブルー アドバンスド・コレクション」、
「ペーパー・ムーン S.C.E.」、
「スクール・オブ・ロック S.C.E.」でした。



12月末に応募した残りの一枚は、確か、2枚組
という理由だけで「コラテラル S.C.E.」を選んだ
ように思います。(すでに半分忘れてますw)
全て特典映像やコメンタリー目当てで
スペシャル・コレクターズ・エディションです。
これらの作品は米国盤のDVDか、WOWOWのHV放送を
録画したD-VHSテープを持っているものばかりですが、
国内盤のDVDでは持っていなかったのです。
本編のみでなければ「刑事ジョン・ブック 目撃者」か
「俺たちは天使じゃない」あたりが欲しかったんですが
すでにDVDかBDで持っているタイトルが多く、
「ペーパー・ムーン S.C.E.」以外は適当に選びましたw。
(「ハートブルー」は明らかにサスケさんの影響w)


3タイトルとも観終わりました。
洋画のDVDを再生するのは久々でしたが、
PS3で1080p化した映像は、結構綺麗でしたw。
特に、1930年代が舞台で白黒映画の
「ペーパー・ムーン」は、多少甘い画になるDVDの方が
かえって作風に合っているように思えました。

ジェームズ・キャメロンが製作総指揮を務めた
キャスリン・ビグロー監督の「ハートブルー」は
HOT FUZZ ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-
の元ネタにもなった1991年公開のアクション映画です。
この作品のヒットで主演のキアヌ・リーヴスは
スターになりました。(若い!)
共演は昨年癌で亡くなったパトリック・スウェイジで、
「ゴースト/ニューヨークの幻」と並んで彼の代表作
と云える作品でもあります。






1973年公開の「ペーパー・ムーン」は
ピーター・ボクダノビッチ監督の最高傑作であり、
紛れもない名作です。
主演のライアン・オニールの実娘である
テイタム・オニールが、デビュー作ながら
信じられないほどの名演技で、史上最年少で
アカデミー助演女優賞を獲得した作品としても
有名です。

もう何度目の鑑賞になるか分かりませんが、
何度観ても笑えますし感動してしまいます。
すべてが「完璧」と云える映画は少ないですが、
この作品はまさにそれでしょう。
パンフォーカスの美しいモノクロ映像、
アメリカ中西部の風景、緻密な脚本、
長回しのワンシーンワンカット主体の演出、
小さい役に至るまで見事としか云いようのない
配役と俳優の演技…。
映画好きを自称するなら一度は観るべき作品です。






スクール・オブ・ロック S.C.E.」は
リチャード・リンクレイター監督、ジャック・ブラック主演の
コメディ映画です。
子役が大挙して出演する、「けいおん!」チックwな
ロック入門映画といった感じの軽めのコメディですが、
ジャック・ブラックの意外な歌唱力とロック愛が楽しめて
彼の主演作の中では特にお気に入りの一本ですw。






関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/07 15:46 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する