米国BD「Short Circuit」と「The Final Countdown」 Cinema Kingdom Blog

米国BD「Short Circuit」と「The Final Countdown」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 米国BD「Short Circuit」と「The Final Countdown」HOME > DVD、BD、HD DVD > 米国BD「Short Circuit」と「The Final Countdown」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国BD「Short Circuit」と「The Final Countdown」

以下の米国盤BDはすべてセール品で
安さのあまり注文したものですw。

Short Circuit「ショート・サーキット」





1986年公開のジョン・バダム監督作品です。
AIを積んだ軍事用ロボットが人間性に目覚める話ですが
中身は「ET」の異星人をロボットに置き換えたような
アクションコメディです。
スティーヴ・グッテンバーグが懐かしいですねw。
コメディが多かったので、日本での人気はそれほどでも
ありませんでしたが、80年代のアメリカでは非常に人気
のあったスターでした。

画質・音質は充分、及第点でした。
現時点では、国内盤でのBD発売の予定はありません。


The Final Countdown「ファイナル・カウントダウン」





カーク・ダグラス主演、ドン・テイラー監督の
1980年公開作品です。
原子力空母ニミッツが乗組員ごと真珠湾攻撃の前日に
タイムスリップしてしまうというストーリーですが
ストーリー自体は大した展開もなく、あっけなく片が付き
実にバカバカしい仕上がりです。
その意味では、84年に公開されたタイムスリップ映画、
マイケル・パレ、ナンシー・アレン主演の
『フィラデルフィア・エクスペリメント』や
角川映画の『戦国自衛隊』などの方が余程面白いです。

ただ、この映画の凄いところは、米国海軍が、
かつてないほど撮影に全面協力している点であります。
その為、空母ニミッツの甲板やその内部でロケが行われ、
エキストラとして実際の軍人が数多く登場していますし、
当時の最新鋭搭載機であるトムキャットなどの発着シーン
などもたっぷり使われています。
海軍、ひいては全軍への志願者を増やしたい
という思惑でもあったのでしょうが、国防省と海軍が行った
撮影協力のレベルは半端ではありません。
特に目を見張るのが、旧日本軍の零戦とトムキャットの
ドッグファイト・シーンです。
もちろん、現在のようにCGなどありませんので、
最低限の特撮以外は、すべて実写で描かれています。
今観ても素晴らしく、このシークエンスだけで、
充分、BDを買った価値はありました。
画質・音質も予想以上に素晴らしく、
とても30年も前の映画とは思えません。
この作品も国内盤ではBDのリリース予定がありません。

余談ですが、現代の海上自衛隊のイージス艦「みらい」が
大東亜戦争のミッドウェー海戦直前にタイムスリップする、
かわぐちかいじ氏の漫画『ジパング』は、おそらく
この映画かその原作の影響で発想されたものでしょう。


長くなったので、また分けますw。


◎国内盤(どちらもDVD)◎

ショート・サーキット [DVD]ショート・サーキット [DVD]
(2003/11/07)
アリー・シーディスティーヴ・グッテンバーグ

商品詳細を見る


ファイナル・カウントダウン [DVD]ファイナル・カウントダウン [DVD]
(2009/11/27)
カーク・ダグラスマーティン・シーン

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 10:50 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。