米国盤BD「Up [Blu-ray](カールじいさんの空飛ぶ家)」 Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

米国盤BD「Up [Blu-ray](カールじいさんの空飛ぶ家)」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
HOME > DVD、BD、HD DVD > 米国盤BD「Up [Blu-ray](カールじいさんの空飛ぶ家)」

米国盤BD「Up [Blu-ray](カールじいさんの空飛ぶ家)」

続いて、同じ11月20日に到着した米国盤BD
「Up [Blu-ray](カールじいさんの空飛ぶ家)」
の感想です。

Up (4 Disc Combo Pack with Digital Copy and DVD) [Blu-ray]



Up (4 Disc Combo Pack with Digital Copy and DVD) [Blu-ray]
 「カールじいさんの空飛ぶ家」


「カールじいさんの空飛ぶ家」オフィシャルサイト

Special Features
Disc 1: The film (duh!) complete with the in-movie
feature called "Cine-Explore,"
which provides picture-in-picture
tidbits while you watch; an amazing Pixar short
called "Partly Couldy";
an animated short that offers some extra back story
for the lovable pooch ("Dug's Special Mission"),
a really cool featurette on the journey
the animators took to South America
for inspiration, and alternate scenes.
Disc 2: Eight making-of/behind-the-scenes documentaries,
a geography game ("Global Guardian Badge Game"),
expanded character back story ("Married Life"),
and other odds-and-ends.
Disc 3: The DVD featuring some bonus features.
Disc 4: A digital copy.









ピクサーの記念すべき第10作目のCGアニメで、
主人公がはじめて普通の人間という作品であります。
ピクサー初の本格的3D映画として作られた作品
ですので、2D収録のBDではどうなのだろうと
心配しておりました。
しかし、これ見よがしで不自然な立体演出はなく、
その点では安心して観れました。

BDの画質・音質には全く不満はありません。
短編CGアニメやゲーム、メイキングが収録された
特典映像についても質量共に素晴らしかったです。

ただ、個人的には
もっとハートウォーミングな、癒し系ファンタジー
なのだろうと予想していたので、内容については
肩すかしを食らったような感覚が残りました。
中盤から無理矢理、アクション・アドベンチャー的
展開になったように感じられ、その後の映画のリズムに
乗りきれなくなってしまったのです。
とにかく、初見の感想はそんな感じでした。

話の骨格としては、ピクサー版『グラン・トリノ』
と云ったストーリー展開でした。
先進国はどこも高齢化問題を抱えているせいか、
このところ老人をテーマにした映画が増えている
ような気がします。
でも、最愛の妻に先立たれ偏屈になった老人
という設定と、ファンタジー色の強いアクション・
アドベンチャー的なストーリー展開がうまく
馴染むもんですかねぇ…。
僕にはどうも違和感があったのですが…。

それに、そもそも、どのキャラのデザインも
あまり僕の好みではなかったんですよねぇ。(爆)
主人公のカールじいさんは、歳いってからの
スペンサー・トレイシー辺りがモデルだと思いますが
もうちょっとうまくデフォルメ出来なかったのでしょうか。

スペンサー・トレイシー

同じピクサーの人間キャラでも、下の短編
「one man band」の三人なんか、最高なんですけどね。




個人的には前作の『ウォーリー』のほうが
よっぽど良いデキだと思います。
まあ、BDに収録された予告編にもあった、
来年夏公開の「トイストーリー3D」に期待ですねw。




http://disney.go.com/ToyStory/

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/12/06 00:00 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(4)
ミスター・インクレディブルは?
[ 2009/12/06 15:49 ] [ 編集 ]
カールじいさんを劇場で見て、
帰ってきたところです。
意外な展開に驚きましたが、
よく考えてみれば、
ウォーリーやモンスターズインクと
同じ展開ですね。

僕は、郵便受けにペンキを塗るところが一番すきです。
こういうのが、僕の理想の女性です。
僕もカールみたいに、とろいところがあるので(^o^)
[ 2009/12/06 19:47 ] [ 編集 ]
> ミスター・インクレディブルは?

まあ、超人もある意味人間には違いありませんが、
はじめて主人公が「普通の人間」という意味で
書いたんですよ。
ご指摘いただいたので、加筆しておきますね。
[ 2009/12/07 06:44 ] [ 編集 ]
> カールじいさんを劇場で見て、
> 帰ってきたところです。

序盤と家が飛び立つあたりまでは
すごく良かったのですが、中盤以降は
あまりに荒唐無稽かつムリクリな展開のように
感じられて、醒めてしまったんですよねぇ。(苦笑)

> 僕は、郵便受けにペンキを塗るところが一番すきです。

あれは良かったですね。
奥さんが出てくる場面はどこも良かったですが、
あの手形のシーンにはキュンとしますよねw。
[ 2009/12/07 07:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する