第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式 Cinema Kingdom Blog

第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式HOME > 映画 > 第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式

コンデジや動画の話題ばかり続きましたが、
こちらは本来、映画とホームシアターの話題を
メインにしたBlogです。(苦笑)
そろそろ映画やBDソフトの話題に戻りましょう。

さて、大幅に遅ればせながらですが(汗)、
第67回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が
2010年1月17日(日本時間18日)にロサンゼルスの
ザ・ビバリー・ヒルトンで行われました。



受賞結果は以下の通りです。

■作品賞
(ドラマ部門)
アバター
ハート・ロッカー
プレシャス
イングロリアス・バスターズ
マイレイージ、マイライフ



(コメディ/ミュージカル部門)
ハングオーバー
(500)日のサマー
恋するベーカリー
ジュリー&ジュリア
NINE



■主演女優賞
(ドラマ部門)
サンドラ・ブロック「The Blind Side
エミリー・ブラント「ヴィクトリア女王 世紀の愛
ヘレン・ミレン「The Last Station
キャリー・マリガン「17歳の肖像
ガボレイ・シディビー「プレシャス」

(コメディ/ミュージカル部門)
メリル・ストリープ「ジュリー&ジュリア」
サンドラ・ブロック「あなたは私の婿になる
マリオン・コティヤール「NINE」
ジュリア・ロバーツ「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~
メリル・ストリープ「恋するベーカリー

■主演男優賞
(ドラマ部門)
ジェフ・ブリッジス「クレイジー・ハート
ジョージ・クルーニー「マイレージ、マイライフ」
コリン・ファース「A Single Man
モーガン・フリーマン「インビクタス/負けざる者たち
トビー・マグワイア「ブラザーズ

(コメディ/ミュージカル部門)
ロバート・ダウニー・Jr 「シャーロック・ホームズ
マット・デイモン「インフォーマント
ダニエル・デイ=ルイス「NINE」
ジョセフ・ゴードン・レヴィット「(500)日のサマー」
マイケル・ステュールバーグ「A Serious Man

■助演女優賞
モニーク「プレシャス」
ペネロペ・クルス「NINE」
ヴェラ・ファミーガ「マイレージ、マイライフ」
アナ・ケンドリック「マイレージ、マイライフ」
ジュリアン・ムーア「A Single Man」

■助演男優賞
クリストフ・ヴァルツ「イングロリアス・バスターズ」
マット・デイモン「インビクタス/負けざる者たち」
ウッディ・ハレルソン「メッセンジャー
クリストファー・プラマー「The Last Station」
スタンリー・トゥッチ「ラブリーボーン

■監督賞
ジェームズ・キャメロン「アバター」キャスリン・ビグロー「ハート・ロッカー」
クリント・イーストウッド「インビクタス/負けざる者たち」
ジェイソン・ライトマン「マイレージ、マイライフ」
クエンティン・タランティーノ「イングロリアス・バスターズ」

■脚本賞
ジェイソン・ライトマン&シェルドン・ターナー
 「マイレージ、マイライフ」

ニール・ブロムキャンプ&テリー・タッチェル「第9地区
マーク・ボール「ハート・ロッカー」
ナンシー・マイヤーズ「恋するベーカリー」
クエンティン・タランティーノ「イングロリアス・バスターズ」

■長編アニメーション
カールじいさんの空飛ぶ家
Cloudy with a Chance of Meatballs
コララインとボタンの魔女 3D
ファンタスティック・ミスター・フォックス
プリンセスと魔法のキス

■作曲賞
マイケル・ジアッキノ/『カールじいさんの空飛ぶ家』

■主題歌賞
「THE WEARY KIND (THEME FROM CRAZY HEART) /『CRAZY HEART』
作詞、作曲:ライアン・ビンガム、T=ボーン・バーネット


OFFICIAL WEBSITE of the HFPA and the GOLDEN GLOBE AWARDS
ゴールデングローブ賞 - Wikipedia

【テレビの部の受賞結果】

ドラマ部門 作品賞:『MAD MEN(マッドメン)』
ドラマ部門 女優賞:ジュリアナ・マルグリース/『THE GOOD WIFE』
ドラマ部門 男優賞:マイケル・C・ホール/『デクスター ~警察官は殺人鬼』
ミュージカル・コメディ部門 作品賞:『GLEE(グリー)』
ミュージカル・コメディ部門 女優賞:トニ・コレット/『UNITED STATES OF TARA』
ミュージカル・コメディ部門 男優賞:アレック・ボールドウィン/『30 ROCK』
ミニシリーズ・テレビムービー部門 作品賞:『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』
ミニシリーズ・テレビムービー部門 女優賞:ドリュー・バリモア
 /『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』
ミニシリーズ・テレビムービー部門 男優賞:ケヴィン・ベーコン/『TAKING CHANCE』
助演女優賞:クロエ・セヴィニー/『ビッグ・ラブ』
助演男優賞:ジョン・リスゴー/『デクスター ~警察官は殺人鬼』


今回、ドラマ部門の作品賞、監督賞を受賞したのは
『アバター』とジェームズ・キャメロン監督でした。

その『アバター』を配給した20世紀フォックスは25日、
『アバター』の全世界興行収入が、『タイタニック』(1997)
の世界記録18億4290万ドル(約1659億円)を抜いて、
史上最高額の18億5500万ドル(約1670億円)を記録した
と発表しました。
3D映画は入場料が通常の映画より高めに設定されている
という事情はありますが、『タイタニック』が1年半かかって
達成した数字を『アバター』はわずか39日で更新したことに
なります。
日本でも5週連続興行収入第1位を記録中で、
興収は70億円を越えたそうです。

数年前から話題になっていた作品だけに、
大ヒットは間違いないとは思っていましたが、
女性に敬遠されがちな「SFアクション」というジャンル
ですので、正直、ここまでヒットするとは予想外でした。
メガヒットの原因は、監督の意図通りの3Dヴァージョンで
楽しむには、3D対応映画館に行かなければならないという事が
一番大きいのでしょうね。
近い将来、レンタルDVDやセルDVDがリリースされても
立体では楽しめませんからね。

「ストーリーが…」という否定的な評論もありましたが、
人種、文化、経済的な壁を越えて世界中で受けている
事実から考えれば、どの文化圏でも理解されやすい、
分かりやすくてシンプルなストーリー展開にしたことは
大正解だったということでしょう。
それがキャメロンの計算(意図的な戦略)だったのか、
どうか?までは分かりませんけどねw。

さて、『アバター』は、
この勢いのまま、オスカーまで取ってしまうのでしょうかw。
注目の「2010年第82回アカデミー賞」ノミネートの発表は、
2月2日午前5時30分より行われます。
(授賞式:3月7日、ハリウッド、コダック・シアター
司会:スティーブ・マーティン&アレック・ボールドウィン)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/28 10:53 ] 映画 | TB(0) | CM(3)
『アバター』の勢いは凄いですね。
イヴェントとしての仕掛けもうまく行ったのでしょう。
また、世が3Dに注目し始めた時タイミングも良かったですよね。

個人的には『ハート・ロッカー』に期待しています。
キャスリン・ビグローは好きな監督なのですが、どの映画も一長一短でした。
今度こそ彼女の最高傑作になっているのでは、と楽しみにしています。
これを機に、『ニア・ダーク/月夜の出来事』とか、『ハート・ブルー』なんかの国内BDが出てくれると嬉しいですね。
[ 2010/01/31 00:12 ] [ 編集 ]
> 個人的には『ハート・ロッカー』に期待しています。
> 今度こそ彼女の最高傑作になっているのでは、と楽しみにしています。

昨夜やっと観ました。(苦笑)
う~ん、正直、期待したほどではなかった感がw…。

ドキュメント風なカメラワークなのですごくリアルですが
爆発物処理チームの話であることと、湾岸戦争物特有の閉塞感で
終始、息詰まる展開といった作風なんですよねぇ。
ほとんど無名の主要俳優はみんな上手くて、将来が期待できますが
作品自体に娯楽的要素はそれほどありませんでした。
『ハート・ブルー』なんかと比べるとかなりテイストが違います。
[ 2010/01/31 00:55 ] [ 編集 ]
早速のご感想、ありがとうございます。
「終始、息詰まる展開」で「娯楽的要素がそれほど」無いとは、余計に期待出来ます(笑)。
今までとは違う映画になっているかも、と楽しみにしています。


まぁ、期待が大きい映画ほど、期待通りかそれを上回ることって、殆ど無いのですけれどもね(^^;
[ 2010/01/31 16:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。