英国盤BD「Outlander」はリージョンB Cinema Kingdom Blog

英国盤BD「Outlander」はリージョンB Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
HOME > スポンサー広告 > 英国盤BD「Outlander」はリージョンBHOME > DVD、BD、HD DVD > 英国盤BD「Outlander」はリージョンB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国盤BD「Outlander」はリージョンB

2009年8月に購入した全ソフト」で触れた
英国盤が5日に到着しました。

外箱の開封後すぐに
心配だった「Outlander [Blu-ray] 」の
リージョンを確認しましたが、残念ながら
そこには「B」の文字が…。(涙)







Outlander [Blu-ray] [2009]
「アウトランダー(原題)」
(※リージョンB、注意※)

Outlanderthemovie's Weblog
映画 アウトランダー / Outlander :: MOVIE-FAN

どうしても観たかったので
PCの「PowerDVD8」のリージョンをBに変更して
フルHD PCモニターで観ました。
(PCとアンプ間をHDMI接続しましたので
やろうと思えばプロジェクタでも観れるのですが、
PCで設定をいちいち変更しなければならないので
ちょっと面倒なんですw)

ご存じの方も多いでしょうが「PowerDVD8」の
リージョン変更は5回まで可能です。
これで一回分を使ってしまった訳ですが
このままにしておいて、リージョンBの再生は
PCでやるというのも手ですね。
リージョンオール盤はPCでも再生出来る訳ですし、
国内盤や米国盤の再生にはプレイヤーやPS3を
使えばいいんですからね。

ただ、もうすぐ米国盤BDが出るようですし、
いずれは国内盤も(DVDのみかもしれませんが)
出るでしょうから、皆さんは気長にお待ち下さいw。

映画「アウトランダー」自体は
ソツない作りのSF映画で、なかなか面白かったです。
想像していたよりスプラッタなシーンが多いので
子供向け、ファミリー向け作品ではありませんがw。


次は「Harry Potter Year 1-5 Box Set」です。


Harry Potter Year 1-5 Box Set [Blu-ray]
 「ハリーポッター1-5 Box Set 1.賢者の石 2.秘密の部屋
 3.アズカバンの囚人 4.炎のゴブレット 5.不死鳥の騎士団」




日本語音声・日本語字幕を収録したBOXですが
画質や音質(フォーマットの違い)、特典の内容など、
既発売の国内盤BDと違いがあるのか確認するため、
国内盤BDも持っている一作目の「賢者の石」を
再生してみました。



久しぶりに観たので、結局、
最後まで流し見してしまいましたが(苦笑)、
比較してみたところ、国内盤BDとまったく同じ
内容・仕様でした。メニュー画面から、
今となってはあまりパッとしない画質・音質、
ピクチャーディスクのデザインまで
まったく同じです。





5枚組で定価の半額以下の5,200円程度(送料別)
でしたので、まあ、こんなもんでしょうが、
ちょっとガッカリですね。
この分では、他の4タイトルも既発売のBDと
同じ内容でしょう。






















これらの英国盤と一緒に
SACDを2枚注文していました。



Jazzの「Concord Records SACD Sampler, Vol. 1」と
普段からCDで聴き慣れている Norah Jones の
「Come Away with Me」です。

PS3でのSACD再生はL-PCM変換された音を
聴くことになるので、本当のところは
よく分りませんが、意外とたいしたことないな
というのが正直な第一印象でした。
いや、確かに音像はクリアーでシャープですし
響きの消え際までハッキリと聴こえますが
もっと、とてつもなく凄い音なんじゃないかと
勝手に想像していたんですよねぇ…。(苦笑)
まあ、録音自体が良いSACD盤だったら
また違ったのかもしれませんけどね。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/06 12:29 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(1)
ノラSACDはそんなに大したことないですね。SACDの実力を発揮しているとは言えません

ただし、SACDの音はあくまで自然。ギトギトに迫力のみの音が横行している現在でははじめは物足りないかも知れません

じっくり聴いてみてください。慣れてくるとその心地よさに病みつきですよ
[ 2009/09/08 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。