世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100! Cinema Kingdom Blog

世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100! Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
HOME > スポンサー広告 > 世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100!HOME > 映画 > 世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100!

【ニコニコ動画】世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100!

<うp主解説>
映画雑誌「CUT]別冊(2007年 01月号)
映画をこよなく愛する世界中の映画オタクたちの
投票(イギリスの「エンパイア」誌が、
インターネットを介して募集したアンケート)を
もとに選出したランキングです。




作品毎に選んだ写真やBGMのセンスが良くて
このうp主はかなりの映画マニアだと
思われますね。

で、そのアンケートの結果ですが、ネタ元は
2007年1月号に掲載された記事だそうですから
集計は2006年末に行われたのでしょうね。
となると、当然、対象の作品は2006年末
までに公開された作品となりますね。

まあ、映画はこの百年の間に
星の数ほど作られていますから、
100位に入った作品はどれもある人にとっての
ベストワンになりうる作品ばかりなのでは
ないかと思います。
この手のランキングは
多くの映画好きがどんな作品を好むのかを計った、
あるマジョリティの結果ではあるのでしょうが、
順位それ自体にあまり意味はないでしょう。
(といっても特別な異議もありませんがw)

また、イギリスの雑誌社が集計していますから
投票したのは大半が英国人で、他は米国人と
英国人以外のヨーロピアンなのでしょう。
ですから作品はハリウッド映画と
英国人が好みそうな主題のものが中心で
日本映画は70位の「七人の侍」のみになっています。
という訳で、「世界の映画オタクが選んだ」
というわりには、日本人の映画オタクからすると
「これが100位以内?」と思う作品も含まれていますし、
日本の劇場用アニメや怪獣映画、一般の実写映画を始め、
韓国映画や香港映画、英国以外の欧州映画などが
ほぼ無視されている点にも不満が残ります。
また、インターネットでの集計ということで
自ずと年齢的にもある幅の中(30代が中心?)
での結果ということになるのでしょう。


おまけで、
「うp主が選んだ映画オールタイム・ベスト10」
も上げられています。
映画歴とマニア度、趣味が分る渋い結果に
なっています。(苦笑)
僕だったらもうちょっと娯楽色が強い選択を
するでしょうが、これはこの方のベスト10ですので
それはそれで文句を言う筋合いではありません。




因みに、僕個人はとても
「オールタイム・ベスト10」は決められません。
上の100本以上の作品のほぼ全てを観ていますし
そのほとんどをソフトか録画テープで持っていますが
その時の気分次第でコロコロ入れ替わりそうです。
また、この監督の作品なら「僕はこっちのほうが好き」
というのも多々ありますしね。

でも、この手のアンケートによる映画ベスト100
ってのは大好物で、本屋などで見掛けると
思わず買ってしまいますねぇ・・・。(笑)
いち映画好きとして、これも楽しませていただきました。

うp主さん、乙でした~♪



追伸:こんなのもありますよ。










完全保存版Newsweek日本版 映画ベスト300 2009年 9/5増刊号 [雑誌]完全保存版Newsweek日本版 映画ベスト300 2009年 9/5増刊号 [雑誌]
(2009/07/29)
不明

商品詳細を見る

世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト201 ! Cut (カット) 別冊 2007年 01月号 [雑誌]世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト201 ! Cut (カット) 別冊 2007年 01月号 [雑誌]
(2006/12/11)
不明

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/20 09:31 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。