1080p 3D映像を家庭で実現する新規格、「Blu-ray 3D」 Cinema Kingdom Blog

1080p 3D映像を家庭で実現する新規格、「Blu-ray 3D」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 1080p 3D映像を家庭で実現する新規格、「Blu-ray 3D」HOME > ホームシアター > 1080p 3D映像を家庭で実現する新規格、「Blu-ray 3D」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1080p 3D映像を家庭で実現する新規格、「Blu-ray 3D」

すでに数日前のニュースですが、
Blu-ray規格策定団体のBlu-ray Disc Association
(BDA)は、米国時間の12月17日、Blu-ray Discに記録した
フルHD 3D映像を家庭で再生・表示させる為の新規格
「Blu-ray 3D」を完成させたと発表しました。

Blu-ray Disc Association プレスリリース:
  BDAが3Dの最終仕様を発表~2010年には"Blu-ray 3D"が家庭に~
(pdfファイル)
「Blu-Ray 3D」の規格化が完了 : ストレージ革命 - Computerworld.jp
「Blu-ray 3D」規格が完成 PS3でも3D映像を視聴可能に - ITmedia News
「Blu-ray 3D」の規格化完了。フルHD 3Dを家庭で実現 -AV Watch
FULL HD 3D Global [日本語] | Panasonic

1080p映像を右目向けと左目向けに毎秒120コマで
交互に映し出す(専用眼鏡をかけて視聴)という内容
から考えますと、規格の元になっているのは
パナソニックが開発した方式のようですね。
現在のBDソフトに両目用の1080p映像を収録する
という事は、現在の約二倍の映像を収録出来るように
しなければならない訳ですが、この為に
H.264/AVC(Advanced Video Coding)コーデックを
拡張した「MPEG-4 MVC(Multiview Video Coding)」
というコーデックでエンコーディングするとのことです。

家庭で楽しめる映像は、480i→480p→1080i→1080pと
高精細度化を軸とする進化を遂げて来た訳ですが
ここで一挙に次元が変わって、高精細立体化への道を
進むことになる訳ですね。
まあ、この流れはある程度、予想されていたことですが
思っていたよりずっと早く実現してしまう感じです。

ただ、地デジ(ハイビジョン)への移行すら
なかなか進まない現状を考えますと、
「技術だけそんなに先に行っちゃって、一般大衆は
ちゃんと付いて行くの???」という気もします。
まず、現状ではコンテンツが圧倒的に少ないですからね。
過去に作られたCGアニメは比較的簡単に3D化出来る
でしょうが、実写映画となるとどうなのでしょう。
一時、白黒の名作映画をデジタル技術で彩色した
DVDが発売されたりしましたが、一般化はしませんでした。
でも、遅かれ早かれ、
最新の3D作品を収録した「Blu-ray 3D」ソフトの他に、
過去の作品を最新のデジタル技術で疑似3D化した
「Blu-ray 3D」ソフトが発売されることになるのでしょうw。(苦笑)

しかし、ようやくダブルHDに対応したと思っていたら
またまた新たなフォーマットの登場ですよ…。
メーカーにしてみれば、TVもプロジェクタもBDレコーダーも
「Blu-ray 3D」対応モデルに買い換えましょう!
ってなもんなのでしょうが、AV機器マニアは別にして、
一般人がどのくらい支持するのか、興味が湧きます。

だいたい、日本のBD購買層の大半はアニオタだからなぁw。
2Dしか愛せない奴等がw、「Blu-ray 3D」対応ソフトや
対応AV家電に果たしてお金を出すでしょうかねぇw。
セルアニメを3D化するのは実写ものを疑似立体化するより
難しそうな気がしますし…。

それに、AV機器を一式買い換えるのも大変ですが、
百歩譲って、それはどうにかするとしても
眼鏡をかけないと観れないというのも不便ですよねぇ。
ながら見をするのは難しいでしょうしw、
独り者ならいいですが、大家族ともなると
オプション扱いであろう3Dメガネの買い増しも
大きな負担になりそうです。
ひとつ幾らくらいになるのか見当が付きませんが、
例えば、妻帯者が妻子の分を買うのは仕方ないwとして、
独身男が倦怠期中の彼女や、別れの予感がしている彼女の為に
買う気になる価格設定かどうかが、「Blu-ray 3D」が
普及するかどうかのひとつの判断基準になりますね。(爆)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/21 14:08 ] ホームシアター | TB(0) | CM(2)
テンプレート変わったんですね。一瞬ビックリしました。
どうなんですかね~、実際に早くこの目で確かめてみたいですね。
マニアだって、私みたいなプアな人種も存在するわけで、欲しくても金額が、ねぇ…。
メガネ要らずの3Dの話は何処へ?
『アバター』あたりがソフト化される時には、何かしらのアクションがありそうな気もします。
ああ、技術は貧乏人のためにあって欲しいモンです、はい。
[ 2009/12/22 00:27 ] [ 編集 ]
問題はやはり値段ですよねぇ。

おそらく現在の倍速から4倍速走査のTVの売価に
多少プラスされた程度になると思うのですが、
はてさて、どのくらいの差額になるのか…。
それと地デジ完全移行が目前に迫って来た事と
エコポイントの相乗効果でTVが売れているらしい
ですが、この時期にこの「Blu-ray 3D」発表は
吉と出るのか、凶と出るのか?といった感じです。
TVは1度買うとなかなか買い換えませんから
投入するとすれば来年のなるべく早い時期に発売
できなければ、需要に乗り遅れることになるかも
しれません。

どちらにせよ、貧乏人としては様子見ですがw、
「Blu-ray 3D」は今までのAV機器とも
互換性がありますから、3D映画の対応BDソフトが
出るようになったら購入することになると思いますw。


最後に、テンプレ変更後、はじめてのコメントを
ありがとうございました。
正しく書き込めるようで安心致しましたw。



[ 2009/12/22 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。