米国盤「アマデウス」BDとLD-BOX Cinema Kingdom Blog

米国盤「アマデウス」BDとLD-BOX Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
HOME > スポンサー広告 > 米国盤「アマデウス」BDとLD-BOXHOME > DVD、BD、HD DVD > 米国盤「アマデウス」BDとLD-BOX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国盤「アマデウス」BDとLD-BOX

9日に一枚だけで発送になった米国盤BD
「Amadeus (Blu-ray Book) [Blu-ray]」が
18日に到着しました。

誰もが知る天才音楽家、ウォルフガング・
アマデウス(「神に愛されし者」の意)・
モーツァルトを同時代の宮庭音楽家アントニオ・
サリエリの視点から描いた『アマデウス』は
1984年秋(日本では1985年2月)に公開され、
第57回アカデミー賞の作品賞、監督賞、
主演男優賞、脚色賞、美術賞、衣裳デザイン賞、
メイクアップ賞、音響賞の8部門を受賞した
ミロス・フォアマン監督の傑作であります。
ただ、映画史に残る名作とは云え、
20年以上も前の作品ですのでお若い方々の間では
未見の方も多いのかもしれませんね。

このBDは、オリジナル劇場版「アマデウス」に
約20分のシーンを加えたディレクターズ・カット版
になります。



Amadeus (Blu-ray Book) [Blu-ray]
 「アマデウス ディレクターズ・カット」












パッケージ裏の字幕欄に表示はありませんが、
本編、特典、音声解説のすべてに日本語字幕が
付いておりました。

ほんのチェックのつもりで見始めたのですが、
久々だったということもあって、結局
最後まで観てしまいましたw。
まあ、通算では少なくてももう20回は観ている
はずなんですけどね。(苦笑)

音質はもろんですが、画質についても以前、BSで
放送されたハイビジョン版よりも良好な感じがしました。
最新映画ほどの精細感やコントラストは望めませんし、
ちょっと輪郭補正が目立つシーンもあったりしますが、
暗部のノイズはほとんど気になりませんでしたし、
階調や色調にも不満はありませんでしたので。


来月発売の国内盤BDは、
国内盤としてははじめてのデジブック仕様
(初回限定生産の【BD Digibook】版のみ)で出ますが、
残念なことに米国盤には付いているサントラCDと
「Digital Copy」(※)ディスクは付いていない、
一枚組のBDとなります。

※参照 ◎西田宗千佳の ― RandomTracking ―
映像ソフトからポータブルデバイスへ「転送」
 新潮流「デジタルコピー」の可能性を探る


初回限定生産【BD Digibook】アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]初回限定生産【BD Digibook】アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
(2009/03/11)
F・マーリー・エイブラハムエリザベス・ベリッジ

商品詳細を見る

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
(2009/03/11)
エリザベス・ベリッジトム・ハルス

商品詳細を見る

上の米国盤BDは売価で15ドル程度ですので、
こりゃ、どちらがお得かは云うまでもないですね。(苦笑)


今回のBDに入っている特典映像のメイキングと
監督ミロス・フォアマンと脚本・原作(戯曲)の
ピーター・シェーファーによる音声解説と云うのは、
2003年に発売されたDVD
「アマデウス ディレクターズカット S.E.」
に収録されていたものと同じだと思います。

アマデウス ディレクターズカット
 スペシャル・エディション(DVD2枚組)


僕はこれの米国盤DVD-BOXを持っていますが、
そのDVDと今回のBDに収録されているメイキング映像
と音声解説は、元を正せば、、
世界で10000セットの限定生産だった米国盤LD
「AMADEUS PIONEER SPECIAL EDITION」の為に
製作・収録されたものだったと記憶しています。
(ただし、こちらは劇場公開版なので、音声解説
 についてはディレクターズカット版のDVDとBDに
収録されているものとは別物なのかもしれません)

この超弩級LD-BOXは当時、かなり話題になりましたので
古くからのマニアの方ならご存じの方も多いのでは
ないでしょうか?

実は僕はこの米国盤LD-BOXを持っております。
値札のシールを付けたままで保存していたので分かる
のですが、当時、僕はこれを都内の輸入LDショップで
26,000円で購入しています。(苦笑)
今考えると、この値段は正気の沙汰ではありませんが、
作品自体も大好きでしたし、LD-BOXとしても
過去に無いくらいに超豪華な内容でしたので、
恐らく無理をしたんでしょうw。






BOXを開けるとこんなふうになっています。






シリアルナンバー付で、僕のは「No.6100」です。




僕は持っていませんが、このLD-BOXは後に日本版も
発売されました。ただし、音声解説は声優による
日本語吹き替えでしたし、米国盤にあった50ページの
オールカラー豪華解説本や2枚組サントラCDなどの
付録はなかった記憶があります。






サントラCDは2枚組で合計160分も収録されており、
解説小冊子も付いておりました。
米国BD版のサントラCDは1枚だけですので、恐らく、
この2枚組CDのうちから主にサリエリの曲を削った
ダイジェスト版なのでしょう。






今回、この記事の為に取り出したついでに
このCDをPCに取り込みましたw。

LDと現代のBDでは、音質や画質面では隔世の感があり、
とても比較になりません。
ただ、映画のコレクターズアイテムとしての価値は
断然、優れたLD-BOXの方が上ですね。
BDソフトでも一目でコレクター魂を揺さぶるような
素晴らしいタイトルが早く出て来て欲しいものだと
思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/21 19:29 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。