2010年1月に購入したBDリスト Cinema Kingdom Blog

2010年1月に購入したBDリスト Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 2010年1月に購入したBDリストHOME > DVD、BD、HD DVD > 2010年1月に購入したBDリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年1月に購入したBDリスト

■国内盤



バニシング・ポイント [Blu-ray]
デイ・アフター・トゥモロー [Blu-ray]
タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]
バロン [Blu-ray]
愛を読むひと (完全無修正版) [Blu-ray]

映画 バニシング・ポイント - allcinema
デイ・アフター・トゥモロー
タワーリング・インフェルノ - Wikipedia
バロン (映画) - Wikipedia
『愛を読むひと』公式サイト


■米国盤



The Hurt Locker [Blu-ray]
 「ハート・ロッカー」

Short Circuit [Blu-ray]
 「ショート・サーキット」

The Final Countdown [Blu-ray]
 「ファイナル・カウントダウン」

Cutthroat Island [Blu-ray]
 「カットスロート・アイランド」

Labyrinth [Blu-ray]
 「ラビリンス 魔王の迷宮」

The Dark Crystal [Blu-ray]
 「ダーククリスタル」


The Hurt Locker Movie - Official Movie Website
ショート・サーキット - Wikipedia
ファイナル・カウントダウン - Wikipedia
カットスロート・アイランド - goo 映画
ラビリンス/魔王の迷宮 - Wikipedia
ダーククリスタル - Wikipedia


■国内盤

「バニシング・ポイント」
[Blu-ray] 「デイ・アフター・トゥモロー」、
 「タワーリング・インフェルノ」、「バロン」

2010年1月リリースの国内盤BD

愛を読むひと (完全無修正版) [Blu-ray]







完全無修正版ということで、当然ながら
ケイト・ウイスレットの方を期待していたのに
映っていたのはドイツ人の新人俳優の青年のモノw
でした。(苦笑) ガッカリですw。
それはともかく、ストーリーをほとんど知らずに
観ましたので、中盤の意外な展開に驚きました。
さすがにスティーブン・ダルドリー監督の作品だけに、
素晴らしい仕上がりだと思います。
制作中にプロデューサーのアンソニー・ミンゲラ監督と
シドニー・ポラック監督が他界したほか、撮影監督も
コーエン兄弟作品でお馴染みのロジャー・ディーキンスから
クリス・メンゲスに、ヒロインのハンナ役も
ニコール・キッドマンからケイト・ウィンスレットにと、
いろいろとトラブルがあった作品とは思えません。
なかなかの傑作でしたね。


■米国盤

米国盤は先週までにすべて到着していましたが、
未見のまま放置しておりました。
時間を作って、この金、土にやっと観ました。

今年になってから注文した米国盤BD

The Hurt Locker「ハート・ロッカー」







う~ん、正直、期待したほどではなかった感がw…。

ドキュメント風なカメラワークなので
すごくリアルですが、爆発物処理チームの話であることと、
湾岸戦争もの特有の閉塞感で、終始、息詰まる展開
なんですよねぇ。
ほとんど無名の主要俳優はみんな驚くほど上手くて、
将来がかなり期待できると思いますが、
作品自体に娯楽的要素はそれほどありませんでした。
全編、派手なカメラワークと派手なドンパチばかり
だった『ハート・ブルー』の作風なんかと比べると、
かなりテイストが違います。

イスラム武装勢力によるさまざまな手法を駆使した
爆弾テロは、西洋人の理解の範疇をはるかに超えていますね。
中東での対テロ戦争は一種の宗教戦争でもある訳で
まさに「終りのない泥沼地獄」そのものだという実態が
あからさまに描かれている点では評価が出来ますが
砂漠の耐え難い熱気や、明確な敵が見えない戦いに
身も心もすり減らす兵士達の徒労感や焦燥感、
倦厭感が観客にもダイレクトに伝わって来て、
見終わった頃にはこちらも喉が渇き、疲れ果て、
うんざりしちゃうんですよねw。
まあ、観客にそう思わせるのが狙いなんでしょうが、
世界的な不況の中、たまの休みに映画館に行って
気分をパッと晴らしたい時に観たら怒り狂うでしょうw。
不況時ほど、大笑いできたり、スカッとする娯楽映画が
求められるものですからね。

例えば、地球以外の惑星を舞台にした
3D・SFアクション・ファンタジー巨編である『アバター』が、
世界中であれほど受けているのも、パッとしない日常から
一時だけでも逃避して、見たこともない異世界の中で
観客自身がアバターになって、飛んだり戦ったり出来るから
でしょう? 
総合芸術も良いですが、映画の基本はやはり娯楽ですよ。


これ以外は80年代に公開された旧作のBDになりますが、
長くなりそうなので、記事を分けますw。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 10:47 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。