「Cutthroat Island」、「Labyrinth」と「The Dark Crystal」 Cinema Kingdom Blog

「Cutthroat Island」、「Labyrinth」と「The Dark Crystal」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > 「Cutthroat Island」、「Labyrinth」と「The Dark Crystal」HOME > DVD、BD、HD DVD > 「Cutthroat Island」、「Labyrinth」と「The Dark Crystal」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Cutthroat Island」、「Labyrinth」と「The Dark Crystal」

Cutthroat Island「カットスロート・アイランド」





1995年公開の海賊映画で、製作総指揮はマリオ・カサール、
監督はフィンランド出身で渡米後に『ダイ・ハード2』、
『クリフハンガー』を大ヒットさせたレニー・ハーリンで、
主演は監督の当時の愛妻、ジーナ・デイヴィスと
マシュー・モディーンという布陣の作品でした。
製作費は当時破格の一億ドルで、
海賊船や豪華で広大なオープンロケセットなどを登場
させていますが、公開してみるとまったく客が入らず、
製作費の1割程度である1000万ドル強しか回収できませんでした。
その為、ギネスブックに「最も興行赤字が大きい映画」
として記載された作品として有名です。

画質・音質は充分、綺麗で及第点以上でしょう。
この作品も国内盤ではBDのリリース予定がありません。

でも僕、この映画、そんなに嫌いじゃないですw。
風景は綺麗ですし、ハーリンらしい派手な海戦シーン
などのアクションシーンは良いデキだと思っています。
(まあ、嫌いならBDは買いませんよねw)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の映画化の話を
聞いた時に、真っ先に思い出したのがこの映画のことです。
同じく、大航海時代のカリブ海を舞台にした海賊映画
ということで、たぶんまた大コケするだろうと
予想していました。(苦笑)
映画界では長らく「海賊映画は当たらない」と
云われ続けて来ましたからねぇ。
しかし、フタを開けたら、あちらは世界中でメガヒットですw。
ゴア・ヴァービンスキー監督の手腕ももちろんありますが、
負け知らずの大プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマー
の凄さと、ジョニー・デップの人気に、恐れ入りましたw。

レニー・ハーリンは、これの次回作である
「ロング・キス・グッドナイト」でも
妻のジーナ・デイヴィスを主人公役に抜擢しましたが、
こちらもあまりパッとしない成績だった記憶があります。
(僕はLDで買いましたけどねw)
ジーナのあまりの「さげまん」ぶりに嫌気が差したのかw
この二人は1998年に離婚しています。

監督と、その妻が主役ってパターンの作品は、
ハリウッドではあまり成功例がない気がします。
「さげまん」ならぬ「あげまん」と云えばw、
伊丹十三監督ですが、伊丹監督が撮った、
奥様である宮本信子さんの主演作は、そのほとんどが
高い評価を受けています。しかし、これは世界的に見ても
かなり希有な例なのではないでしょうか。

Labyrinth「ラビリンス 魔王の迷宮」






The Dark Crystal「ダーククリスタル」





「ダーククリスタル」(1982)と
「ラビリンス 魔王の迷宮」(1985)は、
人気子供番組「セサミストリート」の主要キャラクター
達の生みの親で、世界的に有名な人形師であった、
今は亡き、ジム・ヘンソン監督の代表作であります。
どちらも大好きな映画です。

「セサミストリート」出身の人形師と云えば、
ジム・ヘンソンと並んでフランク・オズが有名です。
「ダーククリスタル」は彼とジム・ヘンソンとの
共同監督作品でした。
彼はジョン・ランディス監督の作品などにチョイ役の俳優
としても出演していますが、一番有名な役は、
映画好きには常識ですが、「スター・ウォーズ」サガの
ヨーダ(操演と声優)であります。
「ダーククリスタル」を演出した後、
フランク・オズは実写映画の監督となり、
「リトルショップ・オブ・ホラーズ」(大傑作!1986) 、
「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ 」(1988) 、
「おつむて・ん・て・ん・クリニック」(1991) などの
傑作コメディ映画を演出しています。

画質・音質は、ジョージ・ルーカスが製作総指揮を執った
「ラビリンス 魔王の迷宮」の方がはるかに鮮明でした。
デヴィッド・ボウイと、やがてオスカー女優になる運命の、
当時15歳のジェニファー・コネリーが主演しています。
一方の「ダーククリスタル」の画質・音質は、
フィルムグレインが目立ち、暗い場面や合成シーン
などでは画質が荒れますが、通常のシーンはそこそこ
綺麗で、充分、1080pらしい映像になっていました。
この二枚は国内盤のBDでも出ていますが、
ご覧になったことのある方はもちろん、未見でも
ファンタジー好きの方なら買って損はないと思います。



◎国内盤◎

カットスロート・アイランド [DVD]カットスロート・アイランド [DVD]
(2004/06/25)
ジーナ・デイビスマシュー・モディン

商品詳細を見る


ラビリンス 魔王の迷宮 [Blu-ray]ラビリンス 魔王の迷宮 [Blu-ray]
(2009/10/07)
デヴィッド・ボウイジェニファー・コネリー

商品詳細を見る


ダーククリスタル [Blu-ray]ダーククリスタル [Blu-ray]
(2009/10/07)
スティーヴン・ガーリックリサ・マックスウェル

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 10:52 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。