ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray] Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
HOME > スポンサー広告 > ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]HOME > DVD、BD、HD DVD > ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

絶賛している人はしているw「ヤッターマン」BDが
このところ気になっていたので、購入して観てみました。
30億以上稼いで、春休みの興行成績が一位だった
とのことですが、僕自身は初見でした。

ヤッターマン

















ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]

映画「ヤッターマン」公式サイト

別段、ハマッていた訳ではありませんがw、
オリジナル版のアニメの方は普通に観ています。

あくまでもアニメ版をそのまま実写で再現する試みは
オリジナル版を見ていた世代にはたまらないでしょうし
CGIのデキが素晴らしいこともあって、
かなり成功していると思いました。
映画版でも使われている神保正明さんと
山本正之さんの楽曲も懐かしい限りでしたし、
滝口順平さん(ドクロベエ)を始め、チョイ役で出演も
されている山寺宏一さん(ヤッターワン他)、や、
たかはし智秋さん(オモッチャマ)等の声優陣の演技にも
まったく文句はありません。

しかし、肝心の映画には、
イマイチ乗り切れませんでした。(苦笑)
BD-BOX自体はそこそこ良いデキだと思いますが
この内容ならWOWOWの放送でも録画すれば十分で
わざわざ買うまでもなかったかもしれません。(汗)

特に中盤までがそうなのですが、
演技のテンポと編集の間に微妙なズレが感じられ、
なんだか気になって仕方ありませんでした。
そもそも、まともな演技が出来るのが、
ボヤッキー役の生瀬勝久さん(例外的に素晴らし過ぎるw)
と、海江田博士を演じた阿部サダヲしか居ないのが
最大の難点だと思います。
他の俳優が演技している場面は、
観ているだけでなんとも気恥ずかしく、辛かったです。
(ヤッターマン1号の櫻井翔くんは及第点でしたが)

ケンドーコバヤシのトンズラーは、ルックス的には最高
なのですが、やはり演技経験の少なさが致命的で、
叫んでいるシーン以外での滑舌の悪さには呆れました。
HDオーディオで聴いていても半分くらいしか
意味が分からない感じでした。(オーバーかw)

ヤッターマンの真の主役はドロンボー一味の三人組、
中でもドロンジョ様だと思うのですが、
やはり僕の中では深田恭子はミスキャスト以外の
何者でもなくて、違和感ばかり感じてしまいました。
やはりドロンジョ様にはお姉様キャラ、
女王様キャラが似合う、 ナイスバディ wな女優さんに
演じてもらいたかったです。
例えば、ちょっと前の杉本彩さんや真木よう子さんとか、
20年前の夏木マリさんとかwですね。

演技力は未知数ですが、
グラビアアイドルの杉原杏璃さんなんか、
ルックス的には完璧だと思います。(笑)

杉原杏璃 2010年 カレンダー杉原杏璃 2010年 カレンダー
(2009/10/14)
トライエックス

商品詳細を見る

グラドル出身でも井上和香さんとか眞鍋かをりさん
辺りなら、頭の回転も速くて演技もイケそうですね。

深田恭子の演技が良かったのは、
キャラ設定が絶妙だった「下妻物語」だけですからねぇ…。
中島哲也監督は俳優の演技指導に厳しかったり
何度も粘ったりするイメージがありますから、
彼女のキャラも活きたんだと思います。
ご本人とファンの皆さんには失礼ですが、
深田恭子さんは、昔ながらの典型的な日本人体型で
良く言えば「ほんわか癒し系」、悪く云えば「白痴美人系」
のイメージがあるではないですか。(苦笑)
個人的にはどうもドロンジョ様のイメージとは
重ならないんですよねぇ。

それに、三池崇史監督の演出方法は
演技経験の浅い俳優や元から大根の役者を演出するには
馴染まないんですよ。
上手い人ばかり連れて来た場合はスムーズで良いのですが、
この作品のように演技経験の少ない俳優達が多い現場では
もっと丁重に時間をかけて演技指導するような監督でないと
俳優の個性を活かしつつ、彼らから良い演技を引き出す
ことは、なかなか難しいと思います。

そう言えば、
メイキングを飛ばし見して気が付いたのですが
三池監督、いつのまにか髪を伸ばしていたんですね。
パッと見だとアチラの筋の方にしか見えない
強面な監督さんというイメージしかなかったのですが、
今回はもう少し普通の人に見えました。(爆)


ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]ヤッターマン “てんこ盛りブルーレイ” [Blu-ray]
(2009/09/25)
櫻井翔福田沙紀

商品詳細を見る








関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/04 06:05 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)
変な方向に振っちゃいましたか?
申し訳ない。。。

確かに「杉本彩」はイメージなのですが、年齢的にはパスかなぁ?と思っていたところで、深きょんの発表。話題性として、大成功だったと思います。
(私の視聴的には合格点だったし…)

しかし岩窟王さんのコメントを読むと、それもごもっとも。うんうん。流石、深さが違います。
「眞鍋かをり」アリだったかも…。
[ 2009/10/04 23:30 ] [ 編集 ]
Dervaさんのレビューも参考にさせていただきましたが
密林の感想がほぼ絶賛だったので手が出た感じです。
皆さん、深キョンのドロンジョを絶賛していますし、
実際、話題になって大ヒットもしている訳ですから
僕の意見は少数派なのでしょう。

ジャニーズとホリプロの力もあっての
大ヒットという気もしますから
単純にルックスや演技力だけでは選べない
大人の事情もあるのでしょうしねw。
[ 2009/10/05 07:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。