LUMIX DMC-TZ7で初動画 「浅草寺初詣、秋葉原」 Cinema Kingdom Blog

LUMIX DMC-TZ7で初動画 「浅草寺初詣、秋葉原」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > LUMIX DMC-TZ7で初動画 「浅草寺初詣、秋葉原」HOME > カメラ HC1、TZ7、HX5V、D5100 > LUMIX DMC-TZ7で初動画 「浅草寺初詣、秋葉原」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LUMIX DMC-TZ7で初動画 「浅草寺初詣、秋葉原」

2日の午後に年末に買った
LUMIX DMC-TZ7」の動画と写真のテスト撮り
を兼ねまして、浅草の浅草寺に初詣に行って来ました。
(ついでに秋葉原の夜景も撮って来ました)

「DMC-TZ7」では、設定で動画のフォーマットを
「AVCHD Lite」と「Motion JPEG」(Quick Time)から
選べますが、今回は「AVCHD Lite」で撮っています。
また画質モードは「SH(17Mbps)」、「H(13Mbps)」、
「L(9Mbps)」の3つ(いずれも720P解像度のみ)から
選べますが、今回は一番高画質な「SH」にしています。
フレームレートは60pですが、CCDからの出力は30pなので
実質は30Pの動画ということになります。

単純な動画再生のみでしたら
本体での再生の他、付属のHDMIケーブル()経由で
TVと繋いだり、SDカードを対応するBDレコーダーや
BDプレイヤーなどのSDスロットに挿せばそのまま
再生出来ますが、動画の編集をPCで行う場合は、
別途、動画編集に耐えられる性能(スペック)を
持ったPC()と、動画編集ソフトが必要になります。

※追記※
「付属のHDMIケーブル」と書きましたが、
これは誤りです。(汗)
付属しているのはアナログ用の「AVケーブル」
と「USB接続ケーブル」になります。
TVのHDMI端子に繋ぐには別売りの「HDMIミニケーブル」
が必要です。これの純正品が高額とかで、価格.comの
クチコミで、それのみを理由に「TZ7」をボロクソに云う
KYがおりましたが、純正でなければ、1,500円程度
で買えることを知らないのでしょう。

720p動画の編集に必要なPCスペックの目安ですが
「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」の動作条件から
考えますと、「Intel(R) Core(TM)2 Duo 2.16GHz/
PentiumD 3.2GHz以上(動画再生時)」、
「Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.6GHz以上(動画編集時)」
と、そこそこ高スペックなPCが要求されています。
また、CPUだけでなく、ビデオカードの性能と
メモリーをどのくらい積んでいるかも問題になります。

因みに僕のPCは一年前に買ったもので
・ Windows Vista Home Premium with SP 1 正規版
・ インテル(R) Core(TM) 2 Quad Q9400(2.66/6/1,333)
・ 4GB DDR2 SDRAM (800MHz,4DIMM)
・ 750GBハードドライブ(SATA, 7,200rpm)
・ ブルーレイ再生/DVDスーパーマルチドライブ
・ NVIDIA(R) GeForce(R) 9600GS(768MB)
・ Creative Sound Blaster X-Fi Xtreme Audio PCI Express x1
というスペックです。
ハイビジョンの動画編集をする上ではギリギリ
といった感じですが、これといったトラブルもなく
快適に編集出来ました。
※追記終了※

撮影して来た動画は一回動画ボタンを押してから
もう一度動画ボタンを押したところまでの動画
(つまりワンカット)がひとつのファイルとして
記録されています。
付属のPCソフト「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」を
使いますと、AVCHD編集画面でIN点とOUT点を
指定してやれば、部分削除は出来るのですが、
何より重要な複数のファイルの統合(カット毎ではなく、
ひとつの作品に統合する事)が出来ません。

そこで無料の動画編集ソフトを探してみました。
調べた結果、Vistaには入っていない
「Windows Live ムービーメーカー」をダウンロード
すれば編集が出来ることが分かりました。

http://download.live.com/moviemaker

なお、この「Windows Live ムービーメーカー」と
Vistaに入っている「Windows ムービーメーカー」とは
まったく別のソフトです。(最新の「Windows 7」には
始めから収録されているようです)
また、「AVCHD Lite」の動画再生と動画編集には、別途、
コーデックパックをインストールする必要があります。
僕の場合は、すでに「ffdshow」を入れていましたので
「GOM PLAYER」や「Windows Media Player」で
何の問題もなく再生出来ましたし、「Windows Live
ムービーメーカー」でもスムーズに編集が出来ました。

「DMC-TZ7」のSDのファイル内の「m2ts」ファイルが
カット毎の動画ファイル()になります。

※追記※
実はこの記述は、僕の勘違いです。(汗)
僕はTZ7ではじめて撮った動画ファイルを
一旦、「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」で扱ってから
新しいフォルダを作ってその中に保存し直しました。
その後、「Windows Live ムービーメーカー」をDLして
展開し、最終的な仕上げ作業を行ったのです。
その時のフォルダ内の動画ファイルの形式が
「m2ts」ファイルでしたので、SDカードに収納されていた
動画ファイルも「m2ts」ファイルなのだと思いました。
しかし、後日、別の動画を撮影して、SDカードを直接開き、
「Windows Live ムービーメーカー」で編集しようと
「m2ts」ファイルを探したところ、動画はSDカードの中では
「MTS」ファイルとして保存されていました。
(SDカードの中身を直接開きますと、三つのフォルダが
 あります。この中の「PRIVATE」フォルダを開きますと
 更に「AVCHD」と「MODELINF」の2つのフォルダがあります。
 その「AVCHD」内の「BDMV」フォルダ内の「STREAM」
 フォルダ内にお目当てのカット毎の「MTS」ファイル
 があります)
ですから、正しくはSDカードに保存されている時点では
「m2ts」ファイルではなく、「MTS」ファイルという事に
なります。以上、お詫びして訂正致します。 m(_ _)m
※追記終了※

これを「Windows Live ムービーメーカー」で指定して
「オートムービー」機能を使って編集をしたところ、
約7分30秒の動画になりました。
これを「Windows Live ムービーメーカー」で保存すると
16:9の720p解像度(HD)のまま、PCでの扱いに便利な
「wmv」ファイルに自動変換して保存してくれます。
また、この保存したwmvファイルを「YouTube」に
アップロードする機能も付いています。
というわけで、今回作った動画ファイルを
「YouTube」で公開することに致しました。
すべて手持ち撮影ですし、音楽などもない為、
お見苦しくてお恥ずかしい限りですが、
よろしければご覧下さいませ。(汗)
(最後のクレジットで「Windows Live ムービーメーカー」
の「メーカー」の部分を書き忘れました。
また、途中に出る文字に「つくばエキスプレス 浅草駅」
とありますが、正しくは「つくばエクスプレス」です。(大汗)
どうもすみません)



感想としては、
これは買う前から分かっていたことですが
やはり、CCDが原因のスミアが酷いですね。(苦笑)
スミアというのは強い光源を撮影すると縦に入る
棒状のノイズのことです。
また、昼間の映像はそこそこ良いとして、
夜景ではノイズが増えますし、見た目の解像度や
色の階調も落ちるようです。
でも、まあ、この値段で、このサイズのコンデジで
ここまでの動画が撮れれば、マニアのように
細かいことを気にしなければ、充分という気もします。


次の記事では写真と動画の中身について
詳しく語るつもりです。
実は、動画撮影後に夕食をとって、秋葉原から上野まで
ブラブラ歩いて、鈴本演芸場の初席を立ち見で
観て来たんです。トリはもちろん、小三治師匠でしたw。
ま、その話はまたw。


関連記事
スポンサーサイト
Vistaを使っています。
Windows Live ムービーメーカーとffdshowをインストールしました。

m2tsが再生も編集もできません。

ffdshowで設定が必要なのでしょうか?
[ 2010/04/26 16:27 ] [ 編集 ]
ちなみの音は再生できています。
[ 2010/04/26 16:30 ] [ 編集 ]
TZ7をお使いなのでしょうか?
720pの撮影動画を再生・編集するには
かなり高スペックなPCが必要になります。
お使いのPCは「PHOTOfunSTUDIO 3.0 HD Edition」
を使う条件を満たしているのでしょうか?

http://panasonic.jp/support/software/photofun/prod/v31/env.html

> ffdshowで設定が必要なのでしょうか?

m2tsファイルの再生程度でしたら
特に何の設定も必要ないと思います。
スペックが満たされているとすれば
他のコーデックや動画再生プレイヤーをインストール
されているのでは?
ffdshowとの相性が悪いと云うことであれば
アンインストールした上で、「K-Lite Codec Pack」を
試してみてはいかがでしょう。
[ 2010/04/27 06:36 ] [ 編集 ]
はじめまして。
AVCHD Lite動画に魅力を感じて、TZ7かZX3の購入を検討しています。
パソコンが非力で、PHOTOfunSTUDIOの推奨環境に程遠いスペックです。
取り込みだけPHOTOfunSTUDIOで行なって、再生はWMPかフリーソフトを使ってみようかと考えています。

お願いがあるのですが、
上のYouTubeのサンプル動画の元データ(m2tsファイルまたはMTSファイル)を公開していただくことはできませんか?
再生だけ試して無理そうだったら購入を諦めようかと思うのですが・・・
[ 2010/07/17 13:38 ] [ 編集 ]
はじめまして。

よく知らない方の為にそこまでするのは
ご勘弁願います。
元のMTSファイルが欲しいということでしたら
お近くの家電量販店へSDカードを持参して
購入の参考にと、店内を試し撮りさせて
もらえばよろしいと思います。
もっとも現在展示しているのはTZ10になるかと
思いますが…。

[ 2010/07/17 23:01 ] [ 編集 ]
そうですよね…
なるほど!SDカード持参すればいいのですね。
思いつきませんでした。

mtsファイルのサンプルはこちらでDLすることができました。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20090311_43308.html
[ 2010/07/20 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。