「セブン(Seven)」カナダ盤BD Cinema Kingdom Blog

「セブン(Seven)」カナダ盤BD Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
HOME > スポンサー広告 > 「セブン(Seven)」カナダ盤BDHOME > DVD、BD、HD DVD > 「セブン(Seven)」カナダ盤BD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「セブン(Seven)」カナダ盤BD

落語会や花見の話題を優先し、
ソフトの話題を後回しにしておりましたら
到着済みソフトがすっかり溜まってしまいました。
ところが、そのほとんどがまだ未見のまま
放置プレイ中でありまして(汗)、ご紹介しても
あまり意味がないということで記事にするのを
躊躇していたこともあっての後回しでありました。

しかし、このままでは
どんどん溜まってゆくばかりでありますので、
無理矢理にでも記事にしてw、写真だけでも
ご覧に入れることに致しました。


まずは、amazonカナダから先月3日に発送された
「セブン」のBDについてであります。
何度かこちらに「まだ届かない」と書いて参りましたが
14日に発送から40日も経ってやっと到着しました。





Seven [Ca Blu-ray] 「セブン」

長らく海外盤の個人輸入をやっていますが
こんなに待たされたのははじめてです。(苦笑)
いままでは最長でも25日程度でしたから。
荷物の中に埋もれやすい1枚だけの注文ということも
あったのかもしれませんが、こと郵便での発送と
なりますと、カナダのamazonは使えませんね。

肝心の「セブン」のBDですが、
画質はややフィルムグレインが目立ちますが、
銀落し現像をされている作品ですので、
映像の質感としてはこんなものだと思います。
ただ、1080/24p収録ではなく、1080i収録でした。
しかし、少なくとも以前、WOWOWで放送された
真HV版の「セブン」の画質の記憶よりはいくらか
良い品質のような気がします。(画質調整後)

音質はDTS-HDですので、
DVDやBSよりは高クオリティでありましょう。
なお、海外盤にしては珍しく、映像特典、
音声特典の類はまったく収録されておりません。
メインメニューすら無く、音声切り替えの
ポップアップメニューがあるだけです。
同じ北米圏でも米国盤には収録されている映像特典が
カナダ盤では省略されていたりすることがあったり
するのですが、現時点で「セブン」のBDソフトは、
世界中でこのカナダ盤でしか発売されていませんので、
この作品のBDが欲しかったら否も応もないのであります。

「セブン」(Seven Se7en)は1995年製作の
デヴィッド・フィンチャー監督による傑作であります。
七つの大罪をモチーフにした猟奇連続殺人事件を
描いており、主なキャストはモーガン・フリーマン、
ブラッド・ピット、 グウィネス・パルトロー、
ケヴィン・スペイシーなどですが、脇役に至るまで
名優、怪優ぞろいでその演技を見ているだけでも
飽きません。
陰鬱でグロテスクでサスペンスフルな推理もの、
ホラー色の強い刑事ものという作品自体の特徴も
世界中で多くの模倣作を生み出すほど、後の作品に
影響を与えています。
個人的には、91年製作のジョナサン・デミ監督の傑作、
『羊たちの沈黙』の作風を受け継ぐ作品だと
位置付けておりますが、その系譜の中でもひとつの頂点
と云っても良い完成度を誇る作品に仕上がっています。

劇中の追跡シーンでブラピ演じるミルズ刑事が
左手と手首のあたりを怪我をして、その後、
最後まで手にギブスをしたまま演じています。
これは脚本上の設定や監督の指示ではなく、
スタントに頼らずブラピ自身がアクションシーンを演じて
左手を骨折してしまった結果でした。(苦笑)

また、カイル・クーパーが、
この作品のクレジット映像(オープニングと
エンドクレジット)のデザインを担当して、
一躍、名を上げました。
彼の斬新で不気味なオープニングデザインは
大きな反響を呼び、日本を始め、世界中でコピー
されて、ひとつのスタイルにまでなりましたが、
そんな彼が『ゴジラ ファイナル ウォーズ』の
オープニングデザイン(デキは最悪w)まで
引き受けたのには思わず失笑してしまったものです。


僕はこの「セブン」の国内盤LD、
米国盤DVD、LD、それから上記のHV画質のWOWOW録画
D-VHSテープを持っております。

この中でも特に想い出深いのは、
米国盤の2枚組DVDとLD-BOXです。
LD-BOXのほうはクライテリオンが製作した
CAV6面3枚組の『SE7EN』で、
フィンチャー監督とモーガン・フリーマン、
ブラッド・ピットによる音声コメンタリーに
メイキング、未使用シーンなど、特典満載でした。














一方のDVDのほうは2000年発売の2枚組で、
こちらにもクライテリオンLDの特典映像を元にした
特典ディスクが付いておりました。
正体不明の犯人ジョン・ドゥ(名無しのジョン)の
ノートを模したデジパックのデザインが
素晴らしいデキで感心したものです。

こちらのDVDは米国アマゾンで現在も入手可能です。
手持ちのDVDの写真を撮ろうと
ちょっと探してみたのですが、どうやらソフトの山の
下のどこかに埋もれているようですので(苦笑)、
amazonに投稿されていた画像をご紹介します。









Seven (New Line Platinum Series) (1995)

2007年にギャガから同じバージョンの国内盤DVDが
やっとリリースされました。

セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】 [DVD]セブン プラチナム・エディション【初回限定生産】 [DVD]
(2007/04/06)
ブラッド・ピットモーガン・フリーマン

商品詳細を見る



「セブン」のBDだけでかなり長くなってしまいました。
続きはまた別の記事に致します。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/04/18 05:08 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。