紅葉の「袋田の滝」 Cinema Kingdom Blog

紅葉の「袋田の滝」 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
HOME > スポンサー広告 > 紅葉の「袋田の滝」HOME > 旅行・聖地巡礼 > 紅葉の「袋田の滝」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅葉の「袋田の滝」

昨日の14日、地元発着の日帰りバスツアーで
茨城県にある日本三名瀑のひとつ、「袋田の滝」と
同じ茨城にある竜神峡に架かる「竜神大吊橋」に
紅葉を観に行って来ました。

心配していた天候ですが、
家を出る時と道中の一部では
雨が降ってはいたものの、「袋田の滝」に
到着した頃にはほぼあがって、その後は
傘要らずで観光が出来ました。

「袋田の滝」を観るには、観瀑施設の
「袋田の滝トンネル」を通る必要があります。
その入り口まで、旅館や土産物屋の前を通って
添乗員さんの後をゾロゾロ付いて徒歩で移動しました。
日程を変更できない団体の観光客は多かったものの、
午前中の雨のせいで個人客は少ない印象でした。







トンネルまでの土産物屋の店先では
鮎の塩焼きや、焼きだんご、いも串
(甘辛の味噌を付けて里芋や大きめの
だんごを炭火で焼いた物)を売っていました。
また、ご覧のように紅葉が実に見事でした。

「袋田の滝トンネル」
(入場料は大人300円、中学生以下150円)の
切符売り場のある入り口からトンネルに入り、
5分ほど歩くと観瀑台に付きます。
(トンネルの長さは276m、高さ3m、巾4m)
その「袋田の滝」の観瀑台は、長らくひとつだけ
でしたが、去年の平成20年の9月にエレベーター
で上がる新観瀑台が完成しています。
なお、新観瀑台のエレベーター代は入場料に
含まれています。

袋田の滝 新観瀑台オープン::茨城県 大子町



添乗員さんが云うには、先週の土曜日に
TVのニュース番組が「袋田の滝の紅葉が見頃」と
放送した為、翌日の日曜日は猛烈に混んだのだ
そうです。
なんでも、新観瀑台のエレベーターの列が
1時間半から2時間待ちだったのだとか…。
これほど混んでは、時間制限のある団体客は
乗れませんので、この列はほとんど全員が個人や
カップル、家族などの小グループの観光客だった
ということになります。
綺麗な景色は良いですが、日本の観光地の混雑は
ちょっと異常ですね。(呆)

この日も下の旧観瀑台の手前から
エレベーターの列が出来ていました。
僕らのバスツアーでは滝観光に1時間45分
当てられていましたが、あまり時間がかかるようだと
新観瀑台のほうは諦めなくてはなりません。
そこでスタッフの方にどのくらいかかるかと訊くと
「ここから20分前後」とのこと。
それなら観れる!と、並ぶことにしました。
雨模様も悪いことばかりではないようです。(嬉)

そこから本当に20分ちょっとで
エレベーターの乗り口まで来ました。
2台の大きめのエレベーターがフル稼動しています。

新観瀑台は三階のデッキからなり、
エレベーターから降りた一番下の階が第1デッキ、
その上が第2デッキ、階段を二階分上がった
一番上の観瀑台が第3デッキとなっています。

「滝の全景が観られる」というふれこみでしたが
自然の景観を活かして建てられているので、
木や草が邪魔して一番下段の滝の全容や
滝壺までは見えませんでした。
個人的には、第2デッキからの景色が一番良い
と思いました。下の写真がそれです。




帰りのエレベーターの待ち時間はほぼゼロでした。
その後、エレベーターからの降り口の真正面にある
旧観瀑台に移動しました。
旧観瀑台の入り口、トンネルの一番奥に当たる場所には
「四度滝不動尊」があります。



辺りには滝の流れる音が轟いています。

滝を一見して、そのスケールに驚きました。
僕のデジカメでは観瀑台の一番後ろから最広角にして
撮っても全然入りきらない幅なのです。



「袋田の滝」は落差120m、幅73mあると云いますが
いやぁ~、凄い迫力ですw。
あちこちから「マジ、ハンパねぇ」、
「マジ、ヤバイっしょ」との声があがっていましたw。
なお、ここからでは新観瀑台から見えた
滝の最上段の部分は見えません。
でも、この迫力こそが名瀑「袋田の滝」でしょう。






帰り道は、上の写真の右上に写っている
吊り橋を経由して戻ることにしました。
トンネルから吊り橋へ向かう出口にも
切符売り場があり、ここからもトンネルに入る事が
出来ます。
景色は、当然、薄暗いトンネルを通るより
吊り橋を経由するルートで来た方が全然綺麗ですが、
道幅が細い上に土の道ですので、多くの観光客が選ぶ
帰り道に通ったほうが無難かもしれません。
以下の写真は、そのルートを駐車場方向に戻りながら
撮影した、「袋田の滝」とその周辺の写真です。
さきほど居た旧観瀑台の四角い外観も写っています。











15分程度で土産物屋が並ぶ辺りまで戻り、
店をブラブラ覗いて時間を潰しました。
その時、250円也のいも串を買って食べましたが、
なかなか美味しかったですw♪

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/15 08:23 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。