米国盤BD 3タイトル『スラムドッグ$ミリオネア』ほか Cinema Kingdom Blog

米国盤BD 3タイトル『スラムドッグ$ミリオネア』ほか Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
HOME > スポンサー広告 > 米国盤BD 3タイトル『スラムドッグ$ミリオネア』ほかHOME > DVD、BD、HD DVD > 米国盤BD 3タイトル『スラムドッグ$ミリオネア』ほか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国盤BD 3タイトル『スラムドッグ$ミリオネア』ほか

前回の記事からちょっと間が空いてしまいましたが、
今月到着した米国盤BDの内、残りの3タイトルです。



Slumdog Millionaire [Blu-ray] (2008)
 「スラムドッグ$ミリオネア」

The Matrix 10th Anniversary Edition
 Blu-ray Book [Blu-ray] (1999)「マトリックス」(日本語収録)

An American in Paris [Blu-ray] (1951)
 「巴里のアメリカ人」(日本語収録)










映画『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト

作品賞に監督賞を含む8部門で受賞と
今年のアカデミー賞を席巻した『スラムドッグ$ミリオネア』
が早くもBD化です。
ただ、まだ流し見で画質のチェックをしただけです。(汗)

低予算映画ということでか、デイシーンはともかく
室内シーンやスタジオのシーン、ナイトシーンの画質は
最新映画としてはホドホドといった印象です。
それに、照明不足なのか、補助用のカメラの品質が低いのか、
場面、場面で映像の解像度感やSN感が結構違います。
(まあ、メインキャメラの映像は充分美しいですが)
過去のシーンを中心にかなり色の調整が施されていますので
撮影はデジタルカメラで行われたのでしょう。








The Matrix シリーズ公式サイト

『マトリックス』は、音質はともかく、
映像の印象は以前のバージョンと大差ない感じでした。
(そりゃ、いくらかは良くなっているでしょうが)
すでにHD DVD版や以前のBDをお持ちでしたら、
買い直す必要はあまりないように思います。
と云いつつ、僕は何度買っているのでしょう。(苦笑)
DVDからBDまで、これで4、5枚目だと思いますw。






巴里のアメリカ人 - Wikipedia

スタンダードサイズの作品ですので、
16;9のモニターでは左右に黒枠が出ます。

テクニカラーが美しかったであろう作品なので、
修復具合が楽しみでしたが、う~ん…、
期待したほどではないですねぇ…。
ミュージカル映画の代表作の一本なのに、
音声もナローな「Dolby Digital Mono」ですし、
(日本語字幕だけで日本語音声は無し)
ちょっとベトッとした色調で、
見た目の解像度もあまり高くはありません。
(画質調整が必須)

古い作品の修復には時間とお金がかかるとは云え
ワーナーのソフトは画質に幅があり過ぎますね。


最後に、前の記事に書いた
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』を観ました。
監督が、うら若き美人のレクシー・アレクサンダーで、
プロデューサーもまだまだ美しいゲイル・アン・ハード
(ジェームズ・キャメロンの最初の奥さんで監督作も)
という女性同士の組み合わせなのですが、
それが信じられないくらい過激で壮絶なバイオレンス
シーン満載の映画でしたw。
笑っちゃうくらい、全編血しぶきと肉片が飛び散る
スプラッタ・アクション映画といった感じですw。
また、見慣れない銃器がたくさん登場しますので
ガンマニアが泣いて喜ぶ映画だと思います。

パニッシャーを演じたレイ・スティーヴンソンも
その敵役のジグソウもコミックのイメージに近く、
予想以上によかったですね。
前作の『パニッシャー』より遙かに面白かったです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/04/25 13:02 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。