苦笑するしかない「裸のアイドル女優たち」w Cinema Kingdom Blog

苦笑するしかない「裸のアイドル女優たち」w Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 苦笑するしかない「裸のアイドル女優たち」wHOME > 映画 > 苦笑するしかない「裸のアイドル女優たち」w

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

苦笑するしかない「裸のアイドル女優たち」w

午前中にちょっとした用事で出掛けたのですが、
その帰りに本屋の映画本コーナーでブログのネタに
最適ではないかと思われる本を発見しました。(笑)
その名も「裸のアイドル女優たち 永久保存版
外国スターの衝撃写真集186人 (スクリーン特編版)
」。
どぉ~です!?(爆)

ビニールでパッキングされていて
中身が見れない点が不安でしたが、
「ネタになりそうだから、いいやw」と、
スタジオジブリ特集の「Cut」12月号と
一緒に買って来ました。



しかし、このセンスのない表紙デザイン、
すごいですよねぇ・・・。(苦笑)
さすが「スクリーン」特編版です。
大昔から、近代映画社の映画雑誌「スクリーン」は
表紙デザイン、誌面レイアウトのセンスが
かなり独特なテイストwでしたからねぇ・・・w。
今は亡き、ライバル誌「ロードショー」のほうが
よっぽどオサレでしたもんw。
(一緒に買った「Cut」なんか、マジでオサレ)

そんなわけで、「映画で脱いだ世界のスターたち!」
という副題も含めて、ダメダメな予感しかしません
でしたがw、帰宅後、ビニールを破いて開いてみると
まさに予想通りの内容でした!w

写真集を謳っていながら、
カラーページは全体の4分の一か、5分の一程度で
残りは白黒ページになっています。(苦笑)
その上、紙質がイマイチなこともあって
写真の発色、解像度が最悪なのです。
おそらくほとんどがVHSから起した写真なのでしょうw。
苦笑いするしかありませんw。



誌面のレイアウトも昭和中期テイスト全開ですw。
表紙もカラーページもピンクだらけで
林家パー子の写真集か!、ってな感じですしねw。
とりあえず、解説文にその女優がヌードになった
作品名が載っている事だけが救いでしょうかw。

中坊の頃に、深夜になると人通りが途絶える道端に
設置されていた自販機で、何度かビニ本を買いました。(苦笑)
急いで帰り、期待に胸とアソコwをふくらませて
ビニールを破いてみると、決まってガッカリな内容
だったものですw。
久しぶりにあのビニ本たちを思い出しましたw。
そんなわけで、永久保存版を謳っているこの本、
なかなか甘酸っぱい「衝撃写真集」でありましたw。


Cut (カット) 2009年 12月号 [雑誌]Cut (カット) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/19)
不明

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/30 15:12 ] 映画 | TB(0) | CM(6)
この本、買おうか迷いましたが、買いませんでした。買わなかったことを公開していましたが、岩窟王さんのおかげですっきりしました(^o^)。

今年こそプロジェクターを、と思っていましたが、諸処の事情から、46型の液晶を買ってしばらくは我慢することにしました。
今まで、25型のブラウン管でしたので、これだけでも、けっこう感動しています。
A-1VLS、NS-1000Mを生かしてサラウンドを楽しみたいと思っているのですが、安いパッケージには、フロントプリアウトがなくて、困ります。かといって、図体のでかいAVアンプを買い足すのも、何だか納得いかなくて…。よい方法はないものでしょうか。

これからもブログ楽しみにしています。
小学校の4年生の担任をしていますが、今、子どもたちに落語をやらせています。
なかなか才能のある子もいて、楽しい授業です。
[ 2009/12/04 22:40 ] [ 編集 ]
もう少し安ければ買ってもそう後悔はないかもしれませんが、
1800円は高すぎると思います。
その内容からして、適正価格は800円くらいかとw。

> 諸処の事情から、46型の液晶を買ってしばらくは我慢することに

液晶TVのご購入、おめでとうございます。
一般家庭で46型なら充分大画面でしょう。
画質・機能面ではプロジェクタにはない利点も多い
のですから、そのような選択もアリだと思います。

> A-1VLS、NS-1000Mを生かしてサラウンドを楽しみたいと思っているのですが、安いパッケージには、フロントプリアウトがなくて、困ります。かといって、図体のでかいAVアンプを買い足すのも、何だか納得いかなくて…。よい方法はないものでしょうか。

ONKYOのデジタルアンプの「A-1VLS」は
僕も購入を考えていました。良いアンプですものね。
YAMAHAの歴史的名スピーカー「NS-1000M」も懐かしいですねぇ。

現在、もし僕がホームシアターセットを買うとしたら
個人的にはHDオーディオに対応したシステムにしか興味が湧きません。
となると、 現状ではPIONEERの「HTP-S323」、「HTP-S525」、
それに来月発売の「HTP-S727」あたりになるでしょうか。
ただ、どれもアナログ出力端子は備わっていますが、
プリアウト端子はありませんね。
それでもよろしければ、例えば、
センターは「NS-1000M」をファントムで使い、
「HTP-S525」のフロントSPをサラウンドSPに転用する
なんて案が思い浮かびます。

しかし本心を云えば、安いAVアンプをデコーダー兼、
HDMIセレクター兼サラウンド&センターSP駆動用に
お買いになった方が、満足度は遙かに高いような
気がします。
サラウンドモードの充実度でヤマハの「AX-V765」、
それにONKYOの「TX-SA507」や「TX-SA607」辺りなら
「A-1VLS」と組み合わせて使っておられる方も
いらっしゃるでしょう。
もっとコンパクトなものが良ければミニコンサイズの
「SA-205HD」なんかもあります。
もちろん、これにもプリアウト端子が付いています。
ただ、フロントのクオリティを考えたら、最低でも
「AX-V765」、「TX-SA607」クラスのアンプでないと
後悔しそうな気がしますがw。

[ 2009/12/05 08:47 ] [ 編集 ]
アドバイスありがとうございます。
年末までに、ゆっくり検討してみます。
[ 2009/12/06 19:41 ] [ 編集 ]
すみません。
ファントムで使い
って、どうすることですか。
[ 2009/12/06 20:34 ] [ 編集 ]
センタースピーカーを使わずに
二台のフロントスピーカーだけを使って
センター用の音声も鳴らす再生方法(モード)のことです。
センタースピーカーは無いのに、
あたかもセンタースピーカーがあるかのように聞こえるので
「ファントム(亡霊・幽霊)」(モード)と呼ばれています。
(これはAVアンプで設定します)

映画の音声再生では
台詞を受け持つセンター・チャンネルの役割が非常に重要
になりますので、通常はそれ専用のセンタースピーカーを
用意するのが一般的です。
ただし、「A-1VLS」と「NS-1000M」の組み合わせの音質と
バランスの取れるクオリティのセンター・スピーカーや
それを駆動するAVアンプを用意するとなると、
それ相応の資金が必要になります。
ですから、新たに安いセンタースピーカーを買うくらいなら
当面はファントムでしのいだ方が、音質的にも有利で
満足度も高くなると思いますよ。
2チャンネルから多チャンネル再生に挑戦する際は、
とりあえずファントムにしておいたほうが無難なのです。
[ 2009/12/07 07:07 ] [ 編集 ]
わかりました。
ありがとうございます。
[ 2009/12/09 18:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。