上野・鈴本演芸場の初席 Cinema Kingdom Blog

上野・鈴本演芸場の初席 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 上野・鈴本演芸場の初席HOME > 旅行・聖地巡礼 > 上野・鈴本演芸場の初席

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上野・鈴本演芸場の初席

秋葉原の駅はリニューアルを終えて、
すっかり綺麗になりましたねぇ。
今では、昔からお馴染みの「電気街口」周辺よりも
ヨドバシAkiba店のある新しい中央改札口周辺のほうが
人通りが多いような気すらします。
近頃、各方面から虐げられている愛煙家にとっては
喫煙スペースの「オアシス」がある事も嬉しいです。



ここでの撮影後、高架の下を中央通り方面に行き、
これまた真新しい「秋葉原UDX」のイルミを撮影し
中央通り沿いの昔ながらのアキバの風景を撮ってから
御徒町で夕食にちょっと奮発して鮨を食べましたw。

その後、鈴本演芸場に向かい、
動画や写真を撮ることも忘れて切符売り場へ。
すると「立見 2,000円」の札が出ています!
初席は特別料金で大人ひとり3,500円です。
第三部は5:20分に始まりましたが、その時は
まだ6時でした。
これはお得と、すぐに入りました。(笑)

立ち見客は思ったほどの人数ではなく、
舞台はよく見えました。
去年行った5日から10日までの初席は
当日券のみなので、かえって混雑していました。
それに比べれば楽勝ですw。

入った時は小三治師匠の弟子である柳家〆治師匠の
噺が始まったところでした。
その後は、人気と実力の柳家さん喬師匠、
鈴々舎馬桜師匠、奇術の世津子さん、古今亭志ん駒師匠、
若手の注目株、柳家三三師匠、大ベテランの入船亭扇橋師匠、
三味線漫談の柳家柴文師匠と続いて、7時の仲入前が
先ほどの浅草演芸ホールの第四部でこの後トリを務める、
四代目・三遊亭金馬師匠でした。
こりゃ、鈴本にして正解でしたしw、
さすがに顔見世興行でもある初席、豪華な面々が
揃っています。

仲入りの間に一階のロビーに煙草を吸いに降り、
ついでに急いで何枚か写真を撮りました。
終演後ではノボリが片付けられてしまいますし、
一部の電灯も消えてしまう為です。



鈴本演芸場

慌てて撮ったので、ろくな写真がありません。(汗)

仲入り明けに、太神楽社中による縁起物の獅子舞
がありまして、その後は味のある語り口の
柳家はん治師匠、昨年お父上の名前を襲名した
動物のものまねでお馴染みの江戸家猫八師匠、
入船屋扇辰師匠、先ほどすれ違った寄席の爆笑王
柳家権太楼師匠、見事な紙切り芸で寄席ではお馴染みの
身体が揺れまくるw林家正楽師匠、そして最後に
お目当ての柳家小三治師匠が登場しました。

持ち時間は30分でしたが
この日は枕が長引きまして、枕だけで持ち時間を越す
35分近くも喋ってくれました♪(ラッキー♪)
内容は詳しくは書きませんがw、
年末から風邪気味だという話から「喉に効くハチミツは」
という、お得意の蜂蜜話になり、その後、
正しいうがいの仕方の講義が長々とありましてw、
「ためしてガッテン」の(司会者の)立川志の輔は
たいしたもんだ。とても談志の弟子とは思えない、
という話や、ご自分のかつて何度か手術した持病の話などを
面白可笑しくされて、場内は終始爆笑の嵐でしたw。
最後に「皆さん、ガッテンしていただけたでしょうか?」
で締めて、急いで「小言念仏」をやって終りました。
結局、全部で45分以上は喋って下さったでしょうか。
幕が下りるまで万雷の拍手が続きました。
そりゃ、初席でこんなにやってくれれば、
客は大満足ですよw。本当にラッキーでした。



で、目的であった「DMC-TZ7」の写真と動画ですが(爆)、
ご覧の通りで、まあ、こんなもんでしょう。
今後は写真でも「16:9」のアスペクトが選べますし、
持ち運びが楽なこれ1台でコンデジにもビデオカメラにも
なりますので、かなり重宝しそうです。
やはり、写真だけでは伝わらないものがありますからねぇ。
例えば、今回の動画で云いますと、津軽三味線の音とか
飴細工のオヤジさんの手捌きとか、アキバのイルミなど
ですね。



確かに動画優先ではバッテリーの減りが早まりますし、
もっとSDカードも必要かなとは思いましたが、
すでに代えのバッテリーは注文しましたし、
今は16Gクラスの大容量SDカードも手頃な値段ですから
そんなに心配することでもないでしょう。
春にはスミアも出ないし、暗部撮影にも強い新製品が
出るのかもしれませんが、とりあえず、安く買えましたし
まずまず満足しております。
少なくとも数年は愛用することになるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/04 07:12 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。