2009年12月に購入したBDソフト 米国盤編 Cinema Kingdom Blog

2009年12月に購入したBDソフト 米国盤編 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 2009年12月に購入したBDソフト 米国盤編HOME > DVD、BD、HD DVD > 2009年12月に購入したBDソフト 米国盤編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年12月に購入したBDソフト 米国盤編

今度は今月買った米国盤です。

■米国盤

Public Enemies [Blu-ray]
 「パブリック・エネミーズ」

Inglourious Basterds (2-Disc S.E.) [Blu-ray]
 「イングロリアス・バスターズ」

District 9 [Blu-ray]
 「第9地区」

Contact [Blu-ray]
 「コンタクト」
(日本語収録)
In the Realm of the Senses [Blu-ray]
 「愛のコリーダ」
(大島渚監督作品)
The Last Emperor [Blu-ray]
 「ラスト・エンペラー」


パブリック・エネミーズ(公開中)
イングロリアス・バスターズ(公開中)
映画「第9地区」オフィシャルサイト(2010年4月公開)
コンタクト (映画) - Wikipedia
愛のコリーダ - Wikipedia
ラストエンペラー - Wikipedia


Public Enemies




ジョニー・デップがジョン・デリンジャーに
扮した、マイケル・マン監督の最新作です。
マイケル・マンは、ヤクザな漢(オトコ)達を
撮らせたら、アメリカでは当代随一の監督ですw。
デリンジャーの恋人役には
『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』の熱演で
オスカーを受賞したマリオン・コティヤールが
扮しています。


一応再生はしたのですが、
映像を流しながらPCを使っていたので
まだちゃんとは観ておりません。(汗)
ジョニデのファンの皆さん、ながら観なんかして
申し訳ありませんw。


Inglourious Basterds






ザッと観ましたが、映画館で観た映像の印象と
ほとんど同じ、なかなかシネマライクな画質に
仕上がっていました。

劇場で「イングロリアス バスターズ」と「2012」を観る

映像特典もタランティーノらしさ満載で
個性的でありながら楽しめる内容になっていました。


22日が発売日でしたので、年内には着かない
と思っていた「第9地区」を含む4タイトルが
意外に早く、27日に到着しました。




District 9






「District 9」の本編は見終わりました。
人間の肉片が血と共に飛び散ったり、
登場するエビか蟹のようなエイリアンが
リアルでキモかったりと、低予算のSF映画らしい
グロい場面がありますので、観客を選ぶかも
しれませんが、個人的には面白かったです。
監督の故郷である南アフリカのヨハネスブルグを
舞台にしたことで、スラムと化したエイリアンの
隔離居住区「第9地区」が非常にリアルに見えました。
また、これはもちろん、同国が過去に行っていた
アパルトヘイト政策の分かりやすいメタファー
でもある訳ですね。



製作費は3,000万ドルとのことですが、
俳優に素人を起用するなど、予算の大半を
VFXに回しているだけあって、CGや特撮の場面に
安っぽさはありませんでした。

作品の詳しい解説は「DVD Fantasium」さんのブログ
「DVD Fantasium業務日誌:The Fantasium Journal」
の記事で読めます。

この夏の最高傑作「District 9」

わざと低解像度のビデオ映像を使った場面が
あったりで、画質にはバラツキがありますが、
良いところは充分ハイビジョンらしい映像でした。
また、映像特典、音声特典も充実しております。

「District 9」のBDをPS3に入れますと
「ゲーム」の項目に米国で来年3月に発売の
アクションゲーム「God of War III」の体験版が
表示されます。
そのデモをインストールしてプレイし終えますと
「God of War III」のメイキング映像が見れるそうです。
(まだやっていません)

Contact





In the Realm of the Senses





The Last Emperor




この3タイトルのBDについてはまだ未見です。
(いや、作品自体は過去にもう何度も観ている
 タイトルばかりですがw)
クライテリオン盤のBDにはオールカラーの
作品解説ブックレットが付いていました。
デジパックのデザインセンスも良いですねぇ。


では、これから仕事に行って来ます。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/29 20:12 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)
今年は色々お世話になりました
勝手にブログの参考にさせてもらってますwww
来年もお互い良い年にして行きましょう
宜しくお願いします
[ 2009/12/30 19:50 ] [ 編集 ]
岩窟王さん、今晩は。
『パブリック・エネミーズ』、昨日劇場で観て来ました。
いかにもハイビジョン撮影な映像が個人的に余り好みではないのですが、マイケル・マンらしく銃撃音が物凄い迫力でした。
特に後半のFBIとの乱射乱撃は見もの聞き物になっていると思います。
映画の出来は、いささか風呂敷を広げ過ぎて中途半端な気がしましたが、ラストは中々まとまっていたと思います。

岩窟王さんの旺盛な購買力には感服させられると同時に、いつも楽しませてもらっています。
また来年もどうぞ宜しくお願いします。
良いお年をお迎え下さいませ。
[ 2009/12/30 21:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。