2月に到着した米国盤 Cinema Kingdom Blog

2月に到着した米国盤 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
HOME > スポンサー広告 > 2月に到着した米国盤HOME > DVD、BD、HD DVD > 2月に到着した米国盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2月に到着した米国盤

先月末に注文し、今月1日に発送になった米国盤が
一週間程度で到着しました。



The Godfather - The Coppola Restoration Giftset
  (The Godfather / The Godfather Part II / The Godfather Part III) [Blu-ray]
 「ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション ブルーレイBOX」

Bangkok Dangerous [Blu-ray]
 「バンコック・デンジャラス」

Righteous Kill [Blu-ray]
 「(邦題未定)」

Appaloosa [Blu-ray]
 「アパルーサの決闘(仮題)」

Max Payne [Blu-ray]
 「マックス・ペイン」



一緒に注文した「Amadeus (Blu-ray Book) [Blu-ray] 「アマデウス」」は
一枚だけでの発送になり、現在、到着待ちであります。
予想通り、この米国盤BDには日本語音声と字幕が収録
されているとのことです。
※日本語吹き替え音声はなく、日本語字幕のみの収録のようです。
 お詫びして訂正致します※





ゴッドファーザー The God father 公式サイト

一作目の冒頭だけ観ましたが、音質はともかく、
画質は巷の評判通りでソコソコですね。
普通のファンならLD時代から既に何度か発売されている
各種BOXをお持ちでしょう。
僕自身も単売のLDに2種類のDVD-BOX、それに過去WOWOWで
放送された真HV版のD-VHSテープを持っておりますが、
この程度の画質ならば、余程のファン以外は高い国内盤の
BD-BOXまで買う必要はないのではないかと思いました。(苦笑)
まあ、この米国盤BD-BOXは5千円程度の売価でしたから
後悔はしておりませんが…。


以下はすべてまだ未見で放置しているタイトルです。(汗)





映画「バンコック・デンジャラス」オフィシャルサイト



「バンコック・デンジャラス」はニコラス・ケイジ主演作で
監督はホラー映画「the EYE【アイ】」で知られる
タイのパン兄弟(ダニー・パン、オキサイド・パン)です。
そのパン兄弟の出世作である「レイン」をアクション色を強めて
ハリウッド資本でセルフ・リメイクした作品との事です。
全米初登場1位を獲得しているそうで、日本での公開は
5月9日(土)だそうです。






Righteous Kill - Official Movie Site



犯罪スリラー『Righteous Kill』は
ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの共演が
話題の作品です。
デ・ニーロとパチーノの共演作と云いますと、既に
「ゴッドファーザー  Part2」やマイケル・マン監督の
「ヒート」(1995)がありますが、「Part2」では
過去と現代のシーンで分かれて登場していますので、
二人が同じシーンに登場することはありませんでしたし、
「ヒート」も刑事と犯罪者という敵同士だった為、
スクリーンにそろって登場するシーンは僅かでした。
しかし今度の作品では刑事の相棒同士ということで
始めから終わりまで絡みっぱなしのようです。
監督は「フライド・グリーン・トマト」 (1991)、
「8月のメモワール」 (1995)、「88ミニッツ」 (2007)
のジョン・アヴネットが務めています。






Appaloosa l Official DVD Website



「Appaloosa」は、俳優エド・ハリスが監督・脚本・主演
を務め、ヴィゴ・モーテンセン、レニー・ゼルウィガーが
共演する西部劇です。






映画「マックス・ペイン」公式サイト



「マックス・ペイン」はマーク・ウォールバーグ主演の
ガンシューティング・ゲームが原作のアクション映画。
監督は「エネミー・ライン」(2001)から
「フライト・オブ・フェニックス」(2004)と
「オーメン」(2006)と名作のリメイクが続いた
ジョン・ムーアです。
サスケさんの「浪速で え~がなぁ!!!」のこちらの記事
では酷評されておりますが(苦笑)、
この監督さん、どんなシーンもそつなくこなして器用
なんですが、いまいち評価が上がらない監督さんですねぇ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/15 10:55 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(2)
私の記事など紹介して頂き恐縮です
根が正直な者で嘘は書けずに(苦笑)
BDの出来は良かったです
画質の色調は好き嫌いが有るかな?
画質、音響ともバランスの取れた仕上がり
特典映像のボリューム感もまずまず
映画の内容が嫌いでなければ
買っても満足出来る1枚だと思いますよ
岩窟王さんはどんな感想を持たれましたか?
[ 2009/02/16 21:26 ] [ 編集 ]
いやぁ、個人のブログですから
思った通りの感想でよろしいと思いますよ。
映画マニアではあっても、プロには真似できない
大人のしがらみのない、素人なりの視点を生かして
忌憚のない感想を述べるってのは、良いことだと
思いますし、むしろ遠慮するべきではないですから。

でも、まだこの作品、観ていないんですよね。(笑)

でもこの監督の「フライト・オブ・フェニックス」は
ラストのいかにもハリウッド的な盛り上げ方を除けば
結構、評価しているんですよ。
まあ、オリジナルの『飛べ!フェニックス』を
はじめて観た時ほどの感動はないんですけどねw。

見終わったら、簡単な感想でも書きます。

[ 2009/02/17 06:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。