僕も徒然に Cinema Kingdom Blog

僕も徒然に Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 僕も徒然にHOME > 日常の雑記 > 僕も徒然に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

僕も徒然に

モリヤンさんのこちらの記事を読みました。
同意することが多い記事でした。
本来ならあちらのコメント欄にでも書き込むべき
かもしれませんが、長くなりそうなのでw
こちらに書かせていただきます。


僕自身も最近、購入を考えるBDタイトルは、
二度以上観る気になる、持っていない新作と旧作が中心
になりつつあります。
迷ったら買わない、というパターンが増えています。
これは、すでにDVDなどで持っているタイトルが多い、
買ってももうソフトの収納スペースがほぼ無い(汗)、
という個人的な事情もありますが、新作映画でも
ソフト発売から数ヶ月後にはBSやCSでフルHD放送される
日本独自の事情も大きいでしょう。

また、黒猫ビルさんに対するレスで
モリヤンさん自身も述べておられるとおり、
CDやTVアニメなら長くても30分か40分の集中で
楽しめますが(音楽なら最短一曲だけでも楽しますし)、
映画となると最低でも1時間半から2時間続けて集中しないと
いけないという、時間的な問題も大きいでしょう。
映画は音楽やTVアニメに対して拘束時間が長いので、
それなりの時間を作り、「よし!観よう!」という
気合いwと意志を持って観なければいけません。
僕自身も含めて、世の中不況でも
平日に自由になる時間は自ずと限られていますから
「BDやDVDを買ったのに観れない」、
「BSやCSで録画済なのに観れない」という状況にある
方は多いのではないでしょうか。

また確かに、
今や安価なモデルの組み合わせだけでも
家庭で楽しむには十分なクオリティである
フルHDとHDオーディオに対応出来ますので
AVという趣味は、ベースの部分では
もうそれほど伸びしろがないという気も致しますね。(苦笑)
これはオーディオの世界にしても同様でして、
(モリヤンさんのようなマニアは別にして)
一般人は、圧縮音源のクオリティ程度で
十分満足して楽しんでおられる方が大半な訳ですから
AVの世界とそう大差ない状況だと思います。
実際、CDや次世代CDソフトなどは、
まったく売れなくなってしまいましたからね。

ただ、HDオーディオに対応したAVアンプは
ドルサラ全盛の頃のAVアンプと比べれば
相当高音質化しておりますし、同時に、聴く方も
音質のクオリティに敏感になっておりますので
「以前よりCDを聴く機会が増えた」、
「音楽用プレイヤーやスピーカーのクオリティアップ、
 買い換えを考えている」、というAVマニアは
BD規格発表以前より大幅に増えているはずであります。
僕自身もBDのHDオーディオやSACDを再生してから
今まで大きな不満の無かったセンタースピーカーの弱点が
気になるようになってしまいました。(苦笑)


僕も家庭用AV機器の3D化や
スーパーハイビジョン化にはそれほど興味が湧きません。
まあ、映画の新作が、ほぼ3D化される時代になったら
また違ってくるのかもしれませんが、
現時点では3D映画の数はおそろしく限られていますので
家庭用AV機器やBDソフトが3D対応になっても
果たして、メーカーが期待するほど売れるのかな???
と思います。
ハリウッドが3D化しても他の外国映画や
邦画&アニメ作品は今まで通り2D中心でしょうし、
(モリヤンさんもおっしゃているとおり)
家庭用AV機器が安価で立体対応になっても
今やまったく見ていない(地上波の)TV番組を見る機会が
劇的に増える、なんてことにはならないでしょうしねw。

そもそもTV放送や
家庭用AV機器が3D化対応になったとしても
心身に害になるようでは困ります。
視聴者には子供や老人も多い訳ですから
番組の内容以前に、安全性が一番の問題に
なるのではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/26 13:40 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(7)
モリヤンさんのところで話題に乗り遅れてしまったので、こちらにお邪魔します。

私はまだまだ買っている方です(岩窟王さんに比べると少ないですが)が、やはり繰り返しで観るものは限られます。

そして、集中という意味では私も洋画を観るより、アニメやドラマといった類が多くなってきたかな?とも思ってしまったり…。
(まぁ観だすと違うんですけどね。なかなか重い腰が…)

WOWOWはラインナップも良い方ですし、放送も早い。パッケージの力のなさ(インナーもないものが多かったり)を考えると、WOWOW録画で十分だとは思います。
問題は、吹き替えと字幕が共存されないことかな?
レンタルも手ですが、所有感が満たせないのが難点で。

繰り返し観るものを選定するとなると、初見のものに手を出しづらく考えてしまいます。
まぁ今では発売後でも安価に売っているので、BD登場時期に比べると予約買いするリスクは少ないですが…そうなると今度は中古やセールを狙いたくなり…となかなか手を出さなかったりです。

段々と、コレクションしたいタイトルや見知っている作品に限られてきますね。
まぁ棚の空きも少なくなってきたのでここらで一度整理をしてみるのも良いかもしれません。

あぁ何かコメントしていて、訳が判らない文章になってしまいました。ごめんなさい。

ともかく、金額を投資するに値しないようなパッケージ盤が多すぎるということでしょうか!?
[ 2009/09/28 00:09 ] [ 編集 ]
またまたお返事が遅くなってしまいました。(汗)
すみません。
その点、モリヤンさんはすごいw。
記事の本文書くより、レスのほうが時間が掛かっているでしょう。

> WOWOW録画で十分だとは思います。
> 問題は、吹き替えと字幕が共存されないことかな?

それと洋画の場合、字幕のフォントが大きいのも難ですよね。
もう何年も云われていることですが、
わざわざWOWOWに加入しているような人の家のTVは
どこも比較的大画面だと思うんですけどねぇ…。

> 段々と、コレクションしたいタイトルや見知っている作品に限られてきますね。
> まぁ棚の空きも少なくなってきたのでここらで一度整理をしてみるのも良いかもしれません。

僕の場合、それが出来なくて溜まる一方なんですよねぇ。(苦笑)
今まで持っているソフトを処分したことがないですから。
でも確かに、DVDやダブっているBDを売っぱらうのが一番合理的ですよねぇ。
棚のスペースも空くし、それなりにお金にもなりますから…。

> ともかく、金額を投資するに値しないようなパッケージ盤が多すぎるということでしょうか!?

この点は感じますよね。
思わずコレクションしたくなるような内容、仕様、価格のBDが
少ないということですよねぇ。
困ったものですね…。

[ 2009/09/29 15:26 ] [ 編集 ]
私も最近、買ってもいいソフトが少なくなってきていると思ってます。
でも冷静に考えるといい作品がないとか時間が長いというのは自分が歳をとったせいではないかと考えてしまいます。
好きなことをしていても疲れたり途中で休憩をとったりして若い頃のようにはいきません。。。。
作品にしても今のCG全盛の作品に知らず知らずのうちに拒否反応というかつい昔の方がストーリー性があったと言う感情が出てきてる自分がいます。
その点は人間が成長してきたと思ってます。(と言うか思わないと気が滅入りますから。。。。)

まあ、ソフトは買わなくてもレンタルがありますしwowowのように高画質放送もありますから無理して買わないようにしています。

では失礼します。

[ 2009/09/30 01:15 ] [ 編集 ]
気分的には20代の頃からそれほど変わっていない
つもりなんですが、確かに年齢も多少は関係があるのかも
しれませんね。(苦笑)
「HiVi」の読者年齢の平均は確か40代だったはずw。
AVを趣味にしているのはオヤジ層が中心
ということになるのかもしれません。(笑)

また、映画好き、映画マニアというのは、
どうしても自分が若い頃に観て印象に残った作品を
過度に評価しがちです。
作品の評価には世代差が結構色濃く出るような気がしますw。
どうしても若くて頭の柔らかかった頃に観て
感動した作品というのは強く印象に残るものですからね。
そんな体験を何度か重ねた人が、自然と
自他共に認める映画好きになってゆく訳でしょうし…。

まったく同じ作品を、多感な思春期の頃に観るのと
オヤジになってから観るのでは
自ずと受け取り方が変わるはずですよね。
まあ、自分としては、なるべく心を柔軟にして
ニュートラルな姿勢で新作と向き合いたいと思っていますが、
そうは云っても思春期の頃のように感動出来る作品というと
最近はかなり希になって来ていますねぇ…w。

新作のハリウッド映画に心酔し、
日本映画や白黒映画なんて馬鹿にしていたガキが
黒澤監督や他の邦画黄金期の名匠の代表作を観た時の衝撃
ってのは、もう一生忘れられませんw。
自分が生まれる前に撮られた作品であっても
未見の作品であれば、個人的には新作と同じです。
願わくば、若人の皆さんには変な偏見は捨ててもらって
古典を含めた名作、傑作を楽しんでもらいたいなぁと思います。

要するに、オヤジ世代で、なおかつ長年の映画好きというのは
未見の作品(旧作も新作も)がどんどん少なくなってしまうわけでして
それもあって、AVについてもソフトについても映画自体についても
なんとなく閉塞感や退屈さを感じてしまうのでしょうw。
[ 2009/09/30 08:24 ] [ 編集 ]
「気分的には20代の頃からそれほど変わっていない つもりなんですが、」
私もそのつもりですが50m全力で走れなかったり逆上がりが出来なくなってます。。。

「映画好き、映画マニアというのは、 どうしても自分が若い頃に観て印象に残った作品を 過度に評価しがちです。 」
その通りです。最近「銀河鉄道999」のBDを買ったのですが最近の作品より全然良かったです。(画質ではなくストーリーがですが。。。。)

それと昔の作品を見てる時ってその当時を思いだしませんか?
「999」を友人と見ててその当時(小学校低学年)を思い出して話が盛り上がりました。
最近はそんな見方もありかな?と思ってます。

「願わくば、若人の皆さんには変な偏見は捨ててもらって
古典を含めた名作、傑作を楽しんでもらいたいなぁと思います。 」
同感です。
できればBDの発売よりもWOWOW等のHD放送でどんどんやって欲しいです。

では失礼します。
[ 2009/09/30 22:31 ] [ 編集 ]
もっとお年寄りの方なのかと思いました。(苦笑)

僕もほぼ同年代ですが、まだ老いを感じるのは早くないですか?w
確かに10代後半の頃に比べれば
体力的にはキツくなっているでしょうが
まだまだこれからひと花もふた花も咲かせましょうよw。

…逆上がりはここ何10年も試していないなぁw。(笑)

[ 2009/10/01 06:54 ] [ 編集 ]
頑張ってもうひと花咲かせましょう!
でも波乱万丈は避けたいですね。。(笑)

でも最近、目がかすむので眼科に行ったら老眼の始まりと言われたのにはさすがに凹みみました。。。(笑)
[ 2009/10/01 11:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。