強力な「TZ7」キラー出現!「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」 Cinema Kingdom Blog

強力な「TZ7」キラー出現!「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 強力な「TZ7」キラー出現!「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」HOME > カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100 > 強力な「TZ7」キラー出現!「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

強力な「TZ7」キラー出現!「SONY Cyber-shot DSC-HX5V」

現地時間の6日、ソニーUSAは、ラスベガスのCES会場で
光学10倍ズーム搭載でフルHD動画の撮影が可能なコンデジ
「DSC-HX5V」の発表を行いました。





DSC-HX5V/B | Cyber-shotR Digital Camera HX5V/B | Sony | Sony Style USA
ソニー、海外でGPSと電子コンパス搭載の「DSC-HX5V」発表 - デジカメWatch

主な仕様は以下の通りです。

◎裏面照射型CMOSセンサー搭載
◎35ミリ換算25~250ミリ 光学10倍ズーム
◎有効画素数1020万画素
◎フル解像度(10メガ)秒間10コマ高速連写
◎新・スイングパノラマ撮影
◎3型/23万画素液晶
◎GPSと電子コンパス搭載
◎バックライト補正HDR
◎1080/60i AVCHD形式フルHD動画撮影
◎手ブレ補正機能「Active Mode」搭載
◎Transfer Jet対応
◎メモリースティックとSDHCの両方に対応

なんですか、この最強スペックは!(苦笑)

このスペックで、米国での予約価格は
ソニーUSAの直販ショップで「$349.99」だそうです。
SONYは、こんなコンデジをこんな価格で出して、
自社のフルHDハンディカムをどうやって売るつもり
なんでしょうかw。

デザインからして、Panasonic 「Lumix DMC-TZ7」を
強力に意識しているのが明白ですよね。
双子のようにソックリじゃないですかw。







TZ7の後継機の発表はまだのようですが、
このHX5Vに対抗できるほどのスペックなのでしょうか。
もしまた「CCD」だとしたら、その時点でほぼ負けは
決定的という感じがします。

あとは「DSC-HX5V」が、
日本でいくらで発売されるかが問題ですが、
米国の価格からして4万前後といったところでしょう。
この前買ったばかりですが、値段によっては
手持ちのTZ7を早々に処分して、この「DSC-HX5V」を
買ってしまうかもしれません…。(苦笑)

やはり、衝動買いは後悔のもとなのか…。(涙)


関連記事
スポンサーサイト
なんだよ~、去年サイバーショット買ったばかりなのに…。
しかも安いじゃないですか。
これならハンディカム買う必要ないじゃないですか。旅のお供にピッタリ!
ひとつ不満が。
岩窟王さんも言っておられるように、SONYのオリジナルなデザイン性が欠如しているのでは?
デンスケやスカイセンサー、初代ウォークマンなどの、夢のあるデザインは、もう無理なのかなぁ…。

(なんか、私のブログに色が付いていて、うれしいです!ありがとうございます)
[ 2010/01/13 23:58 ] [ 編集 ]
もうちょっとオシャレじゃないと女子には不評かもしれませんね。
少なくとも黒のみのアメリカと同じ仕様ではまずいでしょw。
ピンクとか赤が必要かと。

> (なんか、私のブログに色が付いていて、うれしいです!ありがとうございます)

???
よく分からないのですが、右の「リンク」のブログ名のリンクの色が
他とは違っているということでしょうか???

これはここをクリックして別のページに行った場合、再読み込みをすると
そのぺージのリンクだけ、別の色になるように予め指定しているだけなんです。
ですから、色が違って見えるのは、ロッカリアさんのPCのブラウザを通して
ご覧になっているからなんですよ。

[ 2010/01/14 09:46 ] [ 編集 ]
こんなモノが出るとは(汗)

ハンディカム500Vを買った身としましては、なかなか、ツライ!!

スペック的にも、全然いけますよね。

やはり、小さい方が、いざというとき、便利ですし。
なかなか、ハンディカムだと持ち出さないですから。
[ 2010/01/15 11:53 ] [ 編集 ]
もちろんフルHDハイディカムの勝ちは揺るぎない
と思います。

しかし、
一般人がたまの旅行やイベントで、記念写真的に
動画を撮るのに使う、という程度の用途なら、
コンパクトで軽量、手軽で便利なコンデジで
1920×1080/60iの動画が撮れるのであれば、
フルHDビデオカメラなど、もはや必要なくなる
と思います。

裏面照射型CMOSセンサー搭載で夜間撮影に強く、
CCDの「TZ7」と違ってスミアも出ません。
その上、去年のハンディカムで評判になった
強力な手ブレ補正機能である「Active Mode」まで
搭載されています。
まだ実物の動画を観ていませんから何ですがw
表面的な数字だけみれば、
1440×1080/60iの地デジよりも高解像度
なんですからねぇ~…w。
価格だってコンデジならビデオカメラの半額以下です。

マニア以外の一般人には、もうすでに、
現在のフルHDビデオカメラのスペックは、
明らかにオーバークオリティでしょうw。
コンデジで1080動画が撮れるのなら
それで充分ですよ。

だいたい、そんなに撮るもの在りますか?
持てる機能をすべて駆使して撮っていますかw?
毎回、編集の上、作品として残していますか?
すべてYES!と答えた方は確実にマニアです。
僕を含めて、一般人の感覚とは明らかに違いますよ。

本当にSONYはよく思い切ったと思いますねw。
驚くべき新製品ですよ。
[ 2010/01/16 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。